【徹底解析】PCの廃棄方法・データ消去法とは? ~法人の場合~


不要になった業務用PC(パソコン)は、産業廃棄物です。産業廃棄物は、自治体での処分・回収ができないので、ほかの方法で処分しなければなりません。誤って処分すれば、不法投棄になるおそれがあるので注意が必要です。正しくスムーズに処分するためには、業務用パソコンの処分方法と注意点を知る必要があります。そこで、本記事では、法人のPCの廃棄方法を詳しく説明しましょう。

  1. 法人のPC廃棄について
  2. 法人のPC廃棄方法
  3. 法人のPC廃棄~データ消去について
  4. 法人のPC廃棄~業者に頼む場合
  5. 法人のPC廃棄に関してよくある質問

この記事を読むことで、法人のPCを処分するために必要な情報を得ることができます。悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.法人のPC廃棄について

まずは、法人のPCについて把握することが大切です。「パソコン3R推進協会」についてもチェックしておきましょう。

1-1.法人のPCについて

パソコンに限らず、企業・お店など法人で使用したものは「産業廃棄物」扱いとなります。排出事業者は「事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない」という法的責任があるのです。産業廃棄物は自治体で回収できないので注意しなければなりません。もし、ゴミ置き場に捨ててしまえば、「廃棄物の処理および清掃に関する法律(廃棄物処理法)」の違反として罰金が科せられることもあります。

1-2.パソコン3R推進協会について

パソコン3R推進協会は、平静16年5月に設立された協会です。「資源の有効な利用の促進に関する法律」に基づき、パソコンおよびパソコン用ディスプレーの3Rを促進しています。3Rとは、リデュース・リユース・リサイクルのことです。
公式ホームページでは、法人PCにおけるリサイクルの手順やメーカー窓口一覧などが記載されているので、ぜひ参考にしてください。

2.法人のPC廃棄方法

主な廃棄方法は、メーカー回収・リサイクルショップ・専門業者などがあります。それでは、法人PCを正しく処分する方法をチェックしていきましょう。

2-1.メーカーによる回収

「資源有効利用促進法」に基づき、事業系パソコンはメーカーによるリサイクルが義務づけられています。メーカー窓口一覧は、「一般社団法人 パソコン3R推進協会」のホームページで確認できるのでぜひチェックしてください。回収場所・機種・台数などによって回収料金は異なります。メーカー回収という正規の方法で処分できる安心感はありますが、見積もりをきちんと確認することが大切です。

2-2.リサイクルショップ

近場のリサイクルショップを利用して処分するのも方法の1つです。正常に使えるものであれば、ほとんどのリサイクルショップで買い取ってもらえるでしょう。しかし、幅広い商品を扱っているリサイクルショップの中には、パソコン関連の知識に乏しいところもあるので適正額で買い取ってくれるか分かりません。また、直接持ち込まなければ査定してもらえないリサイクルショップもあるでしょう。

2-3.専門業者

パソコン関連の買い取り・回収を行っている専門業者は知識が豊富です。きちんと査定をして、適正額で買い取ってもらうことができるでしょう。また、買い取りだけでなく、不用品の回収を行っているところもあります。買い取ってもらえない場合は、回収してもらえるので手間と時間がかかりません。ただし、中には、不正を働く業者もいるので注意が必要です。

2-4.そのほか

ほかには、ネットオークションなどの方法があります。ネットオークションは登録をすれば気軽に始められる点から、年々利用者が増えているのです。自分で出品額を決められますが、落札者とのトラブルも増えているので注意しなければなりません。また、法人のPCは顧客・企業の気密情報も含まれているため、データの完全消去が必要です。

3.法人のPC廃棄~データ消去について

なぜ、データの消去が必要なのでしょうか。具体的な消去方法などを説明します。

3-1.データ消去の必要性

パソコンには、ほかの企業や顧客とやり取りしたメール内容・写真・ファイル・顧客情報など、さまざまなデータが残っています。データをきちんと消去せずに処分すれば、それらの内容がすべて外部に流出するおそれがあるのです。近年、大企業の情報流出が話題になっていますが、PCを処分する際はトラブルを防ぐためにデータの完全消去が必要となります。企業・店舗は信頼が最も大切なので、信頼を失うようなトラブルは避けなければなりません。

3-2.データ消去方法

主なデータ消去方法は、専用ソフトによる論理的消去と物理的破壊の2つがあります。専用ソフトを使用すれば、パソコン内部のデータの完全消去が可能です。また、ハードディスクを取り出し、カナヅチなどで傷をつけると読み込みができなくなります。しかし、法人パソコンの場合は、数が多いので業者へ依頼したほうがよいでしょう。

3-3.データ消去証明書について

業者にデータ消去を依頼する際は、データ消去証明書を発行してもらいましょう。データ消去証明書は、業者が責任をもってデータ消去をしたという証(あかし)になります。「依頼したのにデータが流出した」など、後でトラブルにならないためにも、証明書を発行しておいたほうがよいでしょう。ちなみに、データ消去証明書の発行には、お金がかかる可能性があります。依頼前に、いくらかかるのか確認してくださいね。

3-4.注意点

「初期化すればデータが消去できる」と思っている方が多いですが、完全消去はできません。あくまで、初期化は表面上のデータを消すだけです。フォルダに残っていなくても、ハードディスクには残っているため、復元ソフトを使用すればデータが復活します。初期化だけでは不十分なことを、きちんと覚えておきましょう。

4.法人のPC廃棄~業者に頼む場合

スムーズに処分するためには、業者に依頼するポイントを押さえておかなければなりません。ここでは、業者選びのポイント・回収方法・費用などについて説明します。

4-1.業者選びのポイント

パソコンの回収・処分を行う業者はたくさん存在しています。中には、不正を働く悪徳業者もあるので注意しておかなければなりません。悪徳業者と優良業者を見極めるためのポイントを、きちんと把握しておきましょう。注目すべきポイントは、以下のとおりです。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 回収だけでなく、買取サービスも行っている
  • 産業廃棄物収集運搬許可を取得している
  • 回収までの流れや料金設定がホームページに記載されている
  • 不用品の回収・買取の実績がある
  • 低価格で処分でき、高額買取が期待できる
  • 定額パックなど、サービス内容が充実している

エコアース」では、不用品の格安片付け・高価買取を行っています。技術・知識が豊富な専門スタッフが作業を行うのでご安心ください。

4-2.回収方法

主な回収方法は、出張回収です。直接業者がやってきて、その場で査定・回収を行います。大量にある法人パソコンでも、オフィスにやってきてくれるので運搬する必要がありません。仕事でバタバタしていても、手間と時間をかけずに処分できるでしょう。ただし、業者によって回収方法が異なるため、出張回収が利用できるか事前の確認が必要です。

4-3.無料回収の場合

業者の中には、無料回収を行っているところもあります。ただし、利用の際には注意しなければなりません。なぜなら、無料といいつつ後で料金を請求する悪徳業者が増えているからです。無料回収を利用する場合は、なぜ無料で回収できるのか理由を確認してください。たとえば、「エコアース」では、再販可能な買取を行いリサイクルを行っています。処分に無駄な費用をかけないからこそ、無料回収ができるのです。

4-4.費用について

業者へ依頼する場合は、料金設定・見積もりを確認することが大切です。料金体系が明確になっている・見積もりが細部まで記載されている業者なら、安心して依頼できるでしょう。参考として、「エコアース」の料金設定を以下にピックアップしてみました。

  • デスクトップパソコン・ノートパソコン:1,000円(税別)
  • 一体型パソコン:2,000~3,000円(税別)
  • ディスプレー:1,000~2,500円(税別)
  • サーバーマシン:4,000円(税別)

詳細に関しては、業者に見積もりを依頼しましょう。中には、処分費用+搬出費用や人件費などが追加される可能性もあるので、細部までチェックしてください。

4-5.申し込み方法

申し込み方法は、電話またはホームページのフォームから可能です。無料見積もり・無料相談を行っている業者もあるので、まずは1度相談してみてはいかがでしょうか。「エコアース」では、年中無休で無料見積もりを実施しています。処分・買い取りを検討している方は、ぜひ1度お問い合わせください。

4-6.注意点

近年、悪徳業者とのトラブルが増加しています。たとえば、「見積書に記載されていない追加料金を請求された」「回収後、不法投棄をされていた」などです。特に、法人パソコンは大切なデータが含まれています。外部にデータが流出してからでは遅いため、きちんと信用できる業者を見極めなければなりません。複数の業者を比較して、サービス内容・見積もりなどをチェックしてくださいね。

5.法人のPC廃棄に関してよくある質問

法人のPC廃棄に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.メーカーによる回収の手順が知りたい
A.パソコンメーカーまたはPC3R推進協会に申し込みをします。提出された見積書を確認した上で契約となり、輸送伝票が送られてくるので必要事項を記入してください。そして、輸送会社に回収・配送を依頼し、回収センターへ送られる仕組みです。申し込み先から、資産減却報告書が送られてくるので、きちんと保管してくださいね。

Q.PCリサイクルマークとは?
A.平成15年10月以降に販売された家庭向けパソコンに貼りつけてあるマークです。PCリサイクルマークがついているものは、無償廃棄ができます。しかし、事業所で使用するパソコンは、PCリサイクルマークの有無にかかわらず、原則として回収再資源化料金がかかるので注意してください。

Q.梱包(こんぽう)は必要なのか?
A.メーカーによって詳細は異なりますが、基本的に、自分で梱包することになります。デスクトップパソコン・ディスプレーなど、複数台数を同時に排出する場合は1台ずつ梱包し、それぞれに「輸送伝票」を貼りつけなければなりません。梱包する際は、輸送中に箱が壊れてしまったり、品物が飛び出したりしないように気をつけましょう。

Q.企業のパソコンに入っている情報とは?
A.財務・人事・顧客・技術情報など、重要な内容がたくさん入っています。中でも、顧客の氏名・生年月日・会社名・連絡先・電話番号・購買履歴などの顧客情報は、絶対に流出してはいけない情報です。顧客情報の外部流出は、会社の費用・損失、経営への影響、情報漏えいを起こした本人への罰則、刑事上の責任も問われる可能性があります。

Q.故障したパソコンのデータ消去はどうしたらよいのか?
A.パソコン本体が故障していても、ハードディスク自体は生きている場合があります。そのまま処分すると、データ流出の危険があるので注意が必要です。ハードディスクを取りはずして、物理的に破壊するか、別のパソコンに接続してデータ消去プログラムでデータ消去をする方法になるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 法人のPCは、家庭用PCと同じ扱い方ではありません。企業・店舗などで使用したパソコンは事業系パソコンとなり、産業廃棄物扱いとなります。産業廃棄物はPCリサイクルマークの有無に関係なく、回収再資源化料金を支払ってメーカーへ回収してもらうことになるのです。回収再資源化料金は、メーカーによって異なるので注意してください。処分したいパソコンが大量にある場合は、不用品回収業者に依頼するのも方法の1つです。買い取りを行っているところもあるため、まだ使用できるパソコンは買い取りにまわしましょう。そうすれば、処分費用が節約できます。ポイントを押さえることで、スピーディーに処分できるはずです。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス