食器棚が要らなくなったら? 主な処分方法とお得に手放すコツを紹介


食器棚は大きめのサイズがほとんどなので、自治体で処分したくても運搬できない・指定回収場所へ運ぶのが大変などの問題が出てくるでしょう。解体し燃えるゴミとして処分する方法もありますが、無理な作業はケガの恐れがあり危険です。では、どのように処分すればいいのでしょうか。

本記事では、食器棚の処分方法とポイントを解説します。

  1. 食器棚が不要になったらどうすべき?
  2. 食器棚を自治体で回収してもらう
  3. 新しい食器棚は買取処分へ
  4. 不用品回収業者に処分してもらう方法
  5. 食器棚の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、食器棚をお得に処分するコツが分かります。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.食器棚が不要になったらどうすべき?

食器棚が不要になったとき、最初にしてほしいことを解説します。

1-1.まず素材・サイズ・状態を確認しよう

要らなくなった食器棚を処分する前に、素材・サイズ・状態の3つを確認してください。自治体で処分する場合、素材とサイズによってゴミの分類が異なります。あらかじめ確認しておかなければ、後でトラブルに発展する恐れもあるのです。また、状態がよければ、処分ではなく買取へ出すことができるでしょう。状態をチェックする際は、傷の有無も確認し、どこがどんな風に傷んでいるのか買取先へ伝えられるようにメモしておくといいですよ。

1-2.粗大ゴミとして自治体回収ができる

素材や大きさなどで多少の違いはありますが、ほとんどの自治体では「粗大ゴミ」として回収できます。一般的に、一辺30cm以上のものが粗大ゴミと定義されるため、多くの食器棚が粗大ゴミに当てはまるでしょう。「解体すれば燃えるゴミとして出せるのでは?」と考える方が多いですが、解体しても粗大ゴミとして扱われるケースがほとんどです。また、大きな食器棚を自分で解体するのはとても大変な作業ですし、ケガをする恐れがあるのでやらないほうがいいでしょう。自治体で処分する方法に関しては、後ほど【2.食器棚を自治体で回収してもらう】で説明します。

1-3.ゴミ以外の処分方法は売る・譲る

ゴミとして捨てる方法以外にも、売るまたは譲る方法で手放すことができます。比較的状態がよく、食器棚として使えるなら、買い取ってくれる店舗があるでしょう。買取可能になれば、処分費用がかからずに手放せるので一石二鳥です。また、近くに食器棚を欲しがっている人がいるかもしれません。譲り先が見つかれば、こちらも処分費用をかけずに手放すことができ、欲しがっている人のもとで再利用してもらえます。思い出のある食器棚でも、楽な気持ちで手放せるでしょう。

2.食器棚を自治体で回収してもらう

自治体で食器棚を処分する場合、どのような方法と流れになるのでしょうか。詳しく解説します。

2-1.事前にゴミの分類と処分方法を確認しよう

自治体の多くは食器棚を粗大ゴミに分類していますが、処分方法とゴミの分類はお住まいの地域で異なります。だからこそ、事前にホームページ等で確認しておかなければなりません。自治体の中には、事前の申し込みが必要になるケースもあります。申し込みをしなければ、回収指定場所へ持ち運んでも回収してもらえないので注意してくださいね。ホームページでも分からない場合は、窓口に問い合わせて確認しましょう。

2-2.粗大ゴミとして処分する流れ

食器棚を粗大ゴミとして処分する場合、まずは、申し込み予約と料金の有無を調べます。予約が必要な場合は、自治体の申し込み先に連絡してください。料金を払う方法は、粗大ゴミ処理券・引き取り時に支払うなどの方法があります。費用はだいたい500円〜が目安です。また、回収日に、指定された場所へ運ぶ必要があります。自治体で処分する大きなメリットは費用が抑えられることですが、手間と時間がかかる点がデメリットの1つです。

2-3.費用を抑えたいなら直接ゴミ処理センターへ運ぶ

処分費用を抑えたい場合は、自分たちで直接ゴミ処理センターへ運ぶ方法があります。直接持ち運べば、運搬料がかからないので安く抑えることができるでしょう。しかし、重く高さのある大型の食器棚を搬出し運搬するのはとても大変なことです。直接運ぶにも、自家用車は無理なのでトラックを用意する必要があります。もちろん、1人では運べないため、人手も確保しなければならないでしょう。

2-4.無理に運搬しようとしない

安く処分したいからと食器棚を無理に搬出・運搬するのは危険です。特に、マンションやアパートの2階以上に住んでいる人は、階段を上り下りする必要があります。サイズが大きい食器棚を1階へ下ろすのはとても危険なので、プロの作業員に任せたほうがいいでしょう。無理に運搬すると、大ケガをする恐れがあるため注意が必要です。

3.新しい食器棚は買取処分へ

新品同様の新しい食器棚は、買取へ出すことができます。ここでは、食器棚を買い取ってもらう方法とポイントを解説しましょう。

3-1.買取可能なのは新品状態に近いもの

一般的に、状態に問題がなくても使い古した食器棚は買取不可となります。買い取ってもらえるものは、新品同様で、中古市場で人気が高いブランドやメーカーのものです。食器棚として人気があるメーカーといえば、クラッセ・アーリータイムス・イッセイキ・ウニコ・マルショウなどがあります。また、木材でできた食器棚は使えば使うほど経年劣化が目立つため、製造から10年以内が目安です。

3-2.買取額が安くても売りたいならリサイクルショップへ

全国に点在しているリサイクルショップは、特別、家具に特化しているわけではないので、査定も細かくありません。状態がいいか・ブランドの有無・傷の有無などを確かめた上で、買取額を提示してくれます。10年以上使用した食器棚でも利用価値があれば、買い取ってもらえるところがほとんどでしょう。ただし、買取専門店よりも査定額が安くなるのがデメリットです。ブランドものや製造年数10年以内の新品に近い食器棚は、買取専門店のほうがいいでしょう。

3-3.ブランドものは家具専門店へ

家具買取店は、家具を中心に買取を行っているお店なので、どんな家具やブランド・メーカーが中古市場で人気があるのか把握しています。そのため、価値がある食器棚だと判断してもらえれば、リサイクルショップよりも高値がつくでしょう。ただし、家具の知識が豊富な分だけ、査定が厳しくなる傾向があります。大量生産されているものや、ノーブランドのものは買取不可になるでしょう。

3-4.自分で売るならネットオークション

査定額に納得できず、自分で売りたいという気持ちがあれば、ネットオークションを利用するのも方法の1つです。ただし、食器棚の場合は、落札後のこん包と送付について考えなければなりません。大型家具なので、送料が高く、手間もかかります。その点を踏まえた上で出品しましょう。また、最近は、「送っても入金されない」「商品にケチをつけられた」など、落札者との間でトラブルが相次いでいます。トラブルになりたくない方は、安易に利用しないほうがいいですよ。

4.不用品回収業者に処分してもらう方法

自治体回収やリサイクルショップのほかに、不用品回収業者へ依頼する方法があります。ここでは、食器棚の処分を業者へ依頼するポイントを解説しましょう。

4-1.食器棚の処分は業者へ依頼するのが1番楽

大型家具の食器棚は、不用品回収業者へ依頼するのが1番楽な方法といえるでしょう。ほとんどの回収業者では、出張回収を行っています。即日対応可能な業者なら、連絡してからすぐに駆けつけ、搬出・運搬・処分すべてを済ませてくれるのです。わざわざ自分で運び出す必要はないので、手間と時間をかけることなくスピーディーな処分ができるでしょう。また、食器棚のほかに処分したい不用品があれば、まとめて処分を依頼することもできます。

4-2.回収費用は4,000~6,000円が目安

食器棚の大きさや不用品の量などで異なりますが、1点あたり4,000~6,000円が回収費用の目安になるでしょう。業者によっては、この回収費用に運搬料や搬出料が追加されるところもあるので注意してください。事前に無料見積もりを依頼し、追加料金の有無もチェックしておきましょう。業者の中には、買取サービスを行っているところもあるので、処分費用を抑えたい方にはおすすめです。

4-3.業者選びのポイントをチェック!

不用品の回収を行っている業者はたくさん存在しているので、どこに依頼すべきか迷ってしまうでしょう。そんなときは、以下のポイントに注目しながら複数の業者を比較してください。

  • 不用品の回収実績があるか
  • 回収だけでなく買取サービスも行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか
  • 見積書の内訳がきちんと記載されているか
  • 低費用で処分でき、高価買取が期待できるか
  • 口コミや評判がいいか

神奈川県を中心に不用品の回収を行っているエコアースでは、格安回収はもちろんのこと、積極的に買取を実施しています。大量の不用品でもお得に処分できる定額パックプランを用意しているので、ぜひ1度お問い合わせください。

5.食器棚の処分に関してよくある質問

食器棚の処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.買い替えで回収費用が無料になることはあるの?
A.いくつかの家具販売会社では、新しい家具を購入する方に対し、古い家具を無料で回収するサービスを行っているところがあります。新しい家具が配送されるときに、古い家具も無料で回収してくれるため、自分たちで運搬する必要はありません。もし、新しい家具の購入を検討しているなら、買い替えも方法の1つでしょう。

Q.高価買取が期待できない食器棚の特徴は?
A.組み立て式は耐久性が低くもろい傾向があるため、高価買取は期待できないでしょう。逆に、昭和レトロな雰囲気が漂う食器棚やアンティーク系・カントリータイプは人気が高いので、高価買取が期待できます。食器棚の買取額は状態だけでなく、デザイン・機能性などにも左右されやすいのです。特に、デザインが特徴的なアンティーク系の食器棚は、買取専門店やアンティークショップ系のお店で高く売れるでしょう。

Q.食器棚はいくらぐらいで売れるの?
A.価値がつかないものから数万円の買取額がつくものまで、食器棚の査定額は幅広い特徴があります。売りたい食器棚がいくらで売れるのか、無料査定を依頼するとすぐに分かるでしょう。現在では、LINEで写真を送るだけで大まかな査定額が分かるシステムもあります。また、実際にネットオークションで出品されている食器棚をチェックし、いくらで売買されているのか確認するといいですよ。

Q.高価買取のポイントは?
A.お祝いでもらったけれど使っていない贈答品の食器や来客用のお皿など、要らない食器類も一緒に査定へ出しましょう。また、できるだけキレイにすることも大切なポイントです。出張査定前に、食器棚の中にある食器類を全部取り出しておくこともポイントの1つとなります。そのほうがスピーディーに買取作業をすすめることができるでしょう。型番や製造年月も確認しておくと、よりスムーズに買取作業がすすめられ、査定額がアップすることもあります。

Q.無料回収業者は依頼しないほうがいいの?
A.近年、無料回収業者と消費者との間で「追加料金を請求された」「不法投棄されていた」などのトラブルが相次いでいます。特に、「無料回収できるのは今だけ」という謳(うた)い文句が多い無料回収業者は、安易に利用しないほうがいいでしょう。無料回収よりも、適切な費用で回収してもらったほうが安心できます。

まとめ

食器棚は、サイズが大きいものが多いため、処分方法に困りがちです。自治体でも処分できますが、自分たちで運び出すのはひと苦労でしょう。そんなときは無理をせずに、搬出から処分までしてくれる不用品回収業者へ依頼してください。業者の中には、買取サービスを行っているところもあります。たとえ、買い取ってもらえなくとも、処分が依頼できるので手間と時間がかかりません。状態がよく、人気ブランドの食器棚なら、効果買取が期待できます。事前に、型番や製造年月・状態などを確認し、スムーズに買取作業をすすめましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス