ソファーを上手に処分する方法は? 買取に出すポイントも解説!


「ソファーの捨て方が分からない」「まだ使えるソファーを処分するのはもったいない」など、ソファーの処分でお悩みの方は多いでしょう。一般的に、ソファー等の大型家具は自治体処分で粗大ゴミ扱いになります。決められた場所へ持ち運ぶ必要があるため、搬出や運搬に困りがちです。ではどうすれば楽に処分できるのでしょうか。

本記事では、ソファーの処分方法とポイントについて解説します。

  1. ソファーは粗大ゴミに分類される
  2. 自治体に処分を依頼する方法
  3. 不用品回収業者に依頼する方法
  4. ソファーは買取に出せる?
  5. ソファーの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、ソファーを手軽に処分するコツが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.ソファーは粗大ゴミに分類される

まずは、ソファーが自治体処分で何ゴミに分類されるのかチェックしておきましょう。

1-1.ソファーは粗大ゴミに分類されることが多い

ソファーは、ほとんどの自治体で粗大ゴミに分類されています。多くの自治体では、一辺30cm以上を粗大ゴミとして扱っているのです。ソファーのほとんどは一辺が30cm以上となるため、粗大ゴミになる可能性が高いと言えるでしょう。1人がけソファーでも幅80cm前後のサイズがほとんどです。ソファーの構造や素材にもよりますが、2人がけソファーの場合は重さが30kg以上となるでしょう。そのため、処分するのも手間がかかり大変です。

1-2.自治体によってゴミの分類が異なる

前述したように、ソファーは粗大ゴミにされることがほとんどです。ただし、自治体によってゴミの分類や処分方法が異なるため、念のためホームページや掲示板等で確認したほうがいいでしょう。スプリング入りのソファーは処理困難物として扱われるケースがあります。その場合は、自治体で回収できないか、回収費用が高くなる可能性があるので注意が必要です。ソファーを自治体回収で処分する場合は、きちんとお住まいの地域のルールを確認してください。

1-3.自分で分解するのは危険

ソファーを分解すれば不燃ゴミまたは可燃ゴミとして処分できるというルールの自治体もありますが、自分で分解するのは危険なので絶対にやらないでください。ソファーが大きいほど、分解するのはとても困難になります。分解する際に、スプリングやコイルで手をケガする可能性もあるのでおすすめしません。たとえ、分解できたとしても、素材ごとに細かく分類し回収日を待たなければならなくなるでしょう。分解したほうが処分に時間と手間がかかるのでデメリットのほうが大きいのです。

2.自治体に処分を依頼する方法

では、自治体に処分を依頼する方法とポイントなどについて解説します。

2-1.自治体という安心感と費用の安さが大きなメリット

自治体でソファーを処分してもらう大きなメリットは、安心感と費用の安さです。自治体が回収し正しく処分してくれるという安心感は、とても大きいものでしょう。また、自治体やソファーの大きさ・重量などで異なりますが、多くは2,000円以下で処分できるのも大きなメリットです。不用品回収業者に依頼するよりも手軽な価格で住むことができます。ただし、デメリットもあるのでしっかりとチェックしておかなければなりません。

2-2.搬出と運搬が困難な点がデメリット

自治体回収で処分する場合、自分たちで搬出・運搬する必要があります。自治体の中には、戸別回収を行ってくれるところもありますが、すべてが対応しているわけではありません。1人がけのソファーでも2~3人の人手が必要になるでしょう。また、玄関やエレベーターに入れることができるか、エレベーターがないアパートの場合どのように運搬するのか考えなければなりません。ソファーは大型サイズが多いため、搬出と運搬に苦労しがちです。

2-3.事前申し込みや処理券の購入が必要になる

基本的に、粗大ゴミを処分する際は事前の申し込みが必要となります。自治体のホームページまたは電話などにて申し込みをしてから、地元のコンビニやスーパー等で粗大ゴミ処理券を購入してください。そして、ソファーに粗大ゴミ処理券を貼りつけ、粗大ゴミ収集日に収集場所へ持ち込む方法が一般的です。収集場所は自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

2-4.費用は800~2,000円ほど

ソファーの大きさや重量などによって、処分費用が異なるので注意してください。たとえば、東京都新宿区の場合、粗大ゴミ処理券にはA券(200円)とB券(300円)の2種類があります。処分にかかる費用分を組み合わせて購入する仕組みです。参考として、ソファーの品目ごとの料金一例を以下にピックアップしてみました。

  • 1人がけ用ソファー:800円
  • 2人がけ用ソファー:1,200円
  • 3人がけ用ソファー:2,000円
  • 電動リクライニングつきの1人がけ用ソファー:2,000円
  • 電動リクライニングつきの2人がけ用ソファー:2,800円
  • ソファーベッド:2,000円

3.不用品回収業者に依頼する方法

自治体回収で処分するほかに、不用品回収業者に依頼する方法もあります。回収業者に依頼する際のポイントなどについてチェックしておきましょう。

3-1.不用品が大量にある場合におすすめ

ソファー以外にも処分したい不用品が大量にある場合、まとめて回収が依頼できる不用品回収業者がおすすめです。多くの回収業者は、出張回収を行っているため、一気に不用品が処分できます。また、ソファーは搬出・運搬が困難なので、自分で処分できないケースにも最適です。回収業者は大型家具の搬出・運搬に慣れているため、スピーディーかつ安心してお願いできるでしょう。

3-2.ホームページまたは電話で申し込みする

不用品回収業者に依頼する方法は、ホームページまたは電話で無料見積もりを依頼します。処分したい不用品の量や大きさ・重量などを確認した上で、見積額を確認し、納得すれば作業日を決めてください。そして、作業日にスタッフが不用品を回収しにやってきます。すべて作業が完了した後に費用を支払うことになるでしょう。不用品の量や業者によって具体的な手順が異なるため、事前に確認することをおすすめします。

3-3.処分費用・運搬費用・基本料金がかかる

不用品回収業者に依頼する場合、処分費用・運搬費用・基本料金がかかります。できるだけ、費用を安く抑えたい方は、お得な積み放題パックプランをおすすめします。

4.ソファーは買取に出せる?

状態や種類によっては、ソファーを買取に出すことができます。ここでは、ソファーを買取に出す方法とポイントを説明しましょう。

4-1.買取対象となるソファーは再利用できる状態

一般的に、買い取ってもらえるソファーは再利用できる状態のものに限ります。破れて中身が出てきたり、壊れて使えなかったりするものは買い手が見つからないため、買取不可になるでしょう。また、再利用できる状態だとしても古く色あせている状態のソファーもNGです。買取に出す前に、ソファーの状態をチェックしてください。高価買取が期待できるソファーは、ハイブランドの高級品か、新品または未使用品となります。

4-2.リサイクルショップまたは買取専門店

ソファーを買い取っている店舗は、リサイクルショップまたは買取専門店が代表的です。近くに店舗がある場合、直接持ち運ぶことができますが、1人掛け以外は難しいでしょう。買取店の中には、出張買取を行っているところもあるので利用すればいいかもしれません。まずは、ホームページまたは電話などから無料査定を依頼し、いくらで買い取ってもらえるのか確認してください。また、ほかにも処分したい家具があれば、あわせて査定してもらうといいでしょう。

4-3.買取を行っている回収業者に依頼するのもアリ

不用品回収業者の中には、不用品の回収だけでなく買取を行っているところもあります。たとえば、エコアースでは不用品の回収と買取が同時に利用可能です。再利用できるものは買い取り、できないものは回収しているため、二度手間にならずスピーディーに処分できます。海外にも販売ルートがあるので、他店で買取不可になったものでも買い取れる可能性もゼロではありません。ぜひ1度お問い合わせください。

5.ソファーの処分に関してよくある質問

ソファーの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.販売店で引き取ってもらうことはできるのか?
A.家具店や大型ホームセンターなどでは、新しく家具を購入した方に対して、古い家具の引き取りサービスを行っているところがあります。店舗によって異なりますが、無料または1,000~2,000円程度で引き取ってもらえるでしょう。新しい家具の搬入時に、古い家具も回収してくれるため、自分たちで搬出・運搬する必要がありません。ただし、引き取り可能な品目にソファーが含まれていない可能性もあるので事前の確認が必要です。

Q.ソファーを高く売るポイントは?
A.要らなくなったらすぐに売ることです。ソファーに限らず、新しいものほど買い取ってもらえる可能性が高まります。製造からどのくらいの年月が経過しているのか、査定前に確認しておいたほうがスムーズに買取が進められるでしょう。また、傷や汚れの有無も査定に響くため、できるだけキレイな状態を保ち続けることが大切です。査定前には、キレイに掃除をしておくと見た目がよく、買取額が上がる可能性もあるでしょう。

Q.業者選びのポイントは?
A.どの業者に回収を依頼すればいいのか分からないときは、回収実績やスタッフの対応に注目してください。不用品の回収実績がある業者は、丁寧な対応が特徴的でスピーディーな作業をしてくれます。また、産業廃棄物収集運搬許可や古物商許可を取得しているかどうかも要チェックです。許可を取得していない業者は悪徳業者の可能性が高いので、安易に利用しないようにしましょう。

Q.高く売れるソファーの人気ブランドは?
A.ノイエス・アイラーセン・心石工芸・ミヤタ・スタンリーズ・ヴァレオ・モノバなどがあります。大量生産品よりも人気ブランドで数量限定モデルのほうが、中古市場での需要が高いので高価買取が期待できるでしょう。少し奮発して購入したソファーは高く売れる可能性があるため、処分ではなく査定を依頼してみてください。複数の業者に無料見積もりを依頼すれば、最も高値がついたところに依頼できるでしょう。

Q.処分費用を安く抑えるコツは?
A.ソファーだけでなく、複数の家具を一緒に処分することです。1点ずつ処分するよりもまとめて処分したほうが、お得になる可能性があります。また、回収だけでなく、買取を行っている業者に依頼するのもポイントの1つです。不用品の中から買い取ってもらえるものが多ければ、その分処分費用にあてることができます。複数の業者に見積もりを依頼し、その中から低費用で処分できるところを選ぶのも方法の1つでしょう。

まとめ

ソファーは多くの自治体で粗大ゴミ扱いとなるでしょう。粗大ゴミを処分する場合、数百円〜2,000円と低費用で捨てることができますが、自分で搬出・運搬しなければならないというデメリットがあります。ソファーは大型サイズが多いため、難しい場合は回収業者に依頼したほうが安心です。ほとんどの回収業者では出張回収を行っています。買取サービスも利用できる業者に依頼すれば、処分費用を最小限に抑えることができるでしょう。悪徳業者に引っかからないようにするために、複数の業者に見積もりを依頼してください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス