パソコン廃棄で注意しておきたい情報漏えい~流出を防ぐ方法は?


パソコンを処分する際、気をつけておきたいのが「情報漏えい」です。パソコン内のデータを消したつもりでいても、実際にはデータが残っているというケースが増えています。写真・資料・ファイルなど大事なデータを残したまま廃棄してしまうと、これらの情報が外部に流出するおそれがあるので注意しておかなければなりません。しかし、どのようにすれば完全消去できるのか、頭を抱えている方がたくさんいらっしゃるでしょう。そこで、本記事では、パソコン廃棄と情報漏えいの関係性や消去方法について解説します。

  1. パソコン廃棄と情報漏えいの基礎知識
  2. パソコン廃棄時の情報漏えい対策は?
  3. パソコン廃棄の情報漏えい対策をしてくれる業者とは?
  4. パソコンの廃棄と情報流出に関してよくある質問

この記事を読むことで、パソコン廃棄時の情報漏えい対策が分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.パソコン廃棄と情報漏えいの基礎知識

まずは、パソコンの廃棄と情報漏えいの関係について知りましょう。

1-1.情報漏えいの危険性を知ろう

大手企業の顧客情報が流出したというニュースをよく耳にしますが、情報はどこから流出するか分かりません。企業だけでなく、個人でもパソコンからの情報漏えいは十分にあり得ることなのです。現に、買い替えや廃棄する場合、パソコン内に保存しているデータの完全消去を行わず、個人情報などが第三者の手にわたるというトラブルが続出しています。個人の場合は名前・電話番号・住所・クレジットカード情報、企業の場合は顧客情報・重要事項が記載されたファイルなどが流出し、悪用される危険性があるのです。特に、顧客情報の場合は、会社の信用を失うことになるので十分に注意しておかなければなりません。

1-2.パソコンの情報漏えいの主な原因は?

パソコンから情報が流出する主な原因は、ヒューマンエラーだといわれています。たとえば、きちんとウイルス対策をしていなかった・誤操作・管理ミスなどです。中でも、最も多いのは「紛失・置き忘れ」で、会社で使っているパソコンの管理不足が目立ちます。「自分は大丈夫」という過信が、ヒューマンエラーにつながりやすいので注意が必要です。ほかにも、迷惑メールによる情報漏えいや不正アクセスなどがあります。

1-3.特に注意しておきたい廃棄時

パソコンの情報漏えいが多いのはヒューマンエラーがほとんどですが、廃棄時にも情報が外部に流れ悪用される危険性が高いので注意が必要です。買い替えの際に面倒だからとそのままゴミ捨て場に捨ててしまったYさんは、パソコン内部に含まれていたデジカメの画像を悪用されてしまうというトラブルに見舞われました。Oさんは、登録していたクレジットカード情報を廃棄したパソコンから抜き取られ、カード会社からの通知で悪用されていたことに気づいたのです。「捨てるから大丈夫だろう」という甘い考えでパソコンを廃棄すると、このようなトラブルに巻き込まれるので注意してくださいね。

2.パソコン廃棄時の情報漏えい対策は?

それでは、パソコンを廃棄する際に、どうすれば情報漏えいを未然に防ぐことができるのでしょうか。

2-1.なぜ情報が漏えいするのか?

廃棄したパソコンから情報が流出してしまうのは、データが残っている状態だからです。「初期化すれば完全消去できる」と思っている方は大間違いで、初期化をしてもデータを記憶するHDD(ハードディスク)に残ります。つまり、初期化=いつでも復元できる状態なのです。ということは、パソコンを廃棄する前に、ハードディスクのデータを完全に消去する必要があります。

2-2.データ消去の必要性は?

前述したとおり、きちんとデータを消去しなければ、廃棄されたパソコンに復元ソフトを使用し情報が抜き取られてしまうことになります。あくまで、初期化は表面上のデータを消しただけであって、HDDに残っているデータは消去できません。情報漏えいのリスクを完全になくすためには、HDDに残ったデータを完全に消去する必要があります。データを完全消去した後に初期化するのが理想的です。

2-3.専用ソフトを使用した消去方法

HDDのデータを消去する方法はさまざまありますが、専用ソフトを使用した論理的消去法が一般的です。HDDのデータを消去する専用ソフトは、家電量販店やパソコン関連ショップなどで購入できます。データを消したいパソコンに入れて起動させるだけで、簡単に内部のデータが削除できる便利な方法です。このソフトによって消去されたデータは、その後、復元ソフトを使用しても復元することはありません。必要なデータは事前にバックアップを取ってから、データ消去ソフトを使用してくださいね。

2-4.HDD破壊によるデータ消去

データ消去専用のソフトを使用するほかに、カッターやカナヅチ等でHDDを破壊する物理的消去法もあります。外付けHDDを使用している場合は、ドライバーでネジをはずし、ガラス部分をカッターまたはカナヅチで傷つけると復元できなくなるのです。また、CD・DVDなど記憶媒体も、専用のシュレッダーにかけるか、ハサミで粉砕しましょう。ただし、物理的破壊による消去法は、ガラスの破片が飛び散りケガをするおそれがあるため、十分に皮膚を保護し安全を確保してから実践してくださいね。

3.パソコン廃棄の情報漏えい対策をしてくれる業者とは?

自分で消去するのが不安な方は、パソコン廃棄時の情報漏えい対策をしてくれる業者へ依頼すると良いでしょう。ここでは、業者へ依頼する前に知っておきたい内容をまとめて解説します。

3-1.業者による廃棄がおすすめのケース

論理的破壊や物理的破壊でデータを消去したけど、本当に完全消去できているのか不安になりますよね。自分で確認できませんし、もし消去されていなければ情報が流出するおそれがあるのです。そんな不安を感じている方こそ、データ消去サービスを行っている業者へお願いしてください。パソコンなどの回収を行っている業者の中には、データを専用の機械で完全消去してくれるところがあります。不用品の格安片付け・高価買取を行っている「エコアース」では、パソコンのハードディスクに穴を開けてデータを物理的に消去するサービスを実施しているので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

3-2.事業用パソコンの場合は?

会社で使用した事業用パソコンは、産業廃棄物の扱いになります。もともと、パソコンは「PCリサイクル法(資源有効利用促進法)」によって、自治体で処分することができません。製造メーカーが責任を持って回収しリサイクルすることが義務づけられており、事業用パソコンも対象となります。メーカーに回収依頼をして見積もりを出してもらい、その内容に納得できれば契約成立→回収してもらうという流れです。細かい流れと処分方法は、メーカーによって異なるので事前に問い合わせて確認してください。

3-3.業者選びのポイント

どの業者へ依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目すると良いでしょう。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 不用品の回収実績がある
  • 回収だけでなく買取も行っている
  • データ消去サービスが利用できる
  • 産業廃棄物収集運搬許可を取得している
  • 料金体系が明確になっている
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけている
  • 口コミ・評判が良い

家庭用パソコンだけでなく、事業用パソコンの回収も行っているかどうかチェックしてください。事業用パソコンを一気に処分するのは大変ですが、業者へ依頼すれば運搬・梱包(こんぽう)する手間と時間が省けます。また、ほかの不用品も回収してもらえるので、大量にある場合も便利でしょう。

3-4.悪質な業者に要注意!

回収業者の中には、悪質な業者が存在しているので注意が必要です。「追加料金を請求された」「データ消去サービスを利用したのに、きちんと消去してくれなかった」など、業者との間でトラブルが続出しています。業者選びのポイントを押さえた上で、複数の業者を比較してください。サービス内容・スタッフの対応・料金などを比較すれば、優良業者と悪質業者を見極めることができるでしょう。少しでも疑問点を抱いた場合は、その場ですぐに尋ねることが大切です。どんな相談でも丁寧に答えてくれる業者なら、安心して任せることができます。

4.パソコンの廃棄と情報流出に関してよくある質問

パソコンの廃棄と情報流出に関してよくある質問を6つピックアップしてみました。

Q.事業用パソコンの情報漏えいを防ぐポイントは?
A.社内で実践できる具体的な方法は、社内ルールを徹底させ、社員全員が共有することです。たとえば、廃棄時は会社で決めたルールに沿ってデータを完全消去するなど、具体的な流れを定めて共有します。ヒューマンエラーの原因は、「社内ルールがあいまいで浸透していなかった」という理由があるのです。廃棄時のルールを決めた後は、社員全員に浸透するよう共有することが情報漏えい防止のポイントとなります。

Q.友人に譲ったり、買取に出したりする際の注意点は?
A.「昔からの親友に譲るから大丈夫」と思うのは大間違いです。たとえ、親しい友人や知人であっても、パソコン内部に残っているデータを完全消去する必要があります。いつどこで情報が漏れるか分かりません。また、パソコンを買取に出す際も、きちんと完全消去してから査定を依頼してください。買取専門店のほとんどはデータ消去サービスを行っていないので、自分で行うしかありません。専用ソフトを使用するか、HDDをカナヅチ等で破壊する方法で完全消去した後に初期化してから人へ譲りましょう。

Q.回収してもらえるメーカーがなくなっている場合は?
A.「一般社団法人パソコン3R推進協会」に回収を依頼しましょう。パソコンメーカーが見当たらない場合は、代わりにパソコン3R推進協会がリサイクルを行っています。また、複数社にまたがる場合も同じです。回収依頼をすると見積書が提示され、納得すれば契約し、輸送伝票が送られてくるので必要事項を記入します。輸送会社に回収を依頼し、回収されたパソコンは回収センターに送られ資源化される仕組みです。具体的な方法に関しては、ホームページを確認してください。

Q.無料で使用できるデータ消去ソフトはあるのか?
A.インターネット上で検索すると、いくつか無料でダウンロードできるデータ消去ソフトが見つかります。たとえば、有名な「DESTROY」は、パソコンのハードディスクのデータを完全に消去できるフリーソフトです。ほかにも、日本語のフリーソフトである「Wipe-Out」などがあります。無料ダウンロードで消去したい方は、ぜひ検索してみてはいかがでしょうか。

Q.データ消去サービスにかかる費用、処分費用はいくらぐらいか?
A.業者によって異なりますが、約1,000円でデータ消去サービスが利用できるケースがほとんどです。中には、高額な費用でサービスを行っている悪質な業者が存在しているので注意してくださいね。また、処分費用はメーカーやパソコンの種類で変わりますが、1台当たり3,000~4,000円が妥当な費用でしょう。具体的な費用に関しては、無料見積もりを利用してください。

Q.処分費用を抑えるポイントは?
A.複数の業者に見積もりを依頼し比較することです。比較することで、最も低費用で処分できる業者を選ぶことができます。また、買取サービスを利用するのも方法の1つです。正常に稼働でき、販売年月から3~5年以内のタイプなら、買取してもらえるでしょう。ただし、あまりにも古いパソコンは価値がないため、買取不可となる可能性があります。パソコン以外にも処分したい不用品があれば、まとめて処分依頼をするのもポイントです。個別で処分するよりもまとめたほうが「定額パックプラン」で処分費用がお得になる可能性がありますよ。

まとめ

いかがでしたか? パソコンを廃棄する前に、内部のデータを完全消去しておかなければ、情報が流出し悪用される可能性があります。主な消去方法は、専用ソフトを使用した論理的消去法と、カッター等でHDDに傷をつけ復元させない物理的消去法の2種類です。どちらとも自分で消去できますが、不安な方はデータ消去サービスを行っている業者に依頼すると良いでしょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス