ベビーカーはどう処分する? 自治体回収や業者の活用法などをご紹介


不要になったベビーカーは、広い保管場所を必要とするため、なるべく早く処分したいと思うものです。しかし、ベビーカーはサイズも大きく、運搬などの問題もあり、処分方法が分からないという問題が出てきます。ベビーカーの処分で困らないよう、自治体回収の手順や業者に依頼する方法などを覚えておきましょう。

  1. ベビーカーは何ゴミに分類される?
  2. ベビーカーを自治体回収に出す方法
  3. 自治体回収以外のベビーカー処分方法
  4. ベビーカーを買取に出す方法
  5. ベビーカーの処分でよくある質問

ベビーカーは、買取に出すという選択肢もあります。処分方法と併せ、買取に関する情報も知っておきましょう。

1.ベビーカーは何ゴミに分類される?

まず、ベビーカーは何ゴミに該当するのかを考えてみましょう。

1-1.粗大ゴミに分類する自治体が多い

多くの自治体では、ベビーカーを粗大ゴミに分類しています。ただし、自治体ごとに分別ルールが異なるため、事前に確認することが大切です。ベビーカーを分解し、それぞれのパーツを可燃ゴミや不燃ゴミに分けて出すことを認めている自治体もあります。

1-2.金属は金属ゴミとして出す

ベビーカー本体は、金属部品でできているため、分別後は金属ゴミとして出してください。自治体によっては、金属ゴミは不燃ゴミとして回収している場合があります。

1-3.カバーやクッションは可燃ゴミとして出す

カバーやクッションなどは、可燃ゴミとして出すことができる自治体もあります。金属部品が混入しないよう、きちんと分解して仕分けを行ってください。

2.ベビーカーを自治体回収に出す方法

ベビーカーを自治体回収で処分する場合、どのような手順で出せばいいのでしょうか? 多くの自治体が採用している手順は下記のとおりです。

2-1.粗大ゴミは事前申請が必要

自治体の粗大ゴミは、事前申請が必要です。粗大ゴミ受付センターのホームページから申し込みをしてください。申し込みの際に、品目からベビーカーと数量を選択します。ガイダンスに従って進めれば、指定収集日と粗大ゴミ処理費用のお知らせが届くでしょう。粗大ゴミ処理費用は、スーパーやコンビニなどで粗大ゴミ処理券を購入して支払うだけです。ベビーカーに粗大ゴミ処理券を貼り付けて指定回収日に出しましょう。

2-2.可燃ゴミや不燃ゴミの場合は回収日に出す

可燃ゴミや不燃ゴミは、それぞれ分別して指定袋に入れ、回収日当日にゴミ集積所に出すだけです。ゴミが混在しないよう、きちんと分別してください。誤った方法で分別した場合、回収されずに残ってしまう場合があります。また、回収日を守らず、前夜に出す行為も近隣の迷惑となるので注意してください。

2-3.粗大ゴミを出す場所に注意

粗大ゴミは、通常のゴミ集積所とは回収場所が異なります。自治体から指定された場所に出してください。申し込みの際に、指定回収場所を伝えられます。メモを取っておきましょう。

3.自治体回収以外のベビーカー処分方法

自治体回収以外では、ベビーカーをどのような方法で処分すればいいのでしょうか? 具体的な方法をご紹介します。

3-1.譲渡する

不要になったベビーカーを、欲しい人に譲渡する方法も考えてみましょう。知人に譲る方法でも構いません。自治体の掲示板やネットで譲渡先を募ると、欲しい人からアクセスがあります。譲渡する場合、状態をきちんと伝え、不具合や劣化などを理解してもらってから、引き渡しをしたほうがトラブルを回避できるでしょう。また、譲渡前に、運搬は誰が行うのか、配送する場合の送料負担はどちらかなど、具体的な話し合いをすることが大切です。

3-2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は、出張回収を基本としており、ベビーカーを自宅まで引き取りにきてくれます。申し込みから回収まで迅速に処理したい場合に最適な方法です。とはいえ、回収費用や出張費用がかかるため、ベビーカーの処分費用が高めになります。不用品回収業者では、不用品をまとめて処分するとお得に利用できる料金プランで、家の中の不用品と一緒にベビーカーを処分することも考えてみてください。

3-3.寄付する

ベビーカーを寄付することで、発展途上国の子どもたちのワクチン接種資金にあててもらう方法もあります。NPO法人などの団体を介して寄付するのが一般的です。団体により、送料を個人で負担しなければならない場合もあります。社会貢献もできる処分方法として、選択肢の1つに入れてみましょう。

4.ベビーカーを買取に出す方法

ベビーカーは、どのような買取方法があるのでしょうか? 買取方法を詳しくご紹介します。

4-1.リサイクルショップ

リサイクルショップでは、ベビーカーの買取をしてくれる場合があります。主に生活雑貨を中心に扱っているため、ベビーカーのニーズは低めで、買取価格が安くなってしまうのが難点です。また、店舗ごとに査定基準が異なるのに加え、再販できることを重要視するため、必ず買取してもらえるとは限りません。査定時は持ち込みが必要です。運搬手段を確保しておきましょう。

4-2.中古育児用品専門店

中古育児用品専門店は、リサイクルショップよりベビーカーの買取をしてもらいやすいでしょう。有名メーカーのベビーカーで、状態が良好なものであれば、高値での買取も期待できます。都合のいい日時を指定すれば、出張買取をしてくれるところもあるでしょう。業者ごとに買取方法や費用負担が異なるため、利用前に確認することが大切です。

4-3.ネットオークションやフリマサイト

ネットオークションやフリマサイトを使い、個人でベビーカーのリセールをする方法もあります。個人売買のメリットは、希望価格での出品ができることです。しかし、最近では、値引き交渉なども行われるようになり、出品時の価格より下げて売却となるケースも珍しくありません。また、個人での出品は売れにくく、売買成立となっても、こん包や配送手段の確保といった問題も出てきます。

4-4.メンテナンスを終えてから買取に出すこと

ベビーカーの査定を受ける前は、必ずメンテナンスを行いましょう。汚れやホコリを取り除き、稼働に問題ないかなどのチェックを行ってください。見栄えがよくなるだけで、高額買取につながる可能性があります。また、購入時の付属品はきちんとそろえておきましょう。

5.ベビーカーの処分でよくある質問

ベビーカーの処分でよくある質問をご紹介します。

Q.ベビーカーの処分はいつごろから考えたほうがいいのか?
A.子どもが成長するにつれ利用する機会が少なくなってきた場合、なるべく早めの処分を考え始めましょう。ベビーカーは、毎年新モデルが発売されるため、買取してもらうなら、年式が古くなる前がベストです。

Q.自治体によって粗大ゴミの処理費用は違うもの?
A.はい、違います。大阪市や横浜市では200円ですが、千葉市では370円と自治体ごとに異なるものです。粗大ゴミの処理費用は、自治体のホームページで確認してください。

Q.ベビーカーの寄付をする際は、掃除やメンテナンスをしたほうがいいのか?
A.掃除やメンテナンスをしたほうが喜ばれます。寄付を受ける方の気持ちになって考え、快適に使える状態で送りましょう。配送時の破損にも注意し、こん包も丁寧に行ってください。

Q.不用品回収業者へ依頼するときは、見積もりを出してもらったほうがいいのか?
A.はい、見積もりは必ず出してもらってください。業者によって料金プランが異なるのに加え、サービスや対応もまちまちです。不用品回収業者のエコアースでは、無料見積もりを行っています。お気軽にご利用ください。

Q.ノンブランドのベビーカーは、買取してもらうのが難しい?
A.難しい場合があります。未使用に近いものであれば、買取可能な場合もあるでしょう。まず、いろいろな業者で査定を受け、買取してもらえるかどうかを確かめてみてください。

まとめ

不要になったベビーカーは、自治体回収を利用して処分できます。とはいえ、ゴミの分別や処分するまでの日数を考慮すると、急いで処分したい方には負担です。簡単に処分したい場合は、業者へ依頼する・買取に出すなどの方法も考えてみましょう。不用品回収業者の見積もりを希望される方は、エコアースまでご連絡ください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス