横浜市で電子レンジを処分する方法は? 一番簡単でお得な方法を解説!


「古い電子レンジを捨てたいけど、横浜市ではどんな方法で処分できるのだろう」「電子レンジをなるべくお得に処分できる方法を知りたい」とお考えでしょうか? 不要になった電子レンジを横浜市にゴミとして出せるとしても、何ゴミになるのかよく分かりませんよね。それに、ゴミに出す以外にも簡単でお得な処分方法があったら知りたいことでしょう。

そこで今回は、横浜市の電子レンジ処分について詳しく解説します。

  1. 横浜市で電子レンジは何ゴミに分類される?
  2. 自治体の粗大ゴミ回収で電子レンジを処分する方法
  3. 不用品回収業者に電子レンジの処分を依頼する方法
  4. まだ使える電子レンジを買取に出す方法
  5. 横浜市の電子レンジ処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、横浜市で電子レンジを処分するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.横浜市で電子レンジは何ゴミに分類される?

最初に、横浜市における電子レンジのゴミ区分について見ていきましょう。

1-1.電子レンジは粗大ゴミで処分できる

横浜市では、電子レンジの大きさにかかわらず粗大ゴミとして処分することが可能です。粗大ゴミとして処分したい場合は、横浜市の回収ルールに基づいて出してください。なお、粗大ゴミとして回収された電子レンジは、廃棄処分になるのが基本です。まだ十分に使えるものでも再利用されない、資源を有効活用できないことなどのデメリットがあります。

1-2.業務用電子レンジは粗大ゴミに出せない

業務用電子レンジは産業廃棄物扱いになるため、横浜市に粗大ゴミとして出すことはできません。業務用電子レンジを処分する場合は、産業廃棄物収集運搬許可を取得済みの業者に依頼する必要があります。当Ecoearth 不用品片付け神奈川.COMでも、業務用電子レンジの処分をお受けしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2.横浜市の粗大ゴミ回収で電子レンジを処分する方法

横浜市の粗大ゴミ回収で電子レンジを処分する方法を具体的に解説します。

2-1.粗大ゴミに電子レンジを出す手順

横浜市の粗大ゴミ回収で電子レンジを処分する場合は、以下の手順を参考にしてください。

  1. 電話もしくはインターネットにて粗大ゴミ受付センターに回収を申し込む
  2. 横浜市指定の金融機関・郵便局・コンビニで粗大ゴミ収集シールを購入する
  3. 電子レンジの見やすい場所に粗大ゴミ収集シール貼る
  4. 収集日当日の朝8時までに指定された集荷場所に出す

なお、高齢などで集荷場所に電子レンジを運ぶのが難しい場合は、横浜市の資源循環局事務所に申し込むことで自宅回収してもらえることがあります。詳しくは、横浜市のゴミ出しの支援説明ページをご覧ください。

2-2.電子レンジを自己搬入ヤードに持ち込んで処分する方法

横浜市では、自己搬入ヤードに直接持ち込んで電子レンジを処分することも可能です。具体的な方法や流れは、以下を参考にしてください。

  1. 電話もしくはインターネットにて粗大ゴミ受付センターに回収を申し込む
  2. 横浜市指定の金融機関・郵便局・コンビニで粗大ゴミ収集シールを購入する
  3. 電子レンジの見やすい場所に粗大ゴミ収集シール貼る
  4. 予約日時になったら電子レンジを自己搬入ヤードに持ち込む

なお、横浜市の自己搬入ヤードは以下の4か所です。

鶴見資源化センター

  • 住所:横浜市鶴見区末広町1-15-1(鶴見工場内)
  • 持ち込み可能時間:9時~12時および13時~16時

港南ストックヤード

  • 住所:横浜市港南区日野南3-1-2(港南資源回収センター内)
  • 持ち込み可能時間:9時~12時および13時~21時

長坂谷ストックヤード

  • 住所:横浜市緑区寺山町745-45
  • 持ち込み可能時間:9時~12時および13時~16時

神明台ストックヤード

  • 所:横浜市泉区池の谷3949-1(神明台処分地内)
  • 持ち込み可能時間:9時~12時および13時~16時

各自己搬入ヤードの周辺地図や休日などは、横浜市の粗大ゴミ自己搬入ヤード説明ページを参考にしてください。

2-3.横浜市における電子レンジの処分費用は?

電子レンジを横浜市で粗大ゴミに出す場合、処分費用は1台に付き500円です。なお、横浜市では生活保護世帯などの対象世帯は、年間4個まで粗大ゴミを無料で処分できます。ただし、粗大ゴミの回収依頼時に申告する必要があるので注意しましょう。対象となる世帯など、より詳しい内容は、横浜市の粗大ゴミ処理手数料の免除を希望する方説明ページを参考にしてください。

3.不用品回収業者に電子レンジの処分を依頼する方法

不用品回収業者に電子レンジの処分を依頼する方法や流れなどを詳しく解説します。

3-1.信頼できる不用品回収業者を選ぶ

電子レンジの処分は、以下の条件を満たす業者を選んで依頼することをおすすめします。

  • 不用品回収の実績が豊富にある
  • 回収後の不用品をきちんと再販・再資源化している
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 横浜市がサービスエリア内
  • 都合のよい日時に回収してもらえる
  • 不用品の買取も行っている
  • 顧客からの評判がよい
  • スタッフが親切で感じがよい
  • 業務に必要な許認可を取得済み

なお、当Ecoearth 不用品片付け神奈川.COMでも、不要になった電子レンジの処分をお受けしています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

3-2.見積もりを確認してから正式に依頼する

信頼できる業者を選んだら、電子レンジの処分を正式に依頼する前に希望集荷日時・場所を伝えて、見積もりをもらいましょう。電子レンジのほかにも処分したい不用品があるときは、内容と物量を大体でよいので忘れずに伝えてください。業者から見積もりが届いたら、以下の内容をチェックしましょう。

  • 見積もりの発行日・担当者名・社名・所在地の記載があるか
  • 見積もりが書面で届いた場合は、社印が押印されており正式なフォーマットで発行されているか
  • 依頼内容どおりに作成されているか
  • 回収費用が納得できる金額か
  • 不明な項目で計上されていないか

上記のポイントをチェックして見積もりの内容に問題がなければ、電子レンジの処分を正式に依頼してください。もしも不明な点があるときは、業者に連絡して説明してもらいましょう。場合によっては、再発行してもらうことも必要です。

3-3.不用品回収業者に電子レンジの回収を依頼したときの費用目安は?

不用品回収業者に電子レンジの回収を依頼した場合、場所・日時指定で出張回収では1回数千円程度~が相場になります。電子レンジを回収するためには、スタッフや車両を手配する必要があるからです。なお、電子レンジ1台だけの処分だと回収費用が高く付くことがあるので、この機会にそのほかの不用品を処分することを検討してみるとよいでしょう。

4.まだ使える電子レンジを買取に出す方法

不要になった電子レンジでも、まだ十分に使えるものは買取に出せることがあります。

4-1.電子レンジを買取してもらえる条件は?

電子レンジで以下のような条件を満たしたものは、買取してもらえる可能性が高いでしょう。

  • 人気メーカー品(日立・東芝・シャープ・パナソニック・三菱電機・デロンギなど)
  • 高性能で元値が高価な機種
  • 年式が新しい
  • ほぼ新品に近い状態
  • ひどい汚れや傷・臭いなどがない
  • 購入時の付属品がそろっている

4-2.電子レンジを買取に出す方法

電子レンジを買取に出す方法を詳しく見ていきましょう。

4-2-1.リサイクルショップに買取してもらう

電子レンジでもほぼ新品に近い状態のものは、リサイクルショップに買取してもらえることがあります。買取を希望するときは、リサイクルショップの店頭に持ち込むなどにより、査定を申し込んでください。買取可能で提示金額に納得できる場合は、そのまま買取を依頼しましょう。なお、買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないので注意してください。

4-2-2.不用品回収業者に買取してもらう

不用品回収業者でも、電子レンジの買取を依頼できることがあります。買取を希望するときは業者に査定を申し込みましょう。買取可能で提示金額に納得できる場合は、正式に買取を依頼してください。なお、不用品回収業者では買取不可になっても、そのまま引き取り処分を依頼することができます。ただし、引き取り処分になった場合は、数千円程度の処分費用がかかることもあるでしょう。

4-2-3.ネットオークションやフリマアプリに出品する

ネットオークションにゃフリマアプリに出品して、電子レンジを売ることもできます。普段から利用していて取り引きの流れに慣れている人は、検討してみるとよいでしょう。自分が売りたい価格を設定できる点などがメリットになります。ただし、実際には業者が新品を出品しているケースも多く、個人で中古品を出品していると不利になりやすいのも事実です。自分でクレームや支払い遅延の対応をする必要がある、こん包や配送の手配が面倒などのデメリットも多いので、出品する前によく考えてみてください。

4-3.買取不可の場合にどうするか考えておく

電子レンジが買取不可になった場合、どうするか考えておくことも必要です。電子レンジは調理器具なので、特に査定時は汚れなどを厳しくチェックされます。そのため、買取不可になるケースも多いのが現状です。万が一電子レンジが買取不可になった場合は、ほかの業者に査定を依頼することもできます。また、買取をあきらめて処分することも検討しましょう。なお、不用品回収業者に買取を依頼すると、買取不可になった場合でもそのまま引き取り処分を依頼できて便利です。

5.横浜市の電子レンジ処分に関するよくある質問

最後に、横浜市の電子レンジ処分に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.電子レンジのターンテーブルだけ処分する方法は?
A.横浜市では、電子レンジのターンテーブルを不燃ゴミとして回収してもらうことができます。不燃ゴミとして処分する場合は、地域ごとの曜日(週2回)・時間・集荷場所を守って出してください。

Q.横浜市に電子レンジを粗大ゴミで出す場合も掃除が必要?
A.特に必要ありません。ただし、集荷場所に運ぶときに汚れが手や衣類に付着しないよう、外観を軽く掃除しておくことをおすすめします。

Q.粗大ゴミの集荷日時を忘れて出すことができなかった場合は?
A.再度粗大ゴミ受付センターに回収を申し込み、集荷日時の指示を受けてください。なお、粗大ゴミ収集シールはそのまま使用することができます。

Q.不用品回収業者の回収後でも処分依頼をキャンセルできる?
A.業者に確認してみてください。タイミングによっては、すでに電子レンジが再販・再資源化されていることもあります。キャンセルできる場合でも、返送手数料などは自己負担になるでしょう。

Q.電子レンジを高く買取してもらうコツは?
A.以下を参考にしてください。

  • キレイにクリーニングしておく
  • 購入時の付属品をそろえておく
  • 不要になったらできるだけ早く買取に出す
  • 電子レンジの買取を強化している業者に依頼する

なお、買取してもらう場合でも回収費用が必要になると実際に受け取る金額が少なくなります。回収費用が高く付くと買取に出す意味がないので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

今回は、横浜市で電子レンジを処分する方法について詳しく解説しました。横浜市では、電子レンジを粗大ゴミに出すことができます。ただし、粗大ゴミに出すと貴重な資源をリサイクルすることができません。また、依頼してから処分できるまで2週間程度かかるほか、集荷場所に運ぶ手間もかかるなどのデメリットもあります。たとえば、不用品回収業者に電子レンジの処分を依頼すれば、都合のよいに日時に回収してもらえる、そのほかの不用品も同時に処分できるなどとても便利です。また、回収後の電子レンジは再販・再資源化などで有効活用してもらえます。この記事を参考に信頼できる不用品回収業者を選び、相談してみるとよいでしょう。


不用品回収業者をお探しの方は以下もチェック!

365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス
サービスエリア
川崎市(川崎区・幸区・中原区・高津区・多摩区・宮前区・麻生区・相模原市・緑区・中央区・南区)・横浜市(鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・港南区・保土ヶ谷区・旭区・磯子区・金沢区・港北区・緑区・青葉区・都筑区・戸塚区・栄区・泉区・瀬谷区)・相模原市三浦市横須賀市逗子市鎌倉市藤沢市茅ヶ崎市葉山市大和市綾瀬市海老名市座間市平塚市伊勢原市厚木市秦野市小田原市南足柄市箱根市湯河原市など(一部地域を除く)。