ガスコンロの処分方法を解説! 売却できる製品の特徴は?


「まだ使えるガスコンロが不要になったので、捨てるのはもったいない」という人はいませんか? ガスコンロの処分には、複数の方法があります。また、「可能ならばガスコンロを買取してほしい」と売却先を探している人もいるでしょう。

そこで今回は、ガスコンロの処分方法や買取条件、売却方法などを紹介します。

  1. ガスコンロを自治体に処分してもらう方法
  2. 自治体以外でガスコンロを処分してもらう方法
  3. ガスコンロを売却する方法
  4. ガスコンロを買取してもらう方法
  5. ガスコンロの処分に関するよくある質問

この記事を読めば、ガスコンロの売却方法や処分する際の注意点も分かります。ガスコンロの処分を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.ガスコンロを自治体に処分してもらう方法

ガスコンロは、自治体にゴミとして処分してもらうことができます。この項では、その手順や注意点を紹介しましょう。

1-1.ガスコンロは粗大ゴミに区分されることが多い

自治体では、ガスコンロを粗大ゴミに区分しているところが多いでしょう。一口のガスコンロだけ不燃ゴミ、二口以上のものは粗大ゴミという自治体もあります。自治体のwebサイトなどで必ず確認してからルールに従って出してください。

1-2.自分でゴミ処分場に持ち込むこともできる

自治体によっては、自分でゴミ処分場にガスコンロを持ち込むことができます。自治体によって持ち込める時間や処分費用が異なるので、必ず事前に確認してから持ち込みましょう。

1-3.自治体に回収をしてもらう場合は時間に余裕を持つ

自治体によっては、粗大ゴミの回収日が月に1度しかないところもあります。また、事前に回収料を払わなければいけないところもあるでしょう。回収に出すまでに時間がかかるので、余裕を持って準備をしてください。

2.自治体以外でガスコンロを処分してもらう方法

この項では、ゴミとして出す以外にガスコンロを処分する方法を紹介します。

2-1.販売店に引き取ってもらう

ガスコンロを買い替える際、家電量販店やホームセンターに古いガスコンロを引き取ってもらえることもあります。すべての店舗で引き取りを実施しているわけではないので、事前に確認してから古いガスコンロの引き取りを依頼しましょう。店頭引き取りや、新しいガスコンロを配達したとき、古いガスコンロを回収するケースが一般的です。

2-2.不用品回収業者を利用する

ガスコンロ以外にも不用品があり、一度に処分したい場合は不用品回収業者を利用すると便利です。出張引き取りならば、家まで回収に来てくれるので、重い不用品を持ち運ぶ必要もありません。回収費用は業者によって異なるので、まずは見積もりを出してもらいましょう。

2-3.人に譲る

ガスコンロは調理に必要なので、中古でも一定の需要があります。動作に問題ないガスコンロが不要になった場合、誰かに譲ってもいいでしょう。地域のミニコミ誌などに広告を出すと、引き取り手が見つかる場合もあります。

3.ガスコンロを売却する方法

まだ使えるガスコンロが不要になった場合、売却する方法もあります。この項では、売却できるガスコンロの特徴などを紹介しましょう。

3-1.中古でも需要が高いガスコンロの特徴

中古でも需要があり、買取対象となるガスコンロの特徴には、以下のようなものがあります。

  • ノーリツやリンナイなど、有名メーカーのガスコンロ
  • 元値が高い高機能なガスコンロ
  • 新しく使用感の少ないガスコンロ

一例をあげると、リンナイの三ツ口ビルトインガスコンロの場合、高機能なものならば数千円~1万円前後の値段がつくことがあります。

3-2.使用感が少ないほど高値がつきやすい

ガスコンロは調理器具ですから、キレイであることが買取条件になります。いくら年式が新しく高機能の製品であっても、落ちない汚れや傷がある場合は買取不可になることもあるでしょう。

4.ガスコンロを買取してもらう方法

この項では、ガスコンロを買取してもらえる業者や注意点などを紹介しましょう。

4-1.買取実績があるリサイクルショップ

ガスコンロは、リサイクルショップで買取してもらえます。ただし、取り扱っていないショップもあるので、買取実績があるか、現在、買取を行っているかを確認してから査定してもらいましょう。基本的には店頭への持ち込み査定となります。

4-2.家庭用設備器機の専門買取業者

ガスコンロや給湯器など、家庭用設備器機の買取専門業者でも、ガスコンロを買取してくれます。リサイクルショップより知識や技術があるところが多いので、より幅広く買取してくれる可能性があるでしょう。また、業務用のガスコンロも買取しているところもあります。大きくて重いガスコンロの場合は、家まで査定に来てくれる業者もあるので、利用してもいいでしょう。

4-3.ネットオークションやフリマサイト

ネットオークションやフリマサイトでも、ガスコンロはたくさん出品されています。ガスコンロは輸送できますが、送料が高額になることもあるので、事前に調べて記載しておきましょう。また、輸送中に壊れないようにこん包をしっかりしてください。出品する際は、写真と共にメーカー、型番、使用年数、状態などを記しておきましょう。

4-4.買取強化している業者に査定してもらおう

ガスコンロはリサイクルショップによっては取り扱っていないこともあります。その一方で、買取強化しているショップもあるでしょう。webサイトを確認し、買取強化しているショップを探して査定してもらうと高値がつきやすくなります。

4-5.査定前に新品に近づける

ガスコンロを査定してもらうときは、取れる汚れはすべて落とし、説明書などの付属品をそろえておきましょう。新品に近い状態ほど高値がつきやすくなります。

5.ガスコンロの処分に関するよくある質問

この項では、ガスコンロの処分に関する質問を紹介します。

Q.ガスコンロは、元値が安ければ売却できませんか?
A.いいえ。新しいものならば可能です。

Q.ビルトインガスコンロは自分で取り外せますか?
A.はい。可能ですが、無理はしないでください。

Q.ガスコンロは製造後何年後の製品まで売却できますか?
A.5年前後が一般的です。

Q.ガスコンロは、金属として買取してもらえませんか?
A.1台だけでは金属としての買取は難しいでしょう。

Q.ガスコンロの寿命は何年くらいですか?
A.13~15年くらいが一般的ですが、あくまでも目安と考えてください。

まとめ

今回は、ガスコンロの処分方法について紹介しました。ゴミとして捨てる以外に売却も可能な製品もあります。ガスコンロは使わずに保管しておくだけで劣化するので、不要になったら早めに処分しましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス