冷蔵庫は粗大ゴミで出せない!? お金をかけずに処分する方法を解説


「冷蔵庫は粗大ゴミでも処分できるのか」「お金をかけずに処分する方法が分からない」など、冷蔵庫の処分でお悩みの方が多いのではないでしょうか。大型家電である冷蔵庫は、家電リサイクル法に基づいて自治体では処分できないことになっています。また、処分するにはリサイクル費用が必要です。しかし、まだ使える冷蔵庫は買取に出すなど、なるべくお金をかけずに処分する方法はあります。そこで、本記事では、お金をかけずに冷蔵庫を処分する方法とポイントなどについてお教えしましょう。

  1. 冷蔵庫は粗大ゴミでは出せない!?
  2. 冷蔵庫をなるべくお金をかけずに処分する方法
  3. 不用品回収業者へ依頼する方法とコツ
  4. 冷蔵庫の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、冷蔵庫が粗大ゴミとして捨てられない理由と、なるべくお金をかけずに処分するコツが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.冷蔵庫は粗大ゴミでは出せない!?

冷蔵庫などの大型家電を処分する前に、家電リサイクル法の対象品目になっているか確認しなければなりません。冷蔵庫が粗大ゴミで出せない理由と関係している法律について説明します。

1-1.冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目

冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっているので、自治体で回収してもらえません。家電リサイクル法とは、廃棄物のリサイクル推進の新たな仕組みを構築するために制定された「特定家庭用機器再商品化法」のことです。この法律によって、冷蔵庫(冷凍庫)のほか、テレビ・エアコン・洗濯機(衣類乾燥機)の4品目が特定家庭用機器として指定されました。これらの4品目は、製造メーカーによるリサイクルが義務づけられています。家電製品には、銅・鋼・レアメタルなどの貴重な資源が含まれているため、製造メーカーが回収し再利用することが法律の目的です。また、消費者は回収を行う製造メーカーや小売業者からの求めに応じ、リサイクル料金を支払うことになります。

1-2.家電リサイクル法に基づく回収方法

それでは、家電リサイクル法に基づいた冷蔵庫の回収方法について解説します。

1-2-1.リサイクル料金+運搬料金がかかる

家電リサイクル法で決められた正しい方法で処分するには、リサイクル料金と収集運搬料金が必要です。リサイクル料金は製造メーカーで、収集運搬料金は小売業者によって異なります。リサイクル料金はおよそ5,000円台で、収集運搬料金は約3,000円~になるでしょう。あくまで目安となるため、詳細は家電製品協会のホームページで確認してください。ここでは、製造メーカーごとのリサイクル料金が分かります。

1-2-2.回収には家電リサイクル券が必要

家電リサイクル法のもとで処分するためには、家電リサイクル券が必要となります。家電リサイクル券システムは、料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式の2種類があり、それぞれの方法でリサイクル料金の支払い方が異なるので注意してくださいね。それぞれの主な流れに関しては、次の項目で説明します。

1-2-3.料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式

料金販売店回収方式の場合は、小売業者へ回収を依頼する際にリサイクル料金と収集運搬料金を支払うという方法です。この方式で回収ができるのは、家電製品協会(RKC)に入会した店舗でなければなりません。販売店がRKCに入会しているか、必ず確認しておきましょう。
料金郵便局振込方式の場合は、郵便局に備えつけられている家電リサイクル券を使用し、リサイクル料金を支払う方法のことです。郵便局を通して製造メーカーにリサイクル料金を支払った後、小売業者または自治体に引き渡します。詳細は、家電製品協会のホームページをご覧ください。

2.冷蔵庫をなるべくお金をかけずに処分する方法

ここでは、冷蔵庫をなるべくお金をかけずに処分する方法と、それぞれのポイントについて説明します。

2-1.販売店による下取り・引き取り

新しい冷蔵庫に買い替える場合は、販売店による下取りまたは引き取りサービスが利用できるでしょう。販売年月から3~5年以内かつ状態がよいものであれば、下取りサービスを利用し、新しい冷蔵庫を安価で手に入れることができます。しかし、下取りサービスを行っている業者は少ないので、下取りよりも引き取りサービスのほうが可能性は高いでしょう。引き取りの場合は、新しい冷蔵庫を届けてもらうときに引き取ってもらうことができます。新しい冷蔵庫を届けるのとあわせて古い冷蔵庫を回収してもらえますが、リサイクル料金と収集運搬料金がかかるので要注意です。依頼前に見積書を必ずチェックしておきましょう。

2-2.不用品回収業者へ依頼する

冷蔵庫のほかに処分したい不用品があれば、回収業者へ依頼するのも方法の1つです。不用品回収業者=お金がかかると思われがちですが、複数の不用品をまとめて処分すればお得に手放すことができます。定額パックプランなど用意している業者を利用すれば、一定量の不用品をお得に処分してもらうことも可能です。1点ずつ処分するよりもお得に捨てることができ、わざわざ自分たちで運搬する必要もありません。スピーディーかつお得に回収してもらえるでしょう。

2-3.新しい冷蔵庫の場合はリサイクルショップなどで買取も

買ったばかりの冷蔵庫を処分するのはもったいないので、リサイクルショップや買取専門店などに買い取ってもらいましょう。発売年月が3~5年以内で正常に使える状態なら、ほとんどの業者で買い取ってもらえます。買取可能なら、処分費用をかけずにタダで手放すことができ、お金ももらえるので一石二鳥です。ただし、壊れていて使えない・不具合が起きている・発売年月が5年以上経過している冷蔵庫は、買取不可になる可能性があります。

2-4.安く処分できるかは業者で左右される

冷蔵庫がお得に処分できるか否かは、業者選びにかかっているといえるでしょう。業者の中には、高額なリサイクル・収集運搬料金を請求したり、安く買い取って高く売ったりする悪質な業者が存在しています。適切な料金で回収を行い、正しい方法で廃棄してくれる業者を選ぶことが大切です。そのために、不用品回収業者へ依頼する方法とコツを学んでおきましょう。

3.不用品回収業者へ依頼する方法とコツ

悪徳業者と不良業者を見極めるために、業者選びのポイントをしっかりと押さえておきましょう。不用品回収業者へ依頼するコツについても解説します。

3-1.運搬の手間と時間がかからない

回収業者の宅配回収を利用すれば、冷蔵庫を運ぶ必要がありません。搬出・運搬のすべてを任せることができるので、重い冷蔵庫でも安心して処分できるでしょう。また、24時間対応可能な業者に依頼すれば、引っ越しなど急を要するシーンでもすぐに回収してもらえます。回収業者へ依頼する大きなメリットは、運搬の手間と時間がかからないことです。たとえ、不用品が大量にあったとしても、一気に処分できる点も大きなメリットといえるでしょう。

3-2.業者選びのポイント

どの業者へ依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目して選んでください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 見積書の内容やサービス内容が細かく記載されているか
  • 古物商または産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか
  • 不用品の回収実績があるか
  • 口コミや評判がいいか
  • 不用品の回収だけでなく買取も行っているか
  • 即日対応が可能か
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか

3-3.こんな業者に要注意!

「無料だから」という理由で、安易に無料回収業者へ依頼するケースがあります。しかし、その結果、「無料といわれたのに追加料金を請求された」「回収後、不法投棄されていた」などのトラブルになる恐れがあるので注意が必要です。無料回収業者には依頼しないほうがいいでしょう。特に、冷蔵庫はリサイクル回収を行うには、適切な料金を支払わなければなりません。トラブルを回避するためには、きちんとリサイクル料金を支払い処分することが大切でしょう。

3-4.不用品処分と買取を行なっているエコアース

神奈川県を中心に不用品の処分と買取を行っているエコアースは、不用品を格安で回収し、ほかの店舗よりも高価買取を目指しています。買取と処分が同時にできるので、たとえ買取不可になったとしても、他店に処分を依頼する手間が省けるのです。また、定額のトラックおまかせパックも用意しています。技術と知識が豊富なスタッフによる作業を心がけているため、作業に関しても安心です。無料見積もりと無料相談も行っているので、ぜひ1度ご相談ください。

4.冷蔵庫の処分に関してよくある質問

冷蔵庫の処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.収集運搬料金がかからない方法はあるのか?
A.家電リサイクル券でリサイクル料金を支払った後、近くの指定取引場所に自分で持ち運ぶ方法があります。指定取引場所の確認は、自治体のホームページまたは窓口で行ってください。直接持ち運ぶことで収集運搬料金はかかりませんが、重量のある冷蔵庫を運ぶのはひと苦労です。費用節約のために、無理に自分で運ぼうとすると大ケガをする恐れがあります。持ち運びが困難な場合は、無理をせずに業者へ依頼してください。

Q.排出したものが製造メーカーに引き渡されたか確認できるのか?
A.家電リサイクル券でリサイクル料金を支払うと、家電リサイクル券の控えが渡されます。そこには、お問い合わせ管理番号が記載されているはずです。その管理番号を、排出者向け引き取り確認ページに入力するだけで、回収してもらった冷蔵庫が製造メーカーにきちんと引き渡されたかどうか確認できます。

Q.高価買取が期待できる冷蔵庫とは?
A.発売年月から新しい冷蔵庫ほど、相場よりも高く売れるでしょう。冷蔵庫は日常生活に必要不可欠な家電製品なので、次々と新しい製品が出ています。新製品が出ると価値が下がり、年数が経過するほど買取が難しくなるのです。一例として、ファミリーサイズの買取相場を以下にまとめました。

  • 1年落ち:約1万〜5万円
  • 2年落ち:約1万〜35,000円
  • 3年落ち:約5,000〜3万円
  • 4年落ち:約5,000〜25,000円
  • 5年落ち:0〜15,000円

具体的な買取額は、状態・メーカーなどでも異なります。購入時と同じ状態かつ国内産の有名メーカーは、比較的高く売れるでしょう。

Q.回収業者へ依頼する際の大まかな費用はいくらか?
A.リサイクル料金または基本料金が3,000円〜、収集運搬費用として1,000〜3,000円ほどかかります。冷蔵庫は大型家電になるため、一般的な不用品よりも回収費用が高くかかることもあるでしょう。目安は4,000〜6,000円ほどです。ただし、中には、単品・個別で処分するよりもお得な定額パックプランがあります。定額パックプランなら、基本料金やリサイクル料金も含まれているので、大量の不用品をお得かつまとめて処分できるでしょう。複数の業者を比較し、安価で処分できる業者を見つけてくださいね。

Q.個人売買で処分する方法は?
A.インターネットを使って、ネットオークションやフリマサイトで出品する方法です。気軽に出品し落札できると、利用者が年々増加しています。全国から買い手を見つけられるため、状態がよく人気のある冷蔵庫は落札される可能性が高めです。しかし、発売年月から経過している古い冷蔵庫は、なかなか買い手がつかなかったり、相場よりも低い値で売却したりしなければならないケースがあります。また、落札されても冷蔵庫を自分でこん包し送らなければならないなど、手間と時間がかかるのがデメリットです。

まとめ

いかがでしたか? 冷蔵庫は家電リサイクル法の対象品目になっているため、自治体で回収してもらうことができません。家電リサイクル法に基づいた方法で処分することになりますが、お得に処分するポイントがあります。発売年月から5年以内で状態がよい冷蔵庫なら買取に出すことができるでしょう。処分ではなく買い取ってもらうことができれば、お金をかけずに手放せます。たとえ、買取不可になったとしても、定額パックプランなどお得なプランで不用品が処分できる業者もあるのです。お得に処分する方法とポイントを知り、冷蔵庫を正しく廃棄してくださいね。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス