ドライヤーの処分はどうすればいいの? 悩んでいる人は要チェック!


ドライヤーの処分方法って?

ずっと使い続けているといつかは壊れてしまう電化製品。髪を乾かすために必要になるドライヤーも壊れてしまうことはあるでしょう。古いドライヤーを処分したい場合、処分方法について分からない人は多いはずです。ドライヤーの処分方法について詳しくみていきたいと思います。悩んでいる人はぜひチェックしてください。

  1. 自治体のゴミとして捨てる
  2. 不用品回収業者に依頼する
  3. 家電屋で回収してもらう

1.自治体のゴミとして捨てる

自治体のゴミ処理場

自治体の不燃ゴミ収集日にドライヤーを処分することができます。多くの自治体ではドライヤーの種類は「不燃ゴミ」となっていますが、なかには違うゴミとして捨てなければならないように決められているところもあるようなので処分するまえに必ず確認しておいてください。ドライヤーの大きさによっては「粗大ゴミ」になる可能性もあります。自治体のゴミとして捨てる場合は、確認し、適切なゴミ袋にいれてゴミ収集所までもっていってください。

また、役所などに設置されている小型家電回収ボックスにいれることもできます。回収ボックスは市町村内にある公共施設に置かれているのでホームページで確認しておきましょう。回収ボックスにはドライヤーをいれるだけなので比較的簡単に処分できます。

ドライヤーはゴミとして処分できるんですね。
はい。何ゴミになるかは自治体のサイトなどを確認してください。

2.不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者の依頼

古くなった、使わなくなったドライヤーを回収している業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者に依頼する場合、必ずチェックしてほしいのが“回収費用”です。業者によって回収費用には差があり、できるだけお金を使いたくない人はいくつかピックアップして比較してみると良いでしょう。そのなかで1番費用が安くつく業者を選ぶことができます。

だいたいの目安は500円~ほどです。ドライヤーひとつによって500円とワンコインで回収してくれるので家電製品のなかでもお得に済みます。ほかにも回収してもらいたい家電製品があれば一緒に回収してもらうとより費用を安く抑えることができるのでオススメです。

不用品回収業者に依頼してもドライヤーを回収してくれるんですね。
はい。ドライヤー以外にも不用品がたくさんある場合におすすめです。

3.家電屋で回収してもらう

家電屋で回収

ドライヤーは小型家電リサイクル法に含まれている家電製品です。家電屋に置いてある回収ボックスにドライヤーをいれたら店側でリサイクルしてくれるようになっています。ドライヤーの処分方法として最初に説明した、自治体の回収ボックスもリサイクル業者や家電屋と協力しているのです。

家電屋に用事がある場合は使わなくなったドライヤーももっていき、店内にあるボックスにいれると良いでしょう。費用もかかりませんし、気軽に処分することができます。回収されたドライヤーは細かい部品にわけられ、リユースされていくことになります。

家電屋でも回収を依頼できるんですね。
はい。新しいドライヤーを買い替えたときに利用してみましょう。

まとめ

ドライヤー処分まとめ

  • 自治体のゴミとして処分する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 回収ボックスにいれる

以上の3点がドライヤーの主な処分方法です。あなたが利用しやすい方法でドライヤーを処分していってください。自治体のゴミとして処分する場合はくれぐれもどのようなゴミとして出せば良いのか確認してから捨ててくださいね。また、不用品回収業者に依頼する場合は、500円ほど回収費用がかかってしまうので要注意です。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス