家電は何ゴミになる? 廃棄処分のコツやお得な方法を詳しく解説!


家電は、私たちの暮らしを豊かで便利なものにしてくれます。しかし、寿命や買い替えなどのため、廃棄が必要になる場合があるでしょう。処分しようとしても、家電にも種類がたくさんあるため、ゴミの分類に迷うものです。正しく廃棄するためにも、家電が何ゴミになるのか、知る必要があります。今回は、家電のゴミの分類と共に、ゴミ以外の処分不法について詳しく解説しましょう。

  1. 家電は何ゴミになる?
  2. 家電の廃棄方法について
  3. 不用品回収・買い取り業者を利用する場合
  4. エコアースの業務紹介
  5. ​家電のゴミの部類や廃棄に関するよくある質問

この記事を読むことで、家電の種類によって正しく分別し、適切に処分することができます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.家電は何ゴミになる?

最初に、家電は何ゴミになるのか、種類ごとに解説します。

1-1.ゴミの種類ごとに解説

以下は一例であるため、詳しくは自治体で決めたルールに従って分類してください。

1-1-1.不燃ゴミ

自治体で不燃ゴミとして出せる家電は、主に以下のとおりです。1辺の長さが大体30cm以下であることが主な条件となります。たとえば、以下の家電は不燃ゴミとして出すことができるものです。

  • ドライヤー
  • アイロン
  • 電源タップ
  • CDラジカセ
  • 電子レンジ
  • オーブントースター
  • コーヒーメーカー
  • 炊飯器
  • 掃除機(小型のもの)

1-1-2.粗大ゴミ

以下の家電は、粗大ゴミとして分類することが多くなります。1辺の長さが大体30cmを超える家電は、粗大ゴミとなるでしょう。主なものは、以下のとおりです。

  • 暖房機器
  • 家庭用プリンター
  • オーディオ機器
  • こたつ本体
  • 掃除機(大型のもの)

1-1-3.小型家電リサイクル法による処分

小型家電リサイクル法は、スマートフォンやタブレットPC・CDラジカセなど、小型家電に含まれる有用金属などの資源を有効活用するための法律です。指定品目については、自治体ごとに異なるため必ず確認してください。なお、現時点では、指定品目であっても自治体での回収は努力義務であるため、一般ゴミに出すこともできます。しかし、資源リサイクルの大切さを考え、できるだけ指示に従って処分しましょう。

1-1-4.家電リサイクル法による処分

家電には、レアメタルなど貴重な資源が多く使われています。家電リサイクル法の指定品目は、メーカーが責任を持って回収・リサイクルする義務があるため、自治体にゴミとして回収してもらえせん。なお、家電リサイクル法の指定品目は、以下の4品目です。処分するときは、自治体に依頼する以外の方法を考えてください。

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機

1-2.家電のゴミの分類に関する注意点

家電のゴミの分類は、自治体によって品目が異なります。A市では不燃ゴミ扱いであったものでも、B市では粗大ゴミとなることもよくあるのです。まずは、自治体の分類ルールを確認してください。自治体ごとに決められた分類を守って処分しましょう。ゴミの分類ルールについては、自治体のホームページに掲載してあったり一覧が家庭ごとに配られたりすることもあります。

2.家電の廃棄方法について

家電の廃棄方法について、ゴミの分類ごとに解説します。

2-1.不燃ゴミの場合

不燃ゴミは、回収曜日と時間が決まっていることが多く、1~2週に1回程度のペースで出すことができます。指定のゴミ袋に入れる・そのままで出すなど、自治体のゴミ出しルールに従ってください。なお、指定曜日・時間以外に出すことは、集荷場近辺の住民の迷惑になるのでやめましょう。

2-2.粗大ゴミの場合

粗大ゴミの場合は、基本的に自治体への事前連絡が必要になります。粗大ゴミ受付窓口に連絡後、回収日時・場所・料金の指示を受けましょう。通常、家電1個につき、数百~二千円程度の回収費用がかかります。コンビニなどで費用分の「粗大ゴミリサイクル券」を購入し、家電に貼り付けてから出してください。なお、自治体によって対象家電・費用が異なるので注意しましょう。

2-3.小型家電リサイクル法対象品目の場合

小型家電リサイクル法対象品目は、区役所などに設置されている専門の回収ボックスに投入してください。自治体で回収し、適切にリサイクルしてもらえます。回収費用は無料です。ただし、現時点では回収ボックスが区役所などに限られるため、不便な場合があります。また、自治体が指定した品目以外の家電を入れないようにしてください。

2-4.家電リサイクル法対象品目の場合

家電リサイクル法の対象4品目は、法律により自治体でゴミとして回収・処分することができません。廃棄するときは、メーカーの回収サービスを受ける・リセールする・リサイクルショップに売る・不用品回収業者に依頼するなどの方法を検討しましょう。適切な方法で処分することで、貴重な資源を有効活用することができます。

3.不用品回収・買い取り業者を利用する場合

不用品回収・買い取り業者を利用する場合に必要な知識を身につけましょう。業者の探し方や注意点・依頼方法など詳しく解説します。

3-1.業者の探し方や注意点

不用品回収・買い取り業者に依頼する場合の選び方や注意点をそれぞれ解説します。

3-1-1.信頼できる業者の特徴

家電を廃棄する際は、以下の条件を満たした業者を利用しましょう。

  • 家電の回収・処分の実績が豊富
  • 再販価値があるものは高額で買い取りしている
  • 資源リサイクルを積極的に行っている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな料金設定
  • 要望に合わせてさまざまなプランがある
  • 指定日時・場所での回収が可能
  • スタッフの感じがよく説明がわかりやすい
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可などを得ている

3-1-2.こんな業者には注意しよう

不用品回収のニーズが高まり、多くの業者が参入してきています。しかし、中には必要な免許を持たずに不法営業していることもあるので注意しましょう。突然訪問してきて「無料で不用品を回収している」などと言い、家に上がり込もうとする業者とは契約しないでください。後から理由をつけ、有料としたり貴金属などを不当に安い価格で買い取っていったりするなど、悪質です。被害に遭わないためにも、不審な業者の勧誘はキッパリと断ってください。

3-2.家電の回収を依頼する方法

家電の回収方法は、以下の3つが主になります。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便を利用して業者に送付する
  • 出張回収:場所と日時を指定し、業者に回収依頼をする

なお、家電は大きくて重いものが多いため、店頭持ち込みや宅配回収では対応できない場合があります。出張回収なら、大量の家電でも楽に処分できるのでおすすめです。

3-3.回数手数料がかかるケースは?

家電の回収では、回収手数料がかかるケースもあるものです。たとえば、家電リサイクル法の対象品目は、別途手数料が必要とすることもあります。また、契約プランによって、家電リサイクル法の対象品目の数が決まっており、一定数以上になると別途回数手数料が発生することもあるでしょう。なお、業者によっては、汚れ・故障などで再販不可である家電を有料としていることもあります。

3-4.買い取ってもらえる家電もある

家電の中には、買い取りしてもらえるものもあります。対象となる条件に関しては、以下を参考にしてください。

  • 年式が新しい
  • 使用感が少ない
  • 傷や汚れなどがない
  • 使用説明書・付属品がそろっている
  • 人気のメーカー・ブランドである

業者によっても、買い取りの条件が異なるため、まずは相談してみてください。

4.エコアースの業務紹介

エコアースでは、家電をはじめさまざまな品目を回収処分しています。主な対象品目や利用メリット・利用方法をご紹介するので参考にしてください。

4-1.回収処分の対象品目

エコアースでは多品目にわたって回収しています。主な回収品目は、以下のとおりです。

  • 家電製品(家電リサイクル法対象品目・小型家電リサイクル法対象品目を含む)
  • 家具(ベッド・タンス・ダイニングテーブル・ダイニングテーブル・こたつなど)
  • 生活雑貨(タイヤ・おもちゃ・自転車・キッチン用品など)

なお、上記のほかにもさまざまなものを回収処分していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

4-2.エコアースの利用メリット

エコアースをご利用いただく場合、多くのメリットがあります。主なものについて詳しく解説しましょう。

4-2-1.処分費用が安い

エコアースでは、一般的な不用品回収業者と比べて20~50%ほど安い料金で処分しています。サービスの品質を落とさずに料金だけ抑えているので、お客様からの評判も上々です。できるだけ安く家電を処分したいときは、ぜひお任せください。大量の不用品がある場合は、お得なパックプランもご用意しています。

4-2-2.高額買い取りをしている

不要になった家電でも、中古品としての再販価値があるものが多くあります。エコアースでは、できるだけ高額買い取りを行っているのでご相談ください。ほかの不用品の処分費用と相殺できてお得です。

4-2-3.万が一のときの補償もある

エコアースでは、回収作業のときに建物や家具に傷をつけないよう、細心の注意を払って作業しています。経験豊富なスタッフが作業にあたり、丁寧に回収するのでご安心ください。なお、万が一のときのために、請負賠償保険にも加入しています。

4-2-4.お得なキャンペーンを行っている

初回利用の方は、お得なキャンペーンを利用可能です。たとえば、軽トラパック(2.3㎡)は通常30,000円ですが、初回限定7,000円でお受けしていますま条件に当てはまる場合は、とてもお得ですからぜひご利用ください。なお、問い合わせ専用フォームからのご依頼で、1,000円引きなどが適用できる場合もあります。

4-3.利用方法について

まずは、エコアースにご連絡ください。フリーダイヤルのほか、問い合わせ専用フォームをご用意しています。いずれか都合のいい方法にて、依頼内容をお伝えください。問い合わせ専用フォームでご連絡いただいた場合は、通常24時間以内にお電話でのご返答を心がけています。この機会に、家電の処分に関する不安や疑問など何でもお聞きください。経験豊富なスタッフがわかりやすくお答えします。

5.家電のゴミの分類や廃棄に関するよくある質問

最後に、家電のゴミの分類や廃棄に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にし、役立ててください。

Q.不燃ゴミや粗大ゴミで出すのがお勧めできない理由は?
A.ゴミとして処分するのでは、貴重な資源をリサイクルできないからです。また、ゴミ処理費用や手間が自治体の負担になり、エコの面でもよくありません。家電は、できるだけリサイクルできる方法で処分してください。

Q.メーカーに依頼すれば家電を引き取ってもらえるのですか?
A.家電メーカーでは、自主的に自社製品の回収を行い、資源リサイクルしていることもあります。しかし、対象品目が限られていることも多く、依頼してもリサイクルできるとは限りません。家電メーカーが引き取りおよびリサイクル義務を負うのは、家電リサイクル法の指定品目であるテレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機だけとなることを覚えておきましょう。

Q.故障した家電も処分してもらえるのですか?
A.多くの業者では、故障した家電を有料で回収しています。故障していても、貴重な資源になることは明らかであり、リサイクル価値が高いからです。ただし、実際にいくらで処分できるかは、業者や家電の種類・量によっても異なるので見積もりをもらって検討してください。

Q.業者に渡した家電は本当にリサイクルしているのですか?
A.きちんとした業者なら、回収後の家電を素材ごとに分解し、適切な方法でリサイクルしています。家電には貴重な資源が多く使われているので、資源リサイクルをすることで利益が出るからです。ただし、不法業者の場合は、適当な森林に廃棄してしまうこともあるので注意しましょう。

Q.見積もりよりも回収費用が高くなる場合の理由は?
A.さまざまな理由が考えられます。たとえば、見積もりのときより量が増えた・回収が難しい場所を指定した(マンションの高層階からの荷物出しなど)・家電の査定金額が下がったなどです。まずは、業者に理由を説明してもらいましょう。信頼できる業者なら、きちんと説明してくれます。

まとめ

今回は、家電の処分や廃棄について詳しく解説しました。不要になった家電でも、再販や資源リサイクルに回すことができます。ゴミとして捨てるよりも有益なので、積極的に考えましょう。なお、家電リサイクル法の指定品目はゴミとして出せないため、メーカー回収などほかの廃棄方法を検討してください。また、小型家電リサイクル法の指定品目は、できるだけ専用の回収ボックスに入れましょう。さまざまな処分方法の中でも、最も簡単で便利なのが不用品回収業者の利用です。指定日時・場所での回収が可能で、重たい思いをして集荷場所に運ぶこともなく、すっきり片づきます。状態のいいものは買い取り対象になるなど、メリットも多いのでおすすめです。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス