パソコンリサイクル法に基づいて適切な処分を!手順や費用も紹介!


「パソコンを処分したいが、どうやって捨てればよいのか?」「お金をかけずに処分する方法を知りたい」という人は多いでしょう。パソコンは家庭で使用していたものであっても、粗大ゴミとして捨てることはできません。パソコンリサイクル法に則(のっと)って処分し、適切にリサイクルされなければならないのです。この記事では、不要になったパソコンをリサイクルする目的や家庭用・事業用パソコンのリサイクル方法などを詳しくご紹介しましょう。回収業者に無料回収してもらう方法についてもまとめました。

  1. パソコンのリサイクルに関する法律とは?
  2. 家庭用パソコンのリサイクル方法を紹介
  3. 事業用パソコンをリサイクルする手順は?
  4. パソコンの無料回収を利用するメリット
  5. パソコンのリサイクルに関するよくある質問

この記事を読むことで、パソコンをリサイクルする前にしておくべきことや、無料回収業者の選び方などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.パソコンのリサイクルに関する法律とは?

まずは、パソコンのリサイクルに関する法律について、内容や対象となるパソコン・目的などをご紹介しましょう。

1-1.資源有効利用促進法について

資源有効利用促進法とは、廃棄物の発生を抑えて環境を保全することを目的とした法律です。この法律により、パソコンはメーカーによる回収とリサイクルが義務づけられました。そのため、パソコン関連業界では「パソコンリサイクル法」とも呼ばれているのです。デスクトップパソコンやノートパソコン本体・液晶ディスプレー・液晶ディスプレー一体型パソコンなどが、この法律の対象になります。

1-2.貴重な資源を有効利用するため

パソコンには、レアメタルをはじめとする貴重な資源が使われています。不要になったパソコンをリサイクルすることで、そうした貴重な資源を取り出し、再利用することが可能となるのです。パソコンリサイクル法では、廃棄物の発生を抑制すると同時に、資源を有効利用するための具体的な方法が定められています。

1-3.回収後のパソコンはどうなるのか?

パソコンリサイクル法によって回収されたパソコンは、さまざまな形でリサイクルされます。まだ使えるものは中古パソコンとして再販売され、再販売が不可能なものは分解して、取り出した部品は再利用されるのが一般的です。また、プラスチックやガラス部分なども、熱源などの資源として再利用されています。

2.家庭用パソコンのリサイクル方法を紹介

家庭用パソコンのリサイクル方法について、手順や流れ・データ消去の必要性などをまとめました。

2-1.周辺機器は対象にならない

家庭用パソコンでパソコンリサイクル法の対象になるのは、以下のようなものです。プリンターやスキャナー・キーボード・電源ケーブルなどの周辺機器は対象にならないため、注意してください。

  • デスクトップパソコン本体
  • ノートパソコン
  • CRTディスプレー
  • 液晶ディスプレー
  • CRTディスプレー一体型パソコン
  • 液晶ディスプレー一体型パソコン
  • マウス・キーボード・電源ケーブル・スピーカーなど標準の付属品は、パソコンとの同時処分が可能

2-2.PCリサイクルマークの有無で回収料金が変わる

パソコンにPCリサイクルマークが付いているか付いていないかで、回収にかかる料金が異なります。PCリサイクルマークは、2003年10月以降に発売されたパソコンに付いているマークです。このマークが付いているパソコンは、購入時の代金にリサイクル料金が上乗せされているため、すでにリサイクル料金を支払っていることになります。そのため、無料で処分してもらえるのです。マークがないパソコンはリサイクル料金をまだ支払っていないため、処分する際に3,000~4,000円のリサイクル料金を支払う必要があります。

2-3.まずは回収の対象か確認を

メーカーにパソコンを回収してもらう前に、まずそのパソコンが回収の対象であるかどうかを確認しましょう。次に、PCリサイクルマークの有無をチェックします。マークが付いていない場合は有料回収になるため、金額を確認してください。ほとんどのメーカーがインターネットで申し込みを受け付ける窓口を設けています。申し込みが完了するとメーカーから「エコゆうパック伝票」が送られてくるため、自分でパソコンをこん包し、伝票を貼って郵送してください。

2-4.1台ずつ簡易こん包を

複数のパソコンを処分する場合は、1台ずつ簡易こん包してそれぞれに伝票を貼る必要があります。2枚重ねにした厚手のビニール袋か、段ボールにこん包してください。マウスやキーボードなどの標準添付品は、一緒にこん包して問題ありません。ただし、配送途中で中身が飛び出してしまわないよう、ガムテープでしっかり閉じておきましょう。

2-5.データ消去を忘れずに

パソコンを処分する前に、必ずデータを消去しておくことを忘れないでください。パソコンの中には、個人情報をはじめとする重要なデータが大量に残っています。そのまま処分するとデータが流出し、悪用されてしまう危険もあるのです。初期化だけでなく、データ消去ソフトを使用して確実に消去することをおすすめします。

2-6.回収メーカーがない場合は「パソコン3R推進協会」に有料回収してもらう

「パソコンのメーカーが分からない」「すでに倒産してしまっている」などの場合は、「パソコン3R推進協会」に有料回収してもらうことが可能です。インターネット、またはFAXか郵送でも申し込みできます。申し込みが完了すると郵便局の払込取扱票とエコゆうパック伝票が送られてくるため、郵便局で支払いをし、伝票を貼って郵送してください。

3.事業用パソコンをリサイクルする手順は?

事業用パソコンは「産業廃棄物」として処分する必要があります。処分する手順や流れをご紹介しましょう。

3-1.まずはメーカーの窓口に連絡を

まずは、該当するパソコンメーカーの窓口に連絡し、事業用パソコンの回収にかかる料金を確認しましょう。パソコンの種類によって3,000~4,000円の回収料金がかかりますが、メーカーによっては別途費用が発生する場合もあります。見積料金に問題がなければ契約し、メーカーから輸送伝票を送ってもらいましょう。パソコンをこん包し、送られてきた輸送伝票を貼り付けてください。輸送会社に連絡をして回収希望日を伝え、回収に来てもらいます。リサイクル処理が完了すると「資産滅却報告書」が発行されるため、大切に保管してください。

3-2.「パソコン3R推進協会」にメーカーの窓口が掲載されている

事業系パソコンの回収・リサイクルを行っているメーカーの窓口は、「パソコン3R推進協会」のホームページから確認できます。ホームページに記載されていないメーカーの場合や、複数メーカーのパソコンを処分したい場合は、「パソコン3R推進協会」にリサイクルを代行してもらうことも可能です。

3-3.PCリサイクルマークの有無に関係なく処分費用がかかる

事業用パソコンの場合は、PCリサイクルマークの有無に関係なく再資源化処理費がかかります。料金は、デスクトップパソコン・ノートパソコン・液晶ディスプレー・液晶ディスプレー一体型パソコンが1台につき3,000円です。ブラウン管ディスプレー・ブラウン管ディスプレー一体型パソコンの場合は1台につき4,000円かかるため、注意してください。

4.パソコンの無料回収を利用するメリット

パソコンや不用品を無料で回収している回収業者に依頼する方法もおすすめです。メリットや業者の選び方・回収方法などをまとめました。

4-1.無料回収はメリットがたくさん

このような業者は、回収したパソコンを修理・メンテナンスして中古品として再販売するか、部品を取り出して再利用することで利益を得ているのです。無料回収業者を利用するメリットは、メーカーを問わず回収してもらえること・費用がかからないことなどいろいろあります。もちろん、壊れたパソコンも無料回収してもらえるため、できるだけ手間をかけずお得に処分したい人におすすめです。

4-2.業者選びは慎重に

無料の回収業者の中には、悪質な業者も存在します。そのような業者を利用するとトラブルに巻き込まれる可能性があるため、業者選びは慎重に行いましょう。業者選びのポイントは以下のとおりです。

  • 豊富な実績があるか
  • 一般廃棄物収集運搬業や産業廃棄物処理業の許可を得ているか
  • なぜ無料回収が可能かきちんと説明してくれるか
  • 対応がスピーディーか
  • 業者の所在地や固定電話の番号を明記しているか

4-3.回収方法は主に3つ

回収業者による不用品の回収方法には、主に「持ち込み回収」「宅配回収」「出張回収」の3つがあります。「業者が近くにない」「処分したいパソコンが大量にある」など、自分で持ち込むのが難しい場合は、出張回収の利用がおすすめです。希望の日時に自宅や会社まで回収に来てもらえるため、手間や時間をかけずに処分できます。

5.パソコンのリサイクルに関するよくある質問

「不要なパソコンを処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.パソコンのケーブルを自分で処分する場合、どうすればよいですか?
A.ケーブルは自治体が回収するゴミとして捨てられます。何ゴミに分類されるかは自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。自治体によっては小型家電としての専用の回収ボックスを設置しているところもあります。

Q.不要なパソコンをメーカーに回収してもらうメリットは何ですか?
A.「適切にリサイクルしてもらえる」という安心感があること・PCリサイクルマークのある家庭用パソコンは無料で処分できることなどがメリットでしょう。また、パソコン購入時に付属していたキーボードやマウスなども一緒に処分できるため、便利です。

Q.自分でパソコンのデータを消去する方法を教えてください。
A.無料または有料の専用ソフトを使って消去するか、ハードディスクを物理的に破壊する方法があります。専用ソフトは「Wipe-Out」や「DESTRY」「ターミネータシリーズ」などがおすすめです。物理的に破壊する場合は、パソコンからハードディスクを取り出し、ドリルやハンマーを使って壊してください。

Q.まだ使えるパソコンは買取してもらうこともできますか?
A.動作に問題がなく状態がきれいなパソコンであれば、買取してもらうことも可能です。買取先には、不用品買取業者やパソコン専門ショップ・リサイクルショップなどがあります。ネットオークションやフリマアプリなどを利用して自分で売る方法もあるでしょう。

Q.悪質な不用品回収業者とのトラブルはどこに相談すればよいですか?
A.国民生活センターに窓口があるので相談してみるとよいでしょう。適切なアドバイスをもらえるはずです。

まとめ

不要なパソコンを処分するにあたって、パソコンリサイクル法の内容や目的・リサイクルに出す方法や注意点などをまとめてご紹介しました。パソコンには貴重な資源が含まれているため、処分する際は適切にリサイクルすることが大切です。ぜひこの記事を参考にして、リサイクルの手順や回収業者に依頼する方法を知ってください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス