水筒の捨て方を徹底解説! 新品未使用品は買い取ってもらえる!?


「使っていない水筒を何とかしたい」「使っていた水筒を処分したいけれど、捨て方が分からない」など、水筒の捨て方で悩んでいる方は多いでしょう。要らなくなった水筒は自治体回収で処分できますが、ゴミの分類や処分方法が各自治体で異なるので注意しなければなりません。

また、新品未使用品であれば、買い取ってもらえる可能性があります。水筒以外に処分したい不用品があればまとめて回収業者へ依頼するなど方法はさまざまです。

そこで本記事では、水筒の捨て方について解説します。

  1. 水筒を捨てる前に確認しておきたい3つのこと
  2. 水筒を自治体のゴミとして捨てる方法
  3. 水筒の買い替えやリセールは条件付き
  4. 不用品回収業者に依頼する方法とコツ
  5. 水筒の捨て方でよくある質問

この記事を読むことで、水筒をお得に処分するコツが分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.水筒を捨てる前に確認しておきたい3つのこと

まずは、水筒の捨て方で確認すべきことをチェックしておきましょう。

1-1.アルミやステンレスでできているものが多い

要らなくなった水筒を処分する場合、1番最初に浮かんでくるのが自治体回収を利用した捨て方です。自治体で処分できますが、素材によって処分方法やゴミの分類が異なる可能性があるので注意してください。ゴミの分類をハッキリするために、捨てたい水筒の素材を確認しておきましょう。今、主流となっている水筒の素材は、アルミまたはステンレスです。そのため、基本的に、不燃ゴミに分類される自治体が多いでしょう。たとえ、外装が樹脂製であっても、水筒の中は温度調整のための魔法瓶になっているので不燃ゴミとなります。

1-2.自治体の処分ルールを確認する

水筒の素材を確認するときに合わせて、自治体のゴミの分類と処分方法もチェックしておきましょう。自治体によって処分方法が異なるからです。たとえば、ほとんどの自治体では不燃ゴミに分類されていますが、中には、金属の資源ゴミに指定されているところもあります。ガラス製の水筒は陶器・ガラスなどを含めた資源ゴミに分類される可能性があるでしょう。特殊な素材でできているなど、どのゴミの分類すべきか分からない場合は、電話または窓口に問い合わせて確認してください。

1-3.分解すべきかしないか

自治体のホームページで処分方法をチェックする場合、分解の有無も確認してください。ほとんどの自治体では、「分解せずに処分してください」と記載されていると思いますが、念のために確認が必要です。アルミやステンレスでできていることが多い水筒を、分解するのはとても困難で大変な作業となります。下手に分解しようとすると、逆にケガをしてしまう恐れがあるので、指示がない限り分解はしないようにしてください。

水筒は捨てる前に素材の確認が必要なんですね。
はい。自治体によっては分解して捨てるように定めているところもあります。

2.水筒を自治体のゴミとして捨てる方法

自治体回収でゴミとして捨てる場合、具体的な方法・手順・費用などについて解説します。

2-1.ゴミの分類に適した方法で処分しよう

自治体回収における処分方法は、ゴミの分類で異なります。燃えないゴミ・燃えるゴミと資源ゴミの2つの方法に分けて説明しましょう。

2-1-1.燃えないゴミの場合

燃えないゴミに分類されている場合は、スポンジと洗剤を使ってキレイにしてから処分します。まずは以下の手順どおりに進めていきましょう。

  1. 余分なものを取り外し、フタを開ける
  2. スポンジと洗剤で内部と外部の両方をキレイに洗う
  3. 洗い終わったら、水筒を乾燥させる
  4. 乾いたら透明なビニール袋または指定袋に入れる
  5. ゴミの袋に入れたまま、収集ステーションに出す

ここで大切なのは、何も入っていない空っぽの状態で出すことです。中身が入った状態で処分すると悪臭の発生原因になり、ゴミ捨て場の環境衛生が悪化します。悪臭から近隣トラブルに発展することもあるため、注意が必要です。

2-1-2.燃えるゴミ・資源ゴミの場合

燃えるゴミと資源ゴミに分類される場合も、前述したように中身と外をスポンジと洗剤でキレイにしてから処分します。取りつけられている金具類は、できるだけ外し資源ゴミとして出しましょう。どうしても外せない金具は無理に外さず、そのまま捨てて構いません。ただし、地域によって金具の扱い方に違いがあるため、事前に確認したほうがいいでしょう。

2-2.処分費用はかからない

自治体回収による処分の大きなメリットは、処分費用がかからないことです。粗大ゴミの場合は数百円かかりますが、そのほかの燃えるゴミ・燃えないゴミ・資源ゴミは基本的に無料で処分できます。

2-3.新品未使用品の水筒は別の方法で手放す

新品未使用品の水筒をゴミとして捨てるのはもったいないので、別の方法で手放すことをおすすめします。たとえば、リサイクルショップや買取店などでリセールしてもらう方法です。具体的なリセール方法に関しては、次の項目で説明しますが、買い取ってもらうことができればお金を得ることができますよ。

自治体のゴミ出しルールに沿って処分すればいいんですね。
はい。時間に余裕を持って処分しましょう。

3.水筒の買い替えやリセールは条件付き

水筒の捨て方はゴミとして捨てるだけではありません。条件によっては、買い替えやリセールで手放すことができます。ここでは、具体的なリセール方法について解説しましょう。

3-1.下取りは引き取りできるケースはほとんどない

「水筒の下取りや無料引き取りはできるのか?」と悩んでいる方が多いと思いますが、下取りや引き取りを行っているところはほとんどありません。下取りや無料引き取りサービスの対象となるのは、一般的に元値が高いアイテムです。水筒は元値が数百円~1,000円単位のものがほとんどなので、下取りは期待しないほうがいいでしょう。ただし、条件によっては買い取ってもらえる可能性があります。

3-2.新品未使用品だけリセール可能

買い取ってもらえる、リセールが可能な水筒は、新品または未使用品に限るという買取業者がほとんどです。状態によっては、1度または数回しか使っていない水筒も買い取ってもらえる可能性があります。基本的に、新品状態に近いかどうかが査定のポイントです。すでに使用している水筒で、中身が汚れているものは買取不可になるので注意してください。

3-3.人気メーカーの水筒は売れる可能性が高い!?

サーモス、タイガー魔法瓶、CBジャパン、象印、ピーコック魔法瓶工業、イワタニなどの人気メーカーは、ほかのメーカーよりも買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。ただし、人気メーカーでも買取額は安値になります。前述したように元値が安いので、買取額も数百円になる可能性があるのです。たとえ、新品でも買取額が数千円になることはごく稀でしょう。

新品未使用品の水筒はリセールできる可能性があるんですね。
はい。ただし、古いものは難しいでしょう。

4.不用品回収業者に依頼する方法とコツ

自治体回収で処分するほかにも、回収業者に依頼する方法があります。ここでは、回収業者に依頼する場合の回収方法とポイントを解説しましょう。

4-1.まとめて処分したいときにおすすめ

処分したい水筒が1つだけでなく大量にあったり、ほかにも処分したい不用品があったりする場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者は、要らないものをまとめて処分することができます。この機会に、要らないものを一気に処分しましょう。不用品回収業者に依頼することで、ゴミを分類する必要がなく、スピーディーかつ適切な方法で捨てられます。

4-2.回収方法は宅配・持ち込み・出張の3つ

業者の主な回収方法は、宅配・持ち込み・出張の3つです。すぐに処分したいなら持ち込みでも構いませんが、水筒以外にも処分したいものがあれば出張回収を利用してください。業者スタッフが家にやってきて、その場で回収してくれます。自分のペースで処分したい場合は、宅配回収を利用するといいでしょう。状況や不用品の量によって、回収方法が選べる業者を見つけてください。

4-3.費用の目安は1点あたり3,000円~

回収業者に依頼する場合、処分費用がおよそ3,000円~かかるでしょう。目安となる費用は1点あたり3,000円~ですが、水筒はサイズが小さめなのでもっと安い費用で処分してくれる可能性があります。いくらぐらいで回収してもらえるのか、事前に確認してください。複数の業者に依頼すれば、最も低費用で処分できる業者が見つかるでしょう。

4-4.業者選びのポイントをチェックしよう!

どの業者に依頼すべきか分からない場合は、以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 回収方法が選択できるか
  • 不用品の回収実績があるか
  • 買取サービスも実施しているか
  • 無料見積もりが依頼できるか
  • 産業廃棄物収集運搬許可や古物商許可を取得しているか
  • 口コミや評判がいいか

東京都を中心に不用品の回収サービスを行っている「エコアース」では、低費用で不用品を回収しています。365日中無休なので、いつでもお問い合わせください。ホームページのフォームまたは電話から問い合わせが可能です。

不用品回収業者に依頼する方法もあるんですね。
はい。不用品が水筒以外にもたくさんあって一緒に処分したいときに利用しましょう。

5.水筒の捨て方でよくある質問

水筒の捨て方でよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.オークションやフリマサイトで売れるの?
A.登録すれば気軽に出品できる便利さで需要が高まってきていますが、中古の水筒を売却する際はネットオークション・フリマサイトは向いていません。水筒は直接口につけるもので元値も安価なので、中古で購入したいという方はほとんどいないでしょう。中古ではなく、新品や未使用品の場合は、売れる可能性があります。ただし、細かい傷や変形している水筒は、新品でもマイナスポイントになるため、落札額が下がるでしょう。また、落札されたとしても自分でこん包し、相手に送る手間を考えれば、ほかの方法で手放したほうが手間と時間はかかりません。

Q.寄付することはできるの?
A.水筒の寄付を受けつけている団体があるので、利用することも可能です。寄付された水筒は、ほかの物資と一緒に貧しい国へ支援物資として送られることになります。ある程度、状態がいい水筒でなければならない・使用できる状態のものという条件が決められているため、寄付する前に確認してください。寄付の方法としては、自分でダンボールや大きめの紙袋を用意し、発送することになります。

Q.お得に処分するポイントは?
A.ほかの不用品とまとめて回収・買い取ってもらうのがポイントです。たとえ、買取不可になったとしても、ほかの不用品が買取対象になれば査定額を処分費用にまわすことができます。自分にとってはゴミになるものでも、買取対象になることもあるのです。中古の水筒は買取不可になりますが、新品・未使用品で人気メーカーなら数千円の買値がつくこともあるでしょう。不用品回収業者に依頼する際は、なるべく処分と買取が利用できるところを選んでください。

Q.傷だらけの水筒は捨てたほうがいい?
A.なるべく早めに捨てたほうがいいでしょう。中身が傷ついている水筒は、雑菌やカビが発生しやすい環境になっています。一般的に、水筒の寿命は約5~10年といわれているので、その時期を目安に買い換えてください。特に、ゴムパッキンが劣化すると、フタがしっかり閉まらなくなってしまいます。また、雑菌が傷のすき間に入ると、逆に取れにくくなるので要注意です。

Q.注意すべき業者の特徴は?
A.回収費用があまりにも安すぎる業者には注意が必要です。相場よりも極端に安いところは、回収後に追加料金を請求する可能性があります。特に、街中をトラックで走り不用品回収を行っている業者は、店舗や住所がなく、トラブルになっても解決策が見つかりません。また、「なんでも無料回収します」とうたっている業者にも注意してください。悪徳業者に引っかからないためには、時間に余裕を持って捨てること、複数の業者から見積もりを取って比べることが必要です。

まとめ

水筒の捨て方は自治体回収による処分が一般的ですが、処分する前にゴミの分類を確認することが大切です。ほとんどの自治体では燃えないゴミに分類されているでしょう。しかし、中には「資源ゴミ」や「燃えるゴミ」に分類されていたり、水筒の素材によって変わったりすることがあります。また、新品未使用品は買い取ってもらえる可能性が高いので、リサイクルショップや買取専門店に査定を依頼してください。不用品が大量にある場合は、買取と回収が同時に利用できる業者に依頼するとスピーディーかつ最小限の費用で処分できます。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス