食洗機を手軽に処分する方法は? 買取需要や買取金額相場も紹介!


「食洗機を処分する方法が分からない」「買取してもらえないのか?」とお悩みではありませんか? 食洗機は便利な家電の1つですが、不要になった場合の処分方法には頭を抱える人も多いはずです。「壊れたので捨てたい」「もっと性能のよいものに買い替えたい」というとき、不要になった食洗機を処分するには、一体どうすればよいのでしょうか。この記事では、食洗機を処分する方法や買取に出す方法について、まとめてご紹介します。

  1. 食洗機を自治体で処分する
  2. 食洗機を業者に回収してもらう
  3. 食洗機を買い替える場合
  4. 食洗機の買取需要などについて
  5. 食洗機を買取に出すには?
  6. 食洗機の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、自分に合った食洗機の処分方法や買取に出す際の注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.食洗機を自治体で処分する

まずは、自治体を利用して食洗機を処分する方法についてご紹介しましょう。

1-1.据え置き型とビルトイン型

食洗機は自動食器洗い機の略で、種類は据え置き型とビルトイン型があります。据え置き型は好きな場所に後付けできるタイプで、値段も比較的リーズナブルです。一方のビルトイン型はシステムキッチンに組み込まれているタイプで、最近はほとんどの新築住宅に最初から備わっています。

1-2.粗大ゴミ扱いになる場合が多い

自治体回収を利用して食洗機を捨てる場合、ほとんどが粗大ゴミ扱いになります。小型なものであれば不燃ゴミとして捨てられる自治体もあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。不燃ゴミの場合は自治体指定のゴミ袋に入れて「燃えないゴミの日」に出すだけですが、粗大ゴミになる場合は事前の準備が必要です。電話で申し込みをして回収日を予約し、回収料金分の粗大ゴミ処理券を購入して食洗機に貼り、回収日に指定回収場所に出すのが一般的な流れになります。

1-3.メリットとデメリット

食洗機を粗大ゴミとして捨てる場合の費用は、500~1,000円程度の自治体がほとんどです。そのため、「できるだけ安く処分したい」という人はこの方法で処分するとよいでしょう。また、依頼先が自治体という安心感も、大きなメリットです。デメリットとしては、「手間と時間がかかる」という点でしょう。前述したように、粗大ゴミを捨てる際には申し込みや処理券の購入が必要です。また、回収日が指定されるため、自分のタイミングで処分することはできません。

1-4.小型家電として回収している自治体もある

食洗機は、小型家電リサイクル法の対象家電として回収している自治体もあります。回収ボックスや窓口を設けて回収を行っている自治体が多いため、事前に確認しておきましょう。費用についても無料の場合と有料の場合があるので、各自治体に問い合わせてみてください。

2.食洗機を業者に回収してもらう

不用品回収業者に依頼して食洗機を回収してもらう方法について、メリットや注意点をまとめました。

2-1.回収方法は主に3つ

不用品回収業者は、家庭から出た不用品を回収してくれる業者です。回収方法は主に「持ち込み」「宅配」「出張」の3つがあり、自分にとって都合のよい方法を選択できます。大型の食洗機は自分で持ち運ぶのが難しいため、出張回収を利用して自宅まで回収に来てもらうのがおすすめです。ただし、出張費用が別途発生することもあるため、事前に確認しておきましょう。

2-2.ほかの不用品も手間をかけず処分できる

不用品回収業者に依頼すれば、食洗機以外の不用品も一気に処分可能です。自治体のゴミ回収を利用する場合は、すべての不用品を自分で分別して、どれが何ゴミか調べなければなりません。しかし、不用品回収業者であれば自分で分別する必要もなく、まとめて不用品を処分できるのです。

2-3.違法業者が多い

便利な不用品回収業者ですが、残念ながら違法業者が多いというデメリットもあります。必要な許可を持たずに営業する違法業者を利用してしまうと、「高額な料金をだまし取られる」「不法投棄される」などのトラブルに巻き込まれる可能性があるのです。そのため、業者選びは慎重に行う必要があります。

2-4.無料回収業者を利用する際はより注意が必要

不用品回収業者の中には、無料で不用品を回収してくれる業者もあります。お金をかけずに不要な食洗機を処分できるのは、大きなメリットでしょう。ただし、無料回収業者は特に悪徳業者が多いため、十分注意しなければなりません。なぜ無料で回収が可能なのか、きちんとした説明ができる業者を選ぶようにしましょう。

3.食洗機を買い替える場合

食洗機を新しく買い替える場合は、販売店が引き取りや下取りのサービスを行っているか確認してみるとよいでしょう。

3-1.購入と処分が同時にできる

販売店によっては、新しい食洗機を購入する際に、古い食洗機の引き取りや下取りを行っているところもあります。この場合、購入と処分が同時にできて手間が省けるという点がメリットでしょう。食洗機の状態によっては下取りすることで、新規購入代金から下取り分を差し引いてくれるところもあります。

3-2.新しく購入することが条件

販売店による引き取りや下取りは、新規購入が条件になる場合がほとんどです。買い替えではなく、不要な食洗機を処分したいだけの場合には利用できないということを覚えておきましょう。

3-3.サービスを行っていない販売店もある

引き取りや下取りはどの販売店でも行っているサービスではないため、事前の確認が必要です。また、引き取りだけで下取りは行っていないというところもあります。引き取りも有料の場合と無料の場合があるため、調べておきましょう。

4.食洗機の買取需要などについて

まだ使える食洗機は、買取に出してお得に処分するのがおすすめです。買取需要や買取金額相場などをご紹介しましょう。

4-1.食洗機は中古需要がある

食洗機は中古市場でも比較的人気があります。近年は女性の社会進出が増え、家事の時短を目的に食洗機を導入する一般家庭が多くなってきているのです。食洗機は新品だと高額なので、中古で安く買い求めようとする人も少なくありません。そのため、買取してもらえる可能性は十分にあるでしょう。

4-2.買取相場を調べておく

食洗機の買取金額は、種類やメーカー・機能などによって大きく異なります。大まかな買取相場を事前に把握しておき、損をすることなく買取してもらいましょう。ビルトインタイプであれば、商品によっては80,000円以上の高値が付くこともあります。

4-3.買取してもらえる食洗機の条件は?

以下のような条件の食洗機が、買取対象になります。

  • 正常に動作するもの
  • 状態がきれいなもの
  • 使用感が少ないもの
  • 有名メーカーのもの
  • 付属品がそろっているもの

5.食洗機を買取に出すには?

食洗機を買取に出すには、リサイクルショップやネットオークションを利用する方法があります。それぞれのメリット・デメリットや注意点などをまとめました。

5-1.リサイクルショップを利用するメリットとデメリット

買取に出す方法の1つが、リサイクルショップです。その場で査定してもらえるため、すぐ現金化したい人は利用してみるとよいでしょう。ただし、大型の食洗機だと自分で持ち込むのが困難なため、出張サービスを行っている店舗を探す必要があります。その場合は出張費用が別途発生するため、事前にしっかり確認しておきましょう。また、食洗機の状態によっては買取対象外になることもあるため、確実な処分方法とはいえない点もデメリットです。

5-2.複数のリサイクルショップを比較して選ぶ

リサイクルショップにはそれぞれの査定基準があり、査定するスタッフによっても買取金額は変わってきます。そのため、できるだけ複数のリサイクルショップに見積もってもらい、比較して選ぶのがおすすめです。特に、家電の買取を強化しているショップだと、高値で買取してもらえる可能性があるため、探してみるとよいでしょう。

5-3.ネットオークションやフリマサイトを利用するメリット・デメリット

ネットオークションやフリマサイトなどを利用して自分で食洗機を売る方法もあります。自分で出品価格を設定できるため、うまくいけば高く売ることができるでしょう。ただし、食洗機を自分でこん包して発送するのは手間がかかります。発送中の振動などで故障してしまわないよう、慎重にこん包する必要もあるでしょう。そういった手間はもちろんのこと、落札されるまで手元に食洗機を置いておかなければならないなど、デメリットもあります。

5-4.商品の情報は正確に

ネットオークションやフリマサイトに出品する際、食洗機の情報を正確に記載する必要があります。「届いたら思っていたものと全く違った」というクレームが発生する例もあるため、写真を撮影して複数枚掲載し、不具合がある場合は必ずその旨を記載しましょう。

6.食洗機の処分に関するよくある質問

「食洗機を処分したい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.食洗機の寿命はどのくらいですか?
A.一般的には8~10年といわれていますが、使用頻度や使い方にもよるでしょう。

Q.食洗機を粗大ゴミに出したいのですが、申し込みをしてから回収までどのくらいかかりますか?
A.タイミングによって異なりますが、1~2週間ほどかかる場合がほとんどです。大掃除シーズンや引っ越しシーズンなど不用品が多く出る時期は、1か月ほど先になることもあるでしょう。

Q.高く売れる食洗機のメーカーにはどのようなものがありますか?
A.パナソニックや三菱・リンナイなどが特に人気です。

Q.据え置き型とビルトイン型では、どちらが高く売れますか?
A.ビルトイン型のほうが定価が高いため、高く買取してもらえる傾向にあるでしょう。

Q.ビルトイン型の食洗機の取り外し方を教えてください。
A.一般的なタイプのものであれば、ホースを取り外すだけでシステムキッチンから取り外すことが可能です。回収業者などに取り外しも依頼できる場合もありますが、別途料金が発生するため、事前に確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 不要になった食洗機を処分する方法や買取に出す方法について、詳しくご紹介しました。食洗機をどうやって処分するべきか悩んでいる人は多いと思います。まだ使える食洗機は買取に出してお得に処分することもできるため、ぜひこの記事を参考にして検討してみてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス