遺品整理で出たゴミの処理は? 業者に依頼して手間なく終える方法も


「遺品整理で出たゴミの処理方法について知りたい」という人は多いはずです。遺品整理では多くのゴミが出ることが予想されます。種類ごとに適切な方法で処分する必要があるため、手間と時間がかかる場合もあるでしょう。

この記事では、遺品整理で出たゴミの処理方法や遺品整理業者に依頼するメリットなどを詳しくご紹介します。

  1. 遺品整理で出るゴミの種類は?
  2. 遺品整理で出たゴミの処理方法を紹介
  3. 遺品整理業者に依頼するという選択肢も
  4. 遺品整理で出るゴミに関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品整理で出たゴミを手間なく処分する方法や、遺品整理業者選びのポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.遺品整理で出るゴミの種類は?

まずは、遺品整理ではどのような種類のゴミが出るのかをご紹介しましょう。

1-1.不燃ゴミ

ガラス製品や陶磁器・電球・乾電池・傘などは不燃ゴミ扱いになる自治体が多くなっています。故人が生前使っていた食器や鍋・包丁なども不燃ゴミとして捨てることになるでしょう。

1-2.粗大ゴミ

ベッドやタンスのような大型家具・自転車などは粗大ゴミ扱いになります。粗大ゴミの分類については「一辺の長さが何m以上」などというように自治体ごとにルールが定められているため、確認が必要です。

1-3.家電4品目

冷蔵庫・テレビ・洗濯機・エアコンの4品目は家電リサイクル法の対象になります。家電リサイクル法にのっとって処分し、適切にリサイクルされる必要があるのです。自治体が回収することはできません。

1-4.パソコン

パソコンはPCリサイクル法にのっとって処分する必要があるため、自治体が回収するゴミとして捨てることはできません。処分する際は、パソコンの中に入っている個人情報などのデータを消去することを忘れないでください。

2.遺品整理で出たゴミの処理方法を紹介

遺品整理で出たゴミはどのように処理すればよいのでしょうか。方法ごとのメリット・デメリットとともにご紹介します。

2-1.自治体による回収を利用する

不燃ゴミや粗大ゴミは自治体による回収を利用して処分できます。不燃ゴミの場合は指定のゴミ袋に入れてゴミの日に出すだけで回収してもらえますが、粗大ゴミは事前の申し込みが必要です。電話やインターネットで申し込む際に回収日時と回収場所・料金を確認します。料金分の粗大ゴミ処理券を購入し、不用品の目立つ場所に貼ってください。回収日の朝に指定された回収場所へ持っていきましょう。
自治体を利用するメリットは、処分費用が安く済むこと・相手が自治体なので安心感が大きいことなどです。その反面、申し込みや処理券の購入が必要になる・回収日を自分で決められないなどのデメリットもあります。

2-2.不用品回収業者に依頼する

遺品整理で大量のゴミが出た場合は、不用品回収業者に依頼する方法もおすすめです。日時を指定すれば自宅まで不用品の回収に来てもらえるため、手間や時間をかけずにまとめて不用品を処分できます。不用品の買取も行っている業者が多く、状態のよい不用品は買取してもらえるのもメリットでしょう。ただし、業者選びには注意が必要です。高額な追加料金を請求するような悪徳業者もいるため慎重に業者を選んでください。

2-3.買取に出す

状態のよい遺品はリサイクルショップや買取業者などに依頼して買取に出すという方法もあります。使用年数が短いものや汚れ・傷がないものなどは買取対象になる可能性があるはずです。不用品を処分してお金に換えられるのは大きなメリットでしょう。ただし、買取対象外になった場合は、別の処分方法を検討しなければなりません。

3.遺品整理業者に依頼するという選択肢も

遺品整理業者に依頼すれば、遺品整理で出たゴミも処理してもらえます。業者選びのポイントや注意点などをご紹介しましょう。

3-1.労力と時間をかける必要がない

遺品整理業者に依頼することで、自分の労力と時間をかけることなく遺品整理を終えることができます。遺品の量が多すぎる場合や遺品整理を手伝ってくれる人がいない場合・遠方に住んでいる場合など、自分で遺品整理をするのが難しい場合もあるでしょう。そんなときは、業者に依頼するべきです。遺品の分別から運搬・処分まですべて任せることができるため、手間をかけずに短時間で作業を済ませることができるでしょう。

3-2.悪徳業者には注意が必要

近年、遺品整理業者の需要が高まってきているのが現状です。同時に、悪質な遺品整理業者とのトラブルも数多く報告されています。「遺品を盗まれた」「不法投棄された」などのトラブルをはじめ、「事前の見積もりとは違う、法外な料金を請求された」という例もあるのです。悪徳業者を見分けられず、悔いの残る遺品整理をすることになるのは避けなければなりません。

3-3.信頼できる業者選びのポイントは?

信頼できる優良な遺品整理業者に依頼するために、以下のポイントをチェックしながら業者選びを行うとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 料金体系は分かりやすいか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 見積書の内容が明確か
  • 丁寧でスピーディーな対応か

4.遺品整理で出るゴミに関するよくある質問

「遺品整理で出るゴミについて知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.ゴミの分別方法が自治体によって異なるのはなぜでしょうか?
A.人口やゴミ処理場の能力が自治体によって異なるためです。

Q.遺品整理はいつ行うべきでしょうか?
A.決まりがあるわけではありません。賃貸物件の明け渡し期限が迫っている場合などでない限り、気持ちが落ち着いたタイミングで行うとよいでしょう。四十九日法要など、親族が集まるタイミングで行うケースも多くなっています。

Q.遺品を買取に出そうと思いますが、高価買取のコツは何ですか?
A.きれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。できるだけ早く買取に出すことも高価買取のポイントです。

Q.遺品整理にかかる費用は、どの業者に依頼しても同じくらいでしょうか?
A.いいえ。業者によって違いがあるため、複数の業者に無料見積もりを依頼して比較してみることをおすすめします。

Q.遺品整理業者に依頼する際の流れを教えてください。
A.無料見積もりを依頼し、その内容に納得できたら訪問見積もりの日時を決定します。現地での正式な見積もり後、実際の作業日を決めるというのが一般的な流れです。

まとめ

遺品整理で出たゴミの処理について詳しくご紹介しました。遺品整理ではさまざまな種類のゴミが出ることが予想されます。すべて自分で分別して適切な方法で処分するのは大変な作業でしょう。遺品整理業者に依頼すれば手間をかけることなく遺品整理を終えることができるため、ぜひ検討してみてください。


不用品回収業者をお探しの方は以下もチェック!

365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス
サービスエリア
川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・相模原市・緑区・中央区・南区)・横浜市(鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・港南区・保土ヶ谷区・旭区・磯子区・金沢区・港北区・緑区・青葉区・都筑区・戸塚区・栄区・泉区・瀬谷区)・相模原市三浦市横須賀市逗子市鎌倉市藤沢市茅ヶ崎市葉山市大和市綾瀬市海老名市座間市平塚市伊勢原市厚木市秦野市小田原市南足柄市箱根市湯河原市など(一部地域を除く)。