引っ越し時の不用品はどうする? 処分方法や買取について詳しく解説


引っ越し時は大量の不用品が出るため、処分に困ることがあります。具体的な処分方法を知っておけば、引っ越し時に慌てることがありません。また、処分だけでなく、価値あるものは買取に出すなどの方法も考えてみましょう。不用品の処分方法や買取についてご紹介します。

  1. 引っ越し時に出る不用品にはどんなものがある?
  2. 引っ越し時の不用品を処分する方法
  3. 引っ越し時の不用品を買取に出す方法
  4. 不用品の処分や買取で業者を利用する際の注意点
  5. 引っ越し時の不用品処分でよくある質問

引っ越しは、移転日が決まっているため、効率よく不用品の処分を進める必要があります。また、引っ越し費用の負担を減らす工夫も必要となるでしょう。買取などについても覚えておき、節約を意識することもおすすめします。

1.引っ越し時に出る不用品にはどんなものがある?

まず、引っ越し時の不用品にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

1-1.可燃ゴミ

引っ越し時に最も多いのは、可燃ゴミです。書類・雑貨・食品など、こまごました不用品がたくさん出るでしょう。膨大な可燃ゴミは、何度かに分けて出さなければならないため、処分までに時間がかかるのが難点です。

1-2.不燃ゴミ

金属ゴミやプラスチック製品などの不燃ゴミも、引っ越し時に処分することが多いものです。不燃ゴミは回収日が週1回という自治体がほとんどであるため、大量にある場合は早めに日程を考え、効率よく処分を進めることが大切なポイントとなります。

1-3.資源ゴミ

引っ越し時は、雑誌や新聞紙などの資源ゴミもたくさん出ます。古着なども資源ゴミとする自治体もあるため、ゴミの分別には注意しましょう。

1-4.粗大ゴミ

家具や家電など粗大ゴミも、引っ越しでは処分に悩むことが多いものです。多くの自治体では、1辺の長さが30cmを超えるものは粗大ゴミとしています。可燃ゴミや不燃ゴミでも、サイズが大きいものは粗大ゴミとして出さなければならないケースもあるため、自治体のルールを確認することが大切です。

2.引っ越し時の不用品を処分する方法

引っ越し時の不用品はどのように処分すればいいのでしょうか? 具体的な処分方法をご紹介します。

2-1.自治体回収

分別をきちんと行えば、自治体回収で処分することができます。自治体のルールに従い、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミに分けてください。粗大ゴミは、事前申請が必要です。自治体の粗大ゴミ受付センターから申請を行ってください。品目と数量などを入力し、粗大ゴミ処理券を購入して手数料の支払いをします。粗大ゴミは通常のゴミ回収とは異なり、申請時に回収日時や排出場所が指定されるため、指示に従うことが大切です。自治体では、家電リサイクル法の対象品目であるエアコン・テレビ・洗濯機・冷蔵庫の回収はできないので注意してください。

2-2.引っ越し業者

アートなど引っ越し業者に不用品の回収を依頼する方法もあります。引っ越し当日に回収してくれる場合もあり、複数の業者に依頼せずに済むのがメリットです。ただし、不用品の回収はオプションとして別途費用がかかり、引っ越し費用が割高になるデメリットがあります。また、回収できる品目とできない品目があるため、見積時に確認しておくことが大切です。

2-3.不用品回収業者

不用品回収業者は、さまざまな品目の回収に対応しており、迅速に動いてくれるのがメリットです。即日回収可能な業者もあります。ただし、不用品1点につき数千円程度の回収費用がかかるケースもあるでしょう。不用品回収業者では、不用品をまとめて処分すると割引してもらえるお得なプランがあります。引っ越し時の不用品処分費用を節約したい場合は、業者の料金プランをしっかり比較してみてください。

3.引っ越し時の不用品を買取に出す方法

不用品の中には、状態がいいものもあるでしょう。買取に出すという選択肢も視野に入れてみてください。買取方法などをご紹介します。

3-1.リサイクルショップ

最寄りのリサイクルショップを利用する方法もあります。気軽に立ち寄ることができますが、査定時は持ち込みを要するため、運搬方法を確保しなければなりません。ベッドやソファーなどの大型家具を査定に出す場合、人員の確保も必要です。また、店舗ごとに査定基準や得意分野が異なるので、買取価格に差が生じます。複数の店舗で査定を受け、納得できるショップを選ぶことが大切です。

3-2.買取業者

不用品の買取を専門に行う業者を探してみましょう。家電買取専門業者や家具買取専門業者など、業者の分野をチェックして依頼することが、高額買取につなげるポイントです。特に家電の場合、パーツなどを分解してリユースする目的で買取を行うため、破損など重大な問題がなければ、買取可能なケースもあります。買取業者の査定は、出張対応が可能です。複数の業者に査定してもらい、買取価格を見比べましょう。

3-3.自分で売却する

業者に依頼せず、自分で売却する方法もあります。ネットオークションやフリマサイトを使った個人売買です。個人売買は近年盛んになっていますが、商品の状態や年式などを画像と紹介文できちんと伝わるように工夫しなければなりません。また、買い手がすぐに決まらず、時間がかかるケースがほとんどです。個人売買は未入金や音信不通などのトラブルも多くなっています。リスクも想定して出品しましょう。

4.不用品の処分や買取で業者を利用する際の注意点

業者を利用する際の注意点を覚えておきましょう。

4-1.事業所をきちんと構えていること

不用品の処分や買取を行う業者を選ぶ際は、事業所をきちんと構えていることがポイントとなります。廃品回収車だけで営業している場合は、業者として実態が見えないものです。悪徳業者は、不法投棄などのリスクもあります。長く地域に根ざした営業をしている業者を選びましょう。

4-2.契約を急ぐ業者は避けること

契約を急ごうとする業者は避けてください。契約を急ぐのは、高額な処分費用や極端に安い買取価格でも、他社と比較する時間を与えないためです。良心的な業者であれば、自社のサービスや価格に自信を持っており、比較検討する時間を与えてくれます。業者の対応もきちんと見極めて利用しましょう。

5.引っ越し時の不用品処分でよくある質問

引っ越し時の不用品処分に関する質問を集めました。

Q.不用品を最も安く処分できる方法は?
A.自治体回収を利用して処分する方法です。1点あたり数百円程度で済みます。しかし、膨大な量の不用品を処分する場合、手続きや手数料の支払いなどが面倒に感じるでしょう。自治体回収は、不用品の量が少ない場合に適した方法です。

Q.買取に出すメリットは?
A.買取で利益を得ることができれば、処分費用の削減につながるでしょう。また、リサイクルは、地球温暖化防止に貢献できる方法として注目されています。資源を無駄にせず、有効活用する目的で買取を利用してみましょう。

Q.引っ越しまでに不用品の処分が終わらない場合は?
A.新居に不用品を運ぶことになります。不用品を保管するスペースも必要となり、新居での生活に支障をきたすでしょう。引っ越しが決まったら、早い段階から不用品処分のスケジュールを考え、効率よく処分を進めることが大切です。

Q.不用品の処分を業者に依頼する場合、ダンボールにこん包したほうがいいのか?
A.こん包は必要ありません。ただし、買取に出す場合は、査定してもらいたいものをリストアップしておき、スムーズに査定が受けられるよう準備しておきましょう。

Q.処分や買取に出す以外に、不用品を手放す方法はあるのか?
A.欲しい人に譲渡する方法があります。知人に譲る・地域の掲示板で欲しい人を募ることもできるでしょう。譲渡する場合、輸送費の負担や配送業者の手配などは、事前に相談して決めておくことが大切です。また、日程にゆとりを持っておき、引っ越し間際にならないよう注意してください。

まとめ

引っ越し時は、早めにスケジュールを組み、不用品の処分や買取に出す手配をすることが大切なポイントとなります。不用品は自治体回収でも出すことができますが、運搬や手続きなどの手間を考慮し、業者に依頼する方法もおすすめです。まとめて処分すると割引になるお得な料金プランを活用し、不用品処分にかかる費用を削減しましょう。


不用品回収業者をお探しの方は以下もチェック!

365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス
サービスエリア
川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・相模原市・緑区・中央区・南区)・横浜市(鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・港南区・保土ヶ谷区・旭区・磯子区・金沢区・港北区・緑区・青葉区・都筑区・戸塚区・栄区・泉区・瀬谷区)・相模原市三浦市横須賀市逗子市鎌倉市藤沢市茅ヶ崎市葉山市大和市綾瀬市海老名市座間市平塚市伊勢原市厚木市秦野市小田原市南足柄市箱根市湯河原市など(一部地域を除く)。