圧力鍋の捨て方にはどんな方法がある? 買取に出す方法も解説します!


圧力鍋を処分する際、どのような方法で捨てるべきか多くの人が悩む問題です。自治体で処分できますが、各地域によって処分ルールやゴミの分類が異なります。また、まだ使える状態の圧力鍋をゴミとして捨てるのはもったいない気持ちになるでしょう。そんなときは、買取に出す方法もあります。そこで、本記事では、圧力鍋の処分と買取方法、それぞれのポイントを解説しましょう。

  1. 圧力鍋の捨て方にはこんな方法がある
  2. ブランドの圧力鍋なら買取も可能
  3. 圧力鍋を買取に出す方法
  4. 圧力鍋の捨て方に関してよくある質問

この記事を読むことで、圧力鍋の捨て方についてよく分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.圧力鍋の捨て方にはこんな方法がある

調理器具の1つである圧力鍋を処分したい場合、どのような方法があるのかあるのでしょうか。主な捨て方をまとめて紹介します。

1-1.自治体処分は分類と手続きに手間がかかる

圧力鍋の処分で1番に思い浮かぶ方法が、自治体による回収です。圧力鍋は不燃ゴミ・粗大ゴミ・金属ゴミのいずれかに分類されるケースがほとんどでしょう。素材や大きさによってゴミの分類が異なるため、捨てる圧力鍋の特徴をきちんと把握しておかなければなりません。圧力鍋というジャンルでゴミを分類しているわけではないので注意してくださいね。
また、粗大ゴミの場合は、粗大ゴミ券を購入し指定回収場所まで運ぶ必要がある自治体が多いものです。事前の申し込みが必要なケースもあるため、各自治体のホームページ等でチェックしておきましょう。自治体での処分は、手間と時間がかかるのですぐに処分したい方は向いていません。

1-2.便利だが費用がかかる不用品回収業者

すぐに処分したい・圧力鍋を含めた不用品をまとめて捨てたいという方は、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者の多くは、宅配・出張・持ち込み回収を行っています。引っ越しなど急を要する際にも、すぐに処分できるのが不用品回収業者の大きなメリットです。しかし、処分を依頼するには費用がかかります。基本料金+回収費用+収集運搬費用などがあるため、見積書で内訳を確認しておかなければなりません。料金設定が明確でない・見積書の内容が細かく記載されていない業者は要注意です。

1-3.無料回収業者の利用はリスクが高い

不用品回収業者の中には、無料回収を行っているところがあります。「無料で処分できる」という部分に大きな魅力を感じますが、「回収後に費用を請求された」「不法投棄されていた」というトラブルも相次いでいるのです。無料回収業者を利用してトラブルになるよりも、適切な料金を支払ってリサイクルしてもらったほうが安心できるでしょう。どうしても無料回収業者を利用したい場合は、なぜ無料回収ができるのか「理由」をハッキリ提示している業者を選んでください。理由が明確になっていない無料回収業者はNGです。

1-4.人に譲る方法もある

圧力鍋の捨て方には、人に譲る方法もあります。自分にとって必要のない圧力鍋でも、まだ使える状態のものを処分するのはとてももったいないことです。中には、それが原因でなかなか捨てられない人もいるのではないでしょうか。しかし、欲しがっている人に譲ることができれば、楽な気持ちで手放すことができるはずです。近くに、1人暮らしを始める人など、圧力鍋を欲しがっている人がいないか探してみてください。

2.ブランドの圧力鍋なら買取も可能

それでは、圧力鍋を買取に出す方法とポイントについて解説します。

2-1.買取なら処分費用がかからない

買取に出す大きなメリットは、処分費用がかからないことです。費用をかけずに手放せるだけでなく、買取額の分だけお金が得られるので新しい調理器具の購入資金にもできるでしょう。圧力鍋は和食・洋食など、さまざまなメニューに活用できるため、中古市場においても需要が高い調理器具です。高価買取が期待できる圧力鍋もあるので、買取のポイントを押さえておきましょう。

2-2.圧力鍋の査定ポイントはブランドと状態

査定では中古市場で人気のあるブランドかどうか、状態がいいかを重要視します。大量生産されている圧力鍋は元値も安く、中古需要は低めです。しかし、ブランド品は元値が高いので、安価で購入したい方が中古品を探す傾向があります。特に、ティファール・フィスラー・ビタクラフト・ シリット・タッパーウェア・ワンダーシェフなどの人気メーカーで、新しく状態がいいものは買い取ってもらえるでしょう。また、最近、人気が上昇している電気圧力鍋は、多くの買取業者で積極的に買い取られています。元値が高く中古需要もあるので、高価買取が期待できるでしょう。

2-3.状態が悪いものは買取不可

発売年月から経過している古いもの・状態が悪くて使えないものは、買取不可になります。使用期間が長いものは、底が焦げたり、汚れがひどくこびりついたりしているものがほとんどです。調理器具は衛生が第一なので、新しくても汚れたものは買取不可になるでしょう。たとえ、人気の高いブランドの圧力鍋でも、再利用できないものは買い取ってもらえないので注意してくださいね。自分で買取の可否が判断できない場合は、1度査定に出しましょう。また、査定へ出す前に、状態をチェックしてください。傷や取れない汚れがある場合は、嘘をつかず、正直に査定員へ伝えましょう。査定員も人間なので、嘘をつかれると買取額が下がる可能性があります。

2-4.買取額の相場は数百円~2万円

あくまで目安ですが、圧力鍋の買取相場はす数百円~2万円程度になるでしょう。状態がいい圧力鍋なら1,000~2,000円程度、人気がある製造メーカーなら5,000~1万円前後で売れる可能性があります。具体的な買取額を知りたい方は、複数の業者へ査定を依頼したり、インターネットで業者の買取実績をチェックしたりしてみてください。また、圧力鍋と併せて同じブランドのものをセットで売ると、買取額が高くなることもあります。買取業者の中には、「強化買取期間中」という通常の買取額よりも数%アップするサービスを行っているところもあるので、利用するといいでしょう。

3.圧力鍋を買取に出す方法

主な売却方法は、リサイクルショップ・不用品回収業者・ネットオークションやフリマアプリなどがあります。それぞれの方法と特徴について解説していきましょう。

3-1.買取額が低くても売れるリサイクルショップ

リサイクルショップは、圧力鍋以外にもさまざまなジャンルの商品を扱っています。そのため、通常の相場よりも安い費用で買い取られる可能性が高いでしょう。たとえ、人気の製造メーカーであっても、高価買取は期待できません。人気ブランド品は、買取専門店へ査定を受けたほうがいいでしょう。リサイクルショップの査定は買取専門店よりもあまいですが、買取額が低くなることを理解してください。全国に展開しているリサイクルショップの場合は、商品によって一律○○円と買取額が決まっています。

3-2.買取と処分が同時にできる不用品回収業者

不用品回収業者の中には、買取サービスを行っているところがあります。たとえば、神奈川県を中心に不用品の回収を行っているエコアースは、不用品の買取も可能です。買取不可になったとしても処分できるので、ほかの店舗へ回収を依頼する手間と時間が省けます。買取と処分が同時にできる点が、不用品回収業者の大きなメリットといえるでしょう。
また、圧力鍋のほかに処分したい不用品があれば、まとめて処分・買取ができるのも不用品回収業者のメリットです。ほとんどの業者は出張回収を行っているため、運搬が困難なほど大量の不用品でも楽に処分できます。自分たちで運ぶ必要はありませんよ。

3-3.使用済み圧力鍋はネットオークションでは売れない

ネットオークションまたはフリマサイトで出品するのも方法の1つですが、使用済みの圧力鍋は簡単に売れません。買い手がついているものは、ほとんどが未使用品や新品の圧力鍋です。または、製造メーカーが人気で入手困難なもの・元値が高く状態がいい圧力鍋が落札されやすい傾向にあります。リサイクルショップや買取専門店などと比べると、ネットオークションとフリマサイトでの売却は難しいでしょう。また、買い手が見つかるまで時間がかかったり、落札者との間で「入金されない」「商品にケチをつけられた」などのトラブルが相次いでいます。自分でこん包し送らなければならないという手間がかかるのです。

3-4.エコアースは定額パックがお得

前述で紹介した不用品回収・買取業者のエコアースは、トラックおまかせの定額パックを用意しています。引っ越しや大掃除などで出た大量の不用品をお得に処分したい方におすすめです。料金には、基本料金と家電リサイクル料金も含まれているため、圧力鍋だけでなく処分が困難な大型家電類も安心して処分できます。カゴ車から4tトラックまで対応が可能です。技術・知識が豊富なスタッフが作業を行うのでご安心ください。

4.圧力鍋の捨て方に関してよくある質問

圧力鍋の捨て方でよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.飲食店などで使用した圧力鍋は家庭ゴミと同じ方法で処分してもいいのか?
A.飲食店など事業目的で使用した圧力鍋は、産業廃棄物扱いとなるため、家庭ゴミと同じ方法で処分することはできません。産業廃棄物は自治体で回収できないので、認可を受けた不用品回収業者へ依頼します。回収業者へ依頼する際は、産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか、必ず確認してください。圧力鍋だけでなく、運搬が困難な厨房機器も回収してくれるでしょう。

Q.処分費用を抑えるコツは?
A.不用品をまとめて売ることです。圧力鍋だけでなく、ほかにも処分したい不用品があれば、買取サービスも行っている業者へ回収を依頼しましょう。不用品の中には、買取対象になるものが眠っている可能性もあります。買取可能なものは買い取ってもらったほうが、処分費用も浮くものです。また、エコアースなど、定額パックプランを利用するのも選択肢の1つでしょう。

Q.PSCマークとは?
A.国の定めた技術上の基準に適合したという証拠になるマークを、PSCマークといいます。買取できるものは、マークのついた圧力鍋だけとなっており、ついていないものは買取対象外です。買取においては重要なマークとなるため、あらかじめついているかどうかチェックしてください。PSCマークがない圧力鍋を買い取っている業者は、悪徳業者の可能性が高いので要注意です。

Q.高く売れるポイントは?
A.外箱・取扱説明書・保証書・ゴムパッキン・ガラスふたなどの付属品がそろっている圧力鍋は高く売れる傾向があります。そのため、査定前に付属品をできるだけそろえてください。また、汚れなどをできるだけ除去しキレイにすることも大切なポイントです。さらに、まとめて売ることも高く売るポイントとなります。調理器具だけでなく、要らない家電・家具・ゲーム機などがあれば、まとめて買取に出しましょう。

Q.圧力鍋の高価買取が期待できるショップの特徴は?
A.キッチン用品や厨房機器の買取専門店などでは、積極的に圧力鍋の買取を行っています。また、電気を使用するタイプの圧力鍋は、家電専門店でも高価買取が期待できるでしょう。強化買取期間中など通常よりも数%買取額アップのサービスを実施しているところもあるので、ぜひ複数の業者をチェックしてみてください。また、不用品回収業者の中でも、積極的に圧力鍋などの調理器具を買い取っているところがあります。

まとめ

圧力鍋の捨て方は、自治体回収・不用品回収業者など、さまざまな方法があります。人気シリーズやブランドもので状態がいいものは、リサイクルショップや買取専門店などへ査定を依頼することもできるでしょう。特に、未使用品は中古需要も高めです。処分するよりも買い取ってもらったほうが、お得に捨てることができます。ただし、底が焦げでひどく汚れていたり使えなかったりと状態が悪い圧力鍋は買取不可です。買い取ってもらえないと、またほかの方法を探す手間と時間がかかるため、素早く処分したい方は回収と買取が同時に利用できる不用品回収業者へ依頼しましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス