在庫を買取してもらう方法を紹介! 買取に出す際の注意点は?


企業や店舗にとって、在庫は必要なものです。しかし、あまり多くの在庫を抱えすぎると、経営が悪化する原因となることもあるでしょう。また、「店を閉店したが、在庫の処分に困っている。できれば買取してほしい」というケースもあるでしょう。在庫を買取する業者はたくさんあります。しかし、無作為に選んではいけません。企業や商品のイメージを守るためには、在庫の売却方法も重要です。

今回は、在庫を買取してもらう方法や業者の選び方を紹介します。

  1. 不要になった在庫を抱えるリスク
  2. 買取可能な在庫の特徴
  3. 在庫を買取に出す際の注意点
  4. 在庫を買取に出す流れと業者の選び方
  5. 在庫の買取に関するよくある質問

この記事を読めば、在庫を抱えているリスクや売却先を選ぶ重要性も分かるでしょう。在庫を買取してほしいと考えている人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

1.不要になった在庫を抱えるリスク

どんな企業や店舗でも在庫を抱えることには、リスクがあります。もちろん、在庫を抱えることで、納期を短くすることや仕入れコストを節約することもできるでしょう。しかし、「売れる見込みが当分ない」という在庫を抱えることは、以下のようなデメリットがあるのです。

  • 在庫を借りる費用がかかる
  • 在庫を管理するための人件費がかかる
  • キャッシュフローが悪化する
  • 在庫の資産価値がどんどん下がる

つまり、不要になった在庫はできる限り早く処分することが重要です。

2.買取可能な在庫の特徴

では、買取可能な在庫にはどのようなものがあるでしょうか? この項では、その一例を紹介します。

2-1.新しいもの

新しいものならば、需要は十分にあります。特に服は流行があるので、早めに買取してもらわないと価値が下がってしまう可能性があるでしょう。また、ものは保管していくだけで劣化していきます。ですから、不要になったらできるだけ早く在庫を買取に出しましょう。

2-2.元値が高いもの

元値が高いものは、中古でも一定の需要があります。特に、ブランドものは雑貨でも需要が高いでしょう。

2-3.流行がないもの

食器類や雑貨類など、流行に左右されにくいものは買取してもらえる可能性が高くなります。安価なものでもまとめて買取してもらえれば、一定の買取価格となるでしょう。

3.在庫を買取に出す際の注意点

この項では、在庫を買取に出す際に注意すべき点の一例を紹介しましょう。

3-1.買取業者を選ぶ

在庫を買取してくれる業者はたくさんあります。しかし、業者によっては不当に安い値段を付けたり、高い手数料を取ったりすることもあるでしょう。また、買取された在庫は投げ売りされた場合、ブランドイメージや企業のイメージが下がることもあります。ですから、買取業者はよく吟味して選びましょう。

3-2.在庫はまとめて売却する

在庫はまとめて売却したほうが高値買取が期待できます。ですから、在庫の内容と量を確認してまとめて売却できるようにしておきましょう。

3-3.在庫の売却方法を考えておく

在庫を買い取った業者は、在庫を転売することが一般的です。買取してもらう際、業者に対してどんな転売方法を条件にするのかを考えておきましょう。業者によっては、売却する側が買取業者の転売方法を選べることがあるのです。ですから、できるだけ具体的に決めておきましょう。

4.在庫を買取に出す流れと業者の選び方

この項では、在庫を買取に出す流れと業者の選び方を紹介します。

4-1.売却するものを決めて数量を把握する

在庫が多数ある場合は、売却するものを決めて数量と内容、状態を把握しましょう。また、転売方法を買取業者に対して条件にするかどうか社内で決めておくことも重要です。

4-2.業者は実績で選ぶ

在庫を高く買取してくれる業者は魅力的ですが、業者は実績で選ぶことが大切です。実績がある業者ならば、在庫がかなり安価で転売されるリスクなども低くなります。また、在庫の取り扱い実績が豊富かどうかも確かめてみましょう。買取してほしい在庫を買取した実績が豊富な業者であれば、適正価格で引き取ってもらえる可能性が高くなります。

4-3.見積もりを出してもらう

業者が絞れてきたら、査定してもらって見積もりを出してもらいましょう。そうすれば、複数の業者を比べることもできます。極端に買取価格が高い業者と、低い業者は根拠が明確でなければ選ばないほうがいいでしょう。

4-4.買取してもらう

買取してもらえる業者が決まったら、正式に契約しましょう。契約書を交わし、搬送方法などを相談してください。業者によっては契約を結んだらすぐに搬出作業を行うこともあります。

5.在庫の買取に関するよくある質問

この項では、在庫の買取に関するよくある質問を紹介します。

Q.どんな在庫でも買取してもらえるでしょうか?
A.はい。ただし、生鮮食品などは衛生上の問題から買取不可になることもあります。

Q.在庫は最大どのくらいの数量を買取してもらえるでしょうか?
A.業者によって異なるので、業者選びの際に確認してください。

Q.需要の少ない在庫の特徴はありますか?
A.流行のものは売れる時期が限られており、それを過ぎると需要が落ち込むため、買取不可になる可能性もあるでしょう。

Q.不要在庫を売却しやすくする工夫などはありますか?
A.普段から在庫管理をこまめに行いましょう。そうすれば、どんな在庫がどのくらいあるかすぐに分かります。

Q.買取業者にはできれば国内以外の場所で転売してほしいのですが、可能でしょうか?
A.業者によっては国外での販売ルートを持っているところもあります。そのような業者を選びましょう。

まとめ

今回は、在庫の買取方法について解説しました。「これは余剰在庫になるな」と思ったら早めに買取してもらうことが大切です。特に、服はオーソドックスな形のものでも微妙に流行が異なってきます。ですから、不要になったらすぐに売却しましょう。そうすれば、高値が付きやすくなります。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス