横浜市で自転車の処分はどうやる? 処分方法や買取に出す方法を紹介


横浜市にお住まいの方で、古くなった・引っ越しの予定があるなどの理由から、自転車が不要になるケースがあるでしょう。自転車が不要になっても、処分方法が分からなくて困ることがありますよね。自治体によって分別ルールが異なることも、処分時に困るポイントです。横浜市では、自転車を何ゴミに分類しているのでしょうか? 横浜市で自転車を処分する方法や業者を利用した処分方法などを覚えておくと安心です。

そこで、本記事では、横浜市で自転車を処分する方法についてご紹介します。

  1. 横浜市で自転車は何ゴミになる?
  2. 自治体の粗大ゴミ回収で処分する方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. 自転車を買取に出す方法
  5. 自転車の処分でよくある質問

自転車の処分には費用がかかります。処分費用を削減したい方は、買取に出す方法についても覚えておきましょう。

1.横浜市で自転車は何ゴミになる?

まず、横浜市でのゴミ分別ルールについて考えてみましょう。

1-1.粗大ゴミ

横浜市では、自転車を粗大ゴミに分類しています。粗大ゴミは、横浜市への事前申請が必要です。申請手続きをし、手数料の支払いを行ってください。

1-2.木製品は50cm以上、金属製品は30cm以上だと粗大ゴミ

横浜市では、以下のように規定しています。

  • 木製品:1辺の長さが50cm以上のもの
  • 金属製品:1辺の長さが30cm以上のもの

上記のサイズを超えるものは、粗大ゴミとなるので注意してください。

2.自治体の粗大ゴミ回収で処分する方法

自治体回収で粗大ゴミを出すときの手順などについてご紹介します。

2-1.粗大ゴミ受付センターへ申請をする

横浜市で粗大ゴミを出す場合、粗大ゴミ受付センターへ申請手続きをしなければなりません。粗大ゴミ受付センターのホームページから手続きができます。品目と数量を選択し、申請手続きを終えてください。

2-2.手数料の支払い

粗大ゴミは、回収前に手数料の支払いを終えなければなりません。横浜市では、自転車の粗大ゴミ処理費用を500円としています。500円分の粗大ゴミ処理券を購入しておきましょう。粗大ゴミ処理券は、スーパーやコンビニで購入できます。

2-3.回収日を守って出すこと

粗大ゴミの回収日は限られています。指定された回収日を守って出すことが大切です。回収日の朝8時までに、指定廃棄場所へ出してください。

2-4.自分で処理施設へ持ち込む方法もある

自分で処理施設へ自転車を持ち込んで処分する場合、手数料が減免されます。ただし、搬入日当日の15時までに予約をしなければなりません。粗大ゴミ受付センターのホームページから申し込みをしてください。搬入できる処理施設は、以下のとおりです。

  • 鶴見資源化センター:横浜市鶴見区末広町1-15-1(9時から12時、13時から16時)
  • 港南ストックヤード:横浜市港南区日野南3-1-2(9時から12時、13時から21時)
  • 長坂谷ストックヤード:横浜市緑区寺山町745-45(9時から12時、13時から16時)
  • 神明台ストックヤード:横浜市泉区池の谷3949-1(9時から12時、13時から16時)

処理施設ごとに定休日や搬入できる時間が異なります。事前に確認しておきましょう。

3.不用品回収業者に依頼する方法

業者に自転車の回収を依頼する方法について解説します。

3-1.業者をいくつかピックアップする

不用品回収業者をいくつかピックアップし、良心的な業者を見つけましょう。「横浜市 自転車 処分 業者」などのキーワードで探すと、複数の業者が出てきます。自転車の回収実績や利用者の評価などをチェックし、信頼できるところに依頼することが大切です。

3-2.見積もりを依頼する

不用品回収業者をピックアップしたら、見積もりを依頼しましょう。見積もりを出してもらったら、サービス内容や費用などをしっかり見比べてください。

3-3.契約後、自転車を回収してもらう

見積もりに納得できたら契約し、不用品回収業者に自転車を回収してもらいます。不用品回収業者が搬出をすべて行ってくれるため、分解や移動などを自分で行う必要はありません。

3-4.回収費用の支払い

自転車の引き取りが終わったら、業者へ回収費用の支払いをしましょう。現金支払いの場合がほとんどですが、クレジットカードでの支払いに対応している業者もあります。クレジットカードでの支払いを希望する場合は、事前に確認したほうが安心です。

4.自転車を買取に出す方法

利用価値がある自転車は、買取に出す方法も考えてみましょう。買取先についてご紹介します。

4-1.買取対象となるもの

買取対象となるものは、有名メーカー・使用年数が浅い・部品の摩耗が少なく状態が良好なものとなっています。フレームに歪(ゆが)みなどがあると、査定ではマイナスとなるので注意してください。以下のものは、買取価格がつきやすいでしょう。

  • ロードバイク
  • トライアスロン用自転車
  • 有名ブランドの自転車
  • 電動自転車

4-2.リサイクルショップ

リサイクルショップへ買取に出す方法があります。自転車を持ち込み、査定を受けてください。リサイクルショップは、店舗ごとに査定基準が異なりますが、汚れや破損などがあるものは買取対象外です。買取に出す際は、事前に掃除や動作確認などを終えておくといいでしょう。

4-3.不用品回収業者

不用品回収業者は、自転車の処分だけでなく、買取にも対応しています。買取を希望する場合は、見積時に申し出てください。リサイクルショップより高値で買取となるケースが多くなっていますが、出張費用がかかる場合がほとんどです。

4-4.自分でリセールする

ネットオークションやフリマアプリを使い、自分で自転車をリセールする方法もあります。希望価格での出品が可能なのがメリットです。とはいえ、個人売買は売れる時期を読むことができないため、処分までに時間がかかるデメリットがあります。また、価値観の相違などから、クレームが起きる可能性もあるでしょう。

5.自転車の処分でよくある質問

自転車の処分に関する質問を集めました。

Q.電動自転車も粗大ゴミとして出すことができるのか?
A.はい、できます。ただし、リチウムイオン電池などのバッテリーは取り外してください。リチウムイオン電池などのバッテリーは、リサイクル回収を行っています。家電量販店などに設置された二次電池リサイクルボックスを利用して処分しましょう。

Q.買い替えで自転車を処分する場合は?
A.自転車販売店に引き取ってもらう方法もあります。引き取りは、店舗ごとに条件があるため、事前に確認が必要です。処分費用がかかる場合もあれば、下取りしてくれる場合もあります。

Q.不用品回収業者の自転車回収費用はどのくらいかかるのか?
A.自転車1台あたり数千円かかる場合がほとんどです。自治体の粗大ゴミに比べて高額になりますが、即日回収可能など迅速に処分してくれるのがメリットでしょう。

Q.自転車の買取価格相場は?
A.自転車の種類によって異なります。スポーツ自転車は販売価格が高いため、10〜20万円など高額買取になる可能性があるでしょう。複数の業者で査定を受け、買取価格の相場を探ってください。

Q.自転車を無料で処分する方法はある?
A.知人などに譲渡する方法です。周囲に自転車が欲しい人がいないか聞いてみましょう。子ども用自転車はすぐにサイズアウトしてしまうため、中古でも欲しい人が多いものです。近隣の人なら送料もかからないため、無料で譲渡できるでしょう。

まとめ

ゴミの分別ルールが厳しくなり、ものを捨てる際に悩むことがあります。自転車など大きなものの場合、横浜市では粗大ゴミとして処分しなければなりません。粗大ゴミを出す際の手順や手続きなどを覚えておきましょう。粗大ゴミは回収日程が限られているため、業者を利用した処分方法も覚えておくと安心です。利用価値がある自転車は、買取に出す方法も考えてみましょう。


不用品回収業者をお探しの方は以下もチェック!

365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス
サービスエリア
川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・相模原市・緑区・中央区・南区)・横浜市(鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・港南区・保土ヶ谷区・旭区・磯子区・金沢区・港北区・緑区・青葉区・都筑区・戸塚区・栄区・泉区・瀬谷区)・相模原市三浦市横須賀市逗子市鎌倉市藤沢市茅ヶ崎市葉山市大和市綾瀬市海老名市座間市平塚市伊勢原市厚木市秦野市小田原市南足柄市箱根市湯河原市など(一部地域を除く)。