スプレー缶の捨て方でお困りの方! 安全に捨てる方法と注意点を解説!


「不要になったスプレー缶を処分したいけど、どんな方法で捨てるといいのか分からない」とお考えではありませんか? 使い終わったスプレー缶には高圧ガスが残っていることが多く、そのまま処分すると危険です。思わぬ事故を避けるためにも、処分するとき際どんな点に注意するべきか知っておく必要があります。

そこで今回は、スプレー缶の捨て方について詳しく解説しましょう。

  1. スプレー缶をゴミに出すときのルール
  2. スプレー缶による事故について
  3. スプレー缶を捨てる前に確認すること
  4. スプレー缶を捨てる前の準備
  5. スプレー缶のガス抜きをする際の注意点
  6. スプレー缶の捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、スプレー缶を安全に捨てるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.スプレー缶をゴミに出すときのルール

最初に、スプレー缶をゴミに出すルールを見ていきましょう。

1-1.中身を使いきってから出す

スプレー缶をゴミに出すときは、中身を使いきってから出すのが基本です。スプレーボタンを押しても中身が出ないことを確認してから処分しましょう。なお、スプレーボタンは、安定した場所に缶を置いてからしっかり押すことが大切です。中途半端に押したり、缶が傾いていたりするとガスばかり出てしまい、中身が残る原因になるので気を付けましょう。

1-2.ゴミ袋にスプレー缶であることを表記する

ゴミ袋の表に、スプレー缶が入っていることを表記することも大切です。集荷する人が危険物であることを認識できるので、思わぬ事故を防ぐことができます。雨などで消えないよう、油性マジックで分かりやすい位置に記入しておきましょう。指定ゴミ袋がない自治体では、透明なゴミ袋に入れて中身がスプレー缶であることを分かりやすくすることも心がけてください。

1-3.スプレー缶だけで出す

スプレー缶は、ほかのゴミと区別して出すようにしましょう。ほかのゴミと一緒に混ぜてしまうと、スプレー缶が隠れてしまったりゴミ袋の内部で化学反応が起きて爆発したりする原因になります。また、一袋に大量のスプレー缶を入れないようにしてください。

2.スプレー缶による事故について

スプレー缶による代表的な事故を3つご紹介します。

2-1.スプレー缶のガス抜き中タバコの火に引火した

タバコを吸いながらスプレー缶のガス抜きをしたため、引火・爆発してしまう例が多く見られます。タバコの火に引火した場合、顔などに大やけどをすることがあり大変危険です。屋外でガス抜きをする際でも、近くにタバコを吸っている人や火を使っていると思わぬ事故につながるので注意してください。

2-2.屋内でガス抜きしたため調理中の火に引火した

浴室などの屋内でガス抜きし、調理中の火に引火・爆発するケースも報告されています。スプレー缶内部のガスは空気より重く床に近い部分にたまるため、換気扇を回してもうまく排出できません。そのため、排出されずに残っているガスが何らかの拍子に移動し、調理中の火などに引火することがあるのです。特に、換気が悪い家では、思わぬところにガスが移動することがあるため、屋内でのガス抜きはやめましょう。

2-3.ガス抜きが不十分なため集荷車両内で爆発した

自治体回収のゴミに出すときにガス抜きが不十分だったために、集荷車両内で爆発する事故が多発しています。たとえば、スプレー缶とほかのゴミと混ぜて出すなどにより、集荷作業員がゴミ袋の外側から判断しづらいのが原因です。集荷車両内で爆発すると車両が炎上して大きな事故につながりやすいことから、深刻な問題となっています。

3.スプレー缶を捨てる前に確認すること

スプレー缶を捨てる前に確認すべきことを解説します。

3-1.スプレー缶のゴミの分類を確認する

スプレー缶は、自治体ごとにゴミの分類が異なるため、出す前に必ず確認しておきましょう。ゴミの分類の主な例は、以下を参考にしてください。

  • 不燃ゴミ:東京都練馬区など
  • 資源ゴミ:大阪府大阪市など
  • 有害ゴミ:千葉県千葉市など

3-2.穴開けが必要か不要か確認する

スプレー缶を出す際、穴開けが必要な自治体と不要な自治体に分かれるので確認しておきましょう。穴開けが必要な場合は、スプレー缶に穴を開けてけて中のガスを出しきってから処分してください。スプレー缶に穴開け用の道具が付随している場合は、注意書きをよく読んでから正しく使いましょう。

4.スプレー缶を捨てる前の準備

スプレー缶を捨てる前に準備するべきことを解説します。

4-1.必要な道具をそろえておく

スプレー缶を捨てるために必要な道具をそろえておきましょう。具体的には、以下のようなものです。

  • 軍手
  • マスク
  • ゴミ袋
  • 古新聞紙
  • 穴開け用のキリや専用道具(穴開けが必要な場合)

4-2.スプレー缶の中身を出す方法や手順を確認する

スプレー缶の中身を出す方法や手順を事前に確認し、理解しておきましょう。いずれの場合も、屋外に出て周辺に火気がないことを確認し、マスクと軍手を着用して行ってください。

中身が少ない場合

  1. スプレーボタンを押し続けて古新聞紙に吹き付ける
  2. 噴射音が聞こえなくなったら、古新聞紙を1時間ほど放置してガス抜きをする
  3. 古新聞紙とスプレー缶をそれぞれゴミに出して完了

中身が多い場合

  1. ゴミ袋に古新聞紙を入れる
  2. 古新聞紙に向けてスプレーボタンを押し、噴射する
  3. 噴射音が聞こえなくなったら、ゴミ袋の口を開けたまま1時間程度放置してガス抜きをする
  4. ゴミ袋の口を固く縛り、ゴミ袋とスプレー缶をそれぞれゴミに出して完了

5.スプレー缶のガス抜きをする際の注意点

スプレー缶のガス抜きをする際に注意するべき点を詳しく見ていきましょう。

5-1.火気のない屋外で行う

スプレー缶の残りを出すときは、必ず火気のない屋外で行ってください。室内や火気の近くで作業すると、気分が悪くなる、引火による爆発が起きるなどの原因になり危険です。周囲に障害物がなく安全を確認してから、ガス抜きを行いましょう。自宅の庭などで作業する場合、事前に家族に説明し、作業中に近くで火を使わないことを徹底してもらうようにしてください。

5-2.風の強さや風向きに注意する

スプレー缶のガス抜きをする際は、風の強さや風向きにも注意してください。風が強い日にガス抜きすると、広範囲にガスが流れてしまいます。また、風向きによっては、自分やほかの人に中身がかかることがあるので注意しましょう。スプレー缶のガス抜きは、なるべく穏やかな天気で無風の火に行うことをおすすめします。

5-3.古い・毒性が高いものはメーカーに問い合わせる

スプレー缶でも、長年放置したものや殺虫剤などの毒性が強いと思われるものは、メーカーに処分方法を問い合わせてください。処分方法が分からないからという理由でそのままゴミに出すことは絶対にやめましょう。自己判断で処分すると引火・爆発事故や、重大な健康被害につながる可能性があります。

6.スプレー缶の捨て方に関するよくある質問

最後に、スプレー缶の捨て方に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.スプレー缶の中身が入ったままで処分することはできる?
A.不用品回収業者の中には、スプレー缶の中身が入っている状態で処分してもらえるところもあります。詳しくは、業者に確認してみてください。

Q.スプレー缶のキャップと本体を分けて捨てるべきか?
A.スプレー缶のキャップがプラスチック製・本体が金属製などで、簡単に取り外しができる場合は、それぞれでゴミに出しましょう。

Q.未使用のスプレー缶を処分する方法は?
A.中身の種類や状態によっては、買取してもらえることがあります。業者に連絡し、査定を受けてみるといいでしょう。

Q.法人がスプレー缶を処分するときの注意点は?
A.法人が事業用に使用したスプレー缶は、産業廃棄物扱いになるため、自治体にゴミとして出すことができません。処分する際は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼してください。

Q.業者にスプレー缶の処分を依頼するときの注意点は?
A.スプレー缶は危険物扱いとなるため、業者によっては回収不可としていたりオプション料金がかかったりすることがあります。まずは、業者に見積もりを依頼して確認してみるといいでしょう。

まとめ

今回は、スプレー缶の処分について詳しく解説しました。スプレー缶を処分するときは、ガス抜きをしっかり行ってから、自治体ごとの回収ルールを守って出してください。ガス抜きを行わずに出すと、引火・爆発事故につながるので絶対にやめましょう。なお、スプレー缶が大量にある場合などは、専門業者に処分を依頼することも検討してみてください。未使用のものは、買取してもらえることもあります。また、使用済みで中身が残っているものは、不用品回収業者などに依頼して処分できることもあるので、確認してみるといいでしょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス