携帯電話の捨て方は? 最もお得な処分方法と注意点を詳しく!


古い携帯電話の捨て方でお悩みではありませんか? 「内部データの流出が心配だが、どうすればいいのだろう」「お金をかけない捨て方はあるのだろうか」など、何かと分からないことも多いでしょう。実は、携帯電話は、資源価値が高いため、無料処分もしくは買取してもらえる可能性が高いのです。

そこで今回は、携帯電話の捨て方について詳しく解説します。

  1. 携帯電話を処分する前にしておくべきことは?
  2. 携帯電話を小型家電として処分する方法
  3. 携帯電話をキャリアショップで処分してもらう方法
  4. 買取してもらえる携帯電話の条件は?
  5. 携帯電話を不用品回収業者に処分してもらう方法
  6. 携帯電話の捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、携帯電話の捨て方や注意点などがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.携帯電話を処分する前にしておくべきことは?

最初に、携帯電話を処分する前に必ずしておくべきことについて見ていきましょう。

1-1.写真や電話帳などのデータの保存や移行

携帯電話を処分する前に、個人で撮影した写真や電話帳などの大切なデータを保存・移行しておきましょう。携帯電話には、キャリアが「データ移行ツール」を用意しているものです。ツールを起動し、指示に従ってデータを移行・保存してみてください。なお、データ移行・保存時は、必ず充電が十分にあるか、携帯電話を電源につないだ状態で行いましょう。途中で電源が落ちると、携帯電話の故障やデータ紛失の原因になります。

1-2.初期化して個人データを削除する

大切なデータの保存・移行が完了したら、携帯電話を初期化して個人データを削除しましょう。初期化により、携帯電話が工場出荷時の状態に戻るため、個人データも消去できます。なお、先に削除してしまうと、復元ができずに大切なデータを失うことになるので注意しましょう。初期化の方法は、使用説明書・メーカーのホームページなどで確認してください。

1-3.不燃ゴミとして出すのは危険

携帯電話は、不燃ゴミで出すと危険です。携帯電話には、リチウムイオンバッテリーが使われています。バッテリーを抜かずに出すと、何らかの原因で破裂・発火する可能性があるのです。また、悪意ある第三者による不燃ゴミの持ち去り問題もあります。万が一、内部データを消去せずに不燃ゴミに出し、持ち去り被害に遭った場合、個人情報が流出し悪用される恐れがあるのです。

1-4.ガラケーもスマホと同様の処分をする

ガラケーも、処分方法は基本的にスマホと同様にしてください。大切なデータを移行後、本体を初期化して工場出荷時の状態に戻してから処分しましょう。なお、故障などで内部データを操作できないときは、物理的に破壊すると安心です。個人で破壊すると危険なので、キャリアなどに持ち込んで対応してもらいましょう。キャリアでの処分は、無料です。

2.携帯電話を小型家電として処分する方法

携帯電話は、小型家電リサイクル法の対象品目として処分することもできます。

2-1.自治が設置した「専用回収ボックス」に投入する

携帯電話を小型家電として処分するには、自治体が設置した「専用回収ボックス」に投入してください。専用回収ボックスは、以下のような場所に設置してあります。

  • 役所
  • 大型ショッピングセンターなどの商業施設

具体的な設置場所については、自治体のホームページなどで確認してください。

2-2.無料で処分でき資源リサイクルしてもらえる

携帯電話を小型家電として処分すると、以下のようなメリットがあります。ゴミとして廃棄するよりも、有効活用可能です。

  • 資源を大切にできる
  • ゴミの量を減らすことができる
  • 無料で処分できる

2-3.付属ケーブルや充電器なども処分できる

小型家電リサイクル法の指定品目であれば、付属ケーブルや充電器なども同時に処分できます。複数個持っていて不要なものがあるのなら、携帯電話と同時に処分しましょう。なお、説明書・CD-ROMなどは対象外となるため、別途可燃ゴミ・不燃ゴミなど、自治体の指示に従って処分してください。

3.携帯電話をキャリアショップで処分してもらう方法

携帯電話は、キャリアショップに持ち込んで処分してもらうことも可能です。

3-1.店頭に直接持ち込んで依頼する

キャリアショップに携帯電話を処分してもらいたいときは、直接店頭に持ち込んでください。キャリアショップでは、環境活動のひとつとして不要になった携帯電話を回収しています。NTTdocomo・ソフトバンク・auなどの大手キャリアでは、メーカー・機種を問わず回収可能です。より詳しい内容は、それぞれのキャリアに確認してください。

3-2.無料で処分でき資源リサイクルしてもらえる

携帯電話をキャリアで処分してもらうと、以下のようなメリットがあります。

  • 処分費用が無料
  • 資源リサイクルしてもらえる
  • 複数台でも依頼できる
  • バッテリーや充電器も依頼できる
  • 携帯電話の買い替えと同時の場合は、購入費用が割り引きとなることがある

3-3.キャリアショップの営業時間内に持ち込むことが条件

キャリアショップに携帯電話の処分を依頼する場合、営業時間を確認してから持ち込みましょう。通常、キャリアショップは平日休みのところが多く見られます。営業時間については、ショップごとに異なるのでチェックしておきましょう。また、来店予約が必要なこともあるので確認してみてください。

4.買取してもらえる携帯電話の条件は?

不要になった携帯電話でも、状態によって買取してもらえることがあります。

4-1.中古の携帯電話は買取需要が高い

中古の携帯電話は、以下のような理由から買取需要が高いものです。

  • 生産終了となった人気機種が欲しい
  • 子ども用
  • 格安プランと併せて2台目用として
  • ネット専門・通話専門機として

4-2.人気メーカー・機種で年式が新しいものが中心

携帯電話で買取してもらえるものの条件は、以下を参考にしてください。

  • 人気メーカー・機種
  • 年式が新しい
  • 故障していない
  • 目立つ傷・汚れ・破損がない
  • 購入時の箱や付属品がそろっている
  • ローンが終わっている

なお、古い携帯電話でもデザインが優れているものや人気機種は、コレクション用や修理パーツ用として、故障しているものでも買取してもらえることがあります。詳しくは業者に確認してみてください。

4-3.買取価格はハイエンドモデルで7~8万円になるものもある

携帯電話の買取相場は、ハイエンドモデルの最新機種では、7~8万円になることもあります。そのほかの機種では、ほとんど使用していないもので新品価格から-2万円程度となるでしょう。なお、一般的には年式が古い機種ほど買取金額が安くなります。また、液晶に大きな傷や割れがあるものは買取価格が大幅に下がり、業者によっては買取不可となることもあるでしょう。

4-4.携帯電話の主な買取先は?

携帯電話の主な買取先には、以下のようなところがあります。

  • 携帯電話買取専門業者
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者

また、自分でネットオークションやフリマサイトを利用して売ることもできます。

4-5.ホームページや店頭表示の買取価格はあくまでも参考に

買取業者が自社のホームページや店頭で表示している買取価格は、あくまでも参考にしてください。多くの場合、新品でほぼ未使用の価格だからです。実際には、使い込んだ分使用感や傷などにより査定金額が下がります。また、買取依頼のタイミングによっても上下するものです。実際の買取金額を知るためには、売りたいタイミングで業者に査定してもらいましょう。

5.携帯電話を不用品回収業者に処分してもらう方法

不要になった携帯電話は、不用品回収業者に処分してもらうこともできます。

5-1.携帯電話以外に処分したものがあるときにおすすめ

不用品回収業者を利用するのなら、携帯電話以外に処分したものがあるときにおすすめです。たとえば、たくさんの不用品があっても1回の依頼で処分できます。また、携帯電話以外の不用品で買取になるものがあれば、処分費用と相殺できて安くなるのも魅力です。携帯電話以外にも不用品があれば、いい機会と考えて処分してしまいましょう。

5-2.日時・場所指定で回収依頼ができる

不用品回収業者に携帯電話の処分を依頼する場合、日時・場所指定ができるのも大きなメリットです。たとえば、平日の日中は仕事などで忙しい人は、休日や夜間に指定することもできます。また、自分で不用品を運ぶ必要もなく、時間と手間を大幅に節約できるのでおすすめです。

5-3.最初に見積もりの依頼から始める

携帯電話の処分を不用品回収業者に依頼する場合、最初に業者に連絡し、見積もりを依頼してください。見積もりが届いたら、以下の点をチェックしましょう。

  • 査定金額
  • 査定理由
  • 見積もりの期日
  • 担当者名
  • 会社名・社印

見積もりを確認し、特に問題がなければ業者に連絡し、正式に依頼してください。不明な点があるときは、必ず確認し、必要に応じて訂正してもらいましょう。

5-4.悪質業者に注意すること

不用品回収業者の中には、悪質業者も含まれるので十分に注意してください。悪質業者には、以下のような特徴が見られます。

  • 訪問・電話による勧誘が主な営業手段
  • 契約を必要以上に急ぐ
  • 法外に高い費用設定
  • 「見積もりは無料だから」と言いつつ、家に上がり込もうとする
  • 依頼していないものまで無理やり回収しようとする
  • スタッフの態度が悪い
  • 顧客からの評判が悪い
  • 身分証の提示を渋る
  • 古物商許可を取得していない

5-5.信頼できる業者の選び方

携帯電話の処分を不用品回収業者に依頼するときは、以下の条件を満たすことを確認してください。

  • 携帯電話の処分実績が豊富にある
  • 資源リサイクルを積極的に行っている
  • 見積もりは無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • 希望の日時・場所で回収してもらえる
  • データ消去サービスを受けられる
  • スタッフの対応がよく顧客からの評判もいい
  • 古物商許可を取得済み

なお、当不用品片付け埼玉・千葉オンラインでも、不要になった携帯電話の処分をお受けしています。まずは、お気軽にご相談ください。

6.携帯電話の捨て方に関するよくある質問

最後に、携帯電話の捨て方に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.携帯電話がオリンピックメダルの材料になると聞いたのですが?
A.はい。しかし、2019年3月末日を持って、携帯電話の回収は締め切られました。したがって、そのほかの方法で処分してください。

Q.交換用で未使用の携帯電話用バッテリーの処分方法は?
A.携帯電話買取専門店などで買取してもらえないか、確認してみてください。数百円程度~ですが、価格がつく可能性があります。買取不可の場合は、自治体回収で小型家電として処分するなど、そのほかの方法を検討してみてください。

Q.水没した携帯電話でも買取してもらえる?
A.難しいでしょう。機種によっては、内部に「水没マーク」があります。水没した跡があるものは、故障や不具合が出やすいため、買取不可となることが多いのです。

Q.家族からもらった携帯電話を買取に出すときの注意点は?
A.携帯電話の所有権を調べましょう。所有権が家族にある状態では、所有権を持つ家族が直接手続きするか委任状が必要な場合があります。

Q.画面が割れた携帯電話を処分するときの注意点は?
A.割れた部分でケガをしないよう、ビニールテープで保護してから処分してください。さらに、「画面割れ注意」と記入しておきましょう。

まとめ

今回は、携帯電話の捨て方について詳しく解説しました。携帯電話を捨てるときは、なるべく資源を有効活用できる方法で処分しましょう。たとえば、自治体により小型家電として処分できれば、無料回収後、資源リサイクルしてもらえます。また、キャリアショップに持ち込んでも処分可能です。なお、処分前には大切なデータの移行や保存をしておくことも忘れないでください。その後、初期化をして工場出荷時の状態に戻すことで、内部データを消去できます。携帯電話以外にも処分したい不用品があるときは、不用品回収業者に依頼するのも便利です。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス