衣類はどう処分する? 具体的な処分方法や買取について詳しくご紹介


衣類が増えてしまうと処分を考えなければなりません。とはいえ、衣類は処分するタイミングや処分方法で困ることがあります。衣類を処分する際は、仕分けの判断基準を決めておくと進めやすいでしょう。不要な衣類の処分でお困りの方は、本記事を参考にしてください。

  1. 不要な衣類を処分するメリット
  2. 衣類を処分するタイミング
  3. 処分する衣類の仕分け方
  4. 衣類を自治体のゴミ収集で処分する方法
  5. 自治体以外で衣類を処分する方法
  6. 衣類の処分でよくある質問

大量に衣類を抱え込んだまま過ごすより、思いきって不要なものは処分したほうがすっきりします。処分するメリットなども覚えておきましょう。

1.不要な衣類を処分するメリット

不要な衣類を処分すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

1-1.収納にゆとりが生まれる

不要な衣類を処分することで、収納にゆとりが生まれ、家の中の通気が改善されるのがメリットです。害虫やカビの発生を抑制することができ、衛生的な環境を維持できるでしょう。

1-2.管理しやすくなる

衣類の数が減ることで、目が行き届くようになり、管理がしやすくなります。大量に衣類を持っている人ほど、同じものばかり着る傾向があるのは、持ち物を把握しきれていないからです。おしゃれを楽しみたい人こそ、不要な衣類を処分し、好きなものだけに絞り込んだほうがいいでしょう。

1-3.タイムロスが減る

思いきって不要な衣類を処分することによって、タイムロスが減ります。衣類が多いと探し物に時間がかかり、無駄な労力を費やすことになるものです。時短を意識したいなら、衣類の断捨離を実践しましょう。

1-4.節約につながる

不要な衣類を処分することは、多大な労力を費やします。そのため、無駄な買い物をしようという気持ちがなくなり、節約につながるのです。無駄遣いが多い方は、衣類の断捨離を実践してみましょう。

1-5.ポジティブな気持ちになれる

不要なものを処分すると、思考がすっきりするため、ポジティブな気持ちになれるものです。物事がうまく進まない・作業効率が悪いなどの悩みがある方は、部屋の整理整頓と併せ、衣類の断捨離を行いましょう。

2.衣類を処分するタイミング

衣類の処分を考える時期やタイミングをご紹介します。

2-1.衣替え

衣替えは、衣類の見直しに適したタイミングです。サイズアウトしたもの・劣化が激しいもの・長期間着ていないものなどを分別し、思いきって処分しましょう。

2-2.体型に変化があったとき

衣類は体型にあったものを着用するのが理想です。体型に変化があったら、処分を考えてみましょう。ダイエットをしてから着ようと思っていたら、処分する時期を逃してしまいます。痩せたら新しいものを着ようと考え、モチベーションを上げるほうがいいでしょう。

2-3.流行(りゅうこう)が終わったとき

衣類は、流行の移り変わりが早いため、ブームが終わったら処分を考えましょう。ベーシックなデザインのものは長く着用できても、流行に流されて購入したものは時期が限られてしまいます。ファッションを楽しみたいなら、古いデザインを抱え込まないことが大切です。

3.処分する衣類の仕分け方

衣類を処分するときは、どのような基準で仕分けを行えばいいのでしょうか? 判断基準をご紹介します。

3-1.1年着ていないもの

1年着ていない衣類は、今後も着る可能性が低いため、処分対象にしましょう。過去のものに縛られず、新しいものに目を向けたほうが、気持ちも前向きになれるものです。

3-2.劣化が激しいもの

劣化が激しいものは、迷わず処分しましょう。穴・傷・首元の緩みなどは、見栄えが悪く、外出時に着用することができません。また、部屋着として保管しておいても、収納場所を取るだけです。補修して着たい高級衣類以外は、不要と判断することをおすすめします。

3-3.似たようなものは1つに絞り込む

衣類は、人の好みが反映されるため、似たデザインを購入してしまうことがあります。似たようなデザインがいくつもあるなら、1つに絞り込みましょう。なるべく着回しがしやすい色味を残すことがポイントです。

4.衣類を自治体のゴミ収集で処分する方法

衣類を自治体回収で処分するときの手順をご紹介します。

4-1.自治体の分別ルールを調べる

まず、自治体のゴミに関する分別ルールを調べることが大切です。可燃ゴミとする自治体もあれば、資源として回収する自治体もあります。ルールに沿った捨て方をしなければなりません。

4-2.可燃ゴミの場合

可燃ゴミの場合、ゴミ袋に入れて指定日に出すだけです。ただし、衣類はかさばります。そのため、なるべく丁寧にたたみ、コンパクトな状態にして入れることがポイントです。

4-3.資源ゴミの場合

衣類を資源として回収してもらう場合は、衣類をたたんで重ね、ひもで縛ってから出すといいでしょう。なるべく小分けにし、崩れないようにするのがポイントです。

4-4.クリーンセンターに持ち込む方法もある

近隣に自治体のクリーンセンターがある場合は、持ち込んで処分してもらうこともできます。ただし、重さに応じた処分費用がかかるので注意してください。大量に処分したい場合は、小分けにする必要もなく、1回の運搬で処分できて便利でしょう。

5.自治体以外で衣類を処分する方法

自治体回収以外にも、衣類を処分する方法はあります。業者を活用した処分方法などを覚えておきましょう。

5-1.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者では、家具や家電などをはじめ、生活雑貨など幅広い品目の回収を行っています。出張回収してもらえば、1回で大量の衣類を処分できるのがメリットです。また、分別やひもで縛るなどの作業をする必要がないため、手間を大幅に削減できます。ただし、回収費用や出張費用がかかる場合もあるのです。不用品回収業者のエコアースでは、定額料金プランなどリーズナブルな料金体系を用意しています。お気軽にご相談ください。

5-2.買取業者を利用する

状態が良好な衣類は、買取業者の査定を受けてみましょう。ハイブランドのものや未使用品などは、高額査定になるケースもあります。リサイクルショップでも買取可能な場合がありますが、古着専門店のほうが買取してもらいやすいでしょう。ただし、買取不可となった場合、衣類の処分方法を考えなければなりません。あらかじめ選別しておき、買取してもらいやすいものを選んでおきましょう。

5-3.自分でリセールする

自分でリセールする場合は、ネットオークションやフリマアプリを活用しましょう。希望価格で出品できるのがメリットです。とはいえ、必ず買い手がつくわけではなく、売却時期も読むことができません。また、印象が違う・状態が悪いなどのクレームに発展しないよう、画像と商品紹介文でしっかり衣類の情報を伝えることが大切です。また、売買成立時は、出品手数料が発生します。送料が出品者負担のほうが売れやすい傾向があるため、出品手数料と送料を考慮して価格を決めましょう。

5-4.リサイクルに出す

衣類販売店では、古着のリサイクル回収を行っている場合があります。他店で購入したものでも回収可能な販売店があり、コストをかけずに衣類を処分することができるでしょう。ただし、店舗への持ち込みは自分で行わなければなりません。また、大量に処分する場合は、事前に販売店に相談したほうが安心です。

5-5.宅配回収を利用して寄付する

衣類は、宅配回収を利用して寄付する方法もあります。NPO法人などで行っている活動で、送料無料で利用できるところもあるでしょう。送った衣類は買取してもらえ、買取金額を発展途上国への寄付にあてる方式となっています。衣類を処分しつつ、社会貢献できる方法です。寄付を募っている団体は、ネットで「衣類 寄付」などのキーワードで検索しましょう。

6.衣類の処分でよくある質問

衣類の処分に関する質問を集めました。

Q.衣類は、どのような基準で買取査定されるのか?
A.店舗や業者によって、買取基準が異なります。そのため、複数の業者で査定を受けることが大切です。買取不可といわれたものでも、ほかの店舗では買取可能という場合があります。また、なるべくまとめて買取に出したほうが、値段がつきやすいでしょう。

Q.買取業者では、ハイブランドしか買取してもらえないのか?
A.ハイブランド以外のものでも買取対象となる場合があります。ファストブランドでも、状態が良好なら買取可能です。衣類の状態によっては、無名メーカーでも買取してもらえるケースもあるため、諦めずに査定を受けてみましょう。

Q.自宅で衣類を焼却処分してはいけないのか?
A.法律で、自宅での焼却処分は禁止されています。焼却処分ができるのは、指定されている施設だけです。違法に焼却処分した場合、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金となります。

Q.衣類の断捨離を実践するときの心構えは?
A.もったいない精神を捨てることです。将来使う可能性を考えず、今だけを見て判断して仕分けを進めましょう。今手元にあって不要と感じるものは、迷わず処分対象としてください。仕分けは深く考えず、直感で行うことが大切です。

Q.衣類を処分すると部屋全体もきれいになるのか?
A.はい、なります。整理整頓への意欲も高まり、清潔な環境を維持しようという精神が芽生えるでしょう。衣類の処分は大仕事です。大変な作業を終えた後は達成感を抱くことができるため、ごちゃごちゃした環境になるのを防ごうという意識が働き、衝動買いなども防ぐことができます。

まとめ

不要になった衣類は、抱え込まずに処分することが大切です。断捨離を実践することで、収納がすっきりするだけでなく、ポジティブな気持ちになれます。衣類を自治体回収で処分する場合は、分別ルールを守りましょう。業者を活用して処分する方法や、買取を利用する方法も考えてみてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス