倒産品を処分したい方必見! 買取・処分方法の種類を徹底解説


倒産品とは、会社や商店が倒産した際に残された在庫や備品の総称です。倒産する会社の多くが負債を抱えているため、倒産品の多くは売却されて、負債軽減の足しにされます。では、倒産品を買い取ってもらうには、どこに依頼すればよいのでしょうか?
そこで、今回は倒産品を買取してもらう方法を紹介します。

  1. 倒産品の基礎知識
  2. 倒産品の処分方法
  3. 不用品回収業者の選び方
  4. 倒産品の処分・買取に関する注意点
  5. 倒産品の処分・買取に関するよくある質問

この記事を読めば、倒産品の処分に悩むことはありません。興味のある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.倒産品の基礎知識

はじめに、倒産品の種類や、なぜ処分に困るのかということを解説します。どのようなものがあるのでしょうか?

1-1.倒産品とは何か?

前述のとおり、倒産品とは倒産した企業や商店などに残された備品や在庫です。オフィス用品や什器などその種類は数多くあります。倒産品の所有権は倒産手続き後はいったん破産管財人の管理下に置かれますが、破産手続きをするための裁判費用工面のためなど、正当な理由があれば処分することが可能です。

1-2.倒産品の価値とは?

倒産品の価値はものによってバラバラです。例えば、一定の需要のある製品が在庫として残されている場合は、価値があると言えるでしょう。逆に、オフィス用品や店で使用していたデスクやイス、棚・食器類などは、それほど価値が高いとは言えませんが、ある程度の需要はあります。その一方、限られた使い道しかない倒産品は、価値が低くなるでしょう。

1-3.倒産品の困りごと

倒産品は、そのままにしておけばゴミにしかなりません。企業で出たゴミは自治体に回収を依頼することはできず、産業廃棄物処分業者へ処分を依頼する必要があります。つまり、処分にお金がかかるのです。前述したように、倒産した企業や商店に余分なお金はありません。その一方で、負債(債務)があります。ですから、倒産品はできる限り買い取ってほしいというのが、倒産した企業や債権者の願いです。

2.倒産品の処分方法

この項では、倒産品の処分方法や売却方法を解説します。どのような方法があるのでしょうか?

2-1.倒産品は勝手に処分していいの?

倒産品は、前述のとおり、一度破産管財人の管理下におかれます。そして、各債権者への弁済や配当原資などに当てることが一般的です。しかし、破産した会社が必要な手続きを行うためのお金を工面するためならば、倒産品の処分が認められます。ですから、倒産品を処分したい場合は、破産管財人の許可を得ましょう。

2-2.倒産品は人気が高い?

倒産品を売却する場、「品物を現金化できればよい」という顧客が多いため、相場よりも安価で取り引きが成立することも珍しくありません。また、「安ければ欲しい」という人もたくさんいます。ただし、不当に安く倒産品を売りさばくことは破産管財人が禁止していますので注意が必要です。

2-3.倒産品を売却する方法

倒産品を売却する場合は、業者に依頼する方法と自分で売却先を探す方法があります。業者に依頼すれば、複数のものを一気に売却することができるでしょう。時間がない場合はこちらがおすすめです。内装やインテリアもリフォーム業者に依頼すれば買い取ってもらえることもあるでしょう。
また、インターネットが発達した現在では、自分たちで通販をしたり、オークションサイトを利用したりして直接販売することもできます。業者では買い取ってもらえない品物を売却できる反面、買い手がつくまでに時間がかかったり、業者に売却するよりも安価でしか売れなかったりすることもあるでしょう。

2-4.売却できないものとは?

古いオフィス用品や電化製品・5年以上使用しているパソコンなどは売却が難しいでしょう。また、中古品の需要がないような安価な電化製品は、新しくても買い手がつきにくい場合があります。

2-5.不用品を処分する方法

買い手がつかない不用品は、不用品回収業者に依頼すると便利です。オフィス用品や食器・什器等などを有料で回収してくれます。また、買取と不用品回収の両方を行っている業者もあるので、「買取れるものは買取って、後は回収してほしい」という依頼をすることも可能です。

3.不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は、全国にたくさんあります。倒産品の処分や買取を依頼したい場合は、法人向けサービスを行っている業者に依頼しましょう。エコアースでは、一般のお客様はもちろんのこと、法人のお客様からも幅広くご利用いただいています。
不用品回収は業者によって料金が異なりますので、依頼したい場合はまず見積書を作成してもらいましょう。優良な業者ならば、すぐに作成してくれるはずです。エコアースではトラック積み放題プランから個別回収プランまで幅広いプランをご用意し、お客様に合わせて提案いたしています。
現在は、口コミサイトで業者の評判を知ることも可能ですので、複数社を比較したうえで依頼をしてみましょう。

4.倒産品の処分・買取に関する注意点

倒産品を買い取って欲しいという場合は、時間や気持ちに余裕もないことも多いと思います。そういうときほど、業者選びは慎重になりましょう。見積書がいい加減だったり、理由をつけて出さなかったりする業者は利用しないように注意してください。
また、買取って欲しい品物はきれいに汚れをふき取り、外箱や説明書など付属品もすべてそろっていたほうが、高値で買取してもらえます。厨房用品などはまとめて売りに出しましょう。

5.倒産品の処分・買取に関するよくある質問

Q.在庫などでも、売れない倒産品はありますか?
A.賞味期限の短い食べ物や飲み物は、販売が難しいでしょう。

Q.リース品とは何ですか?
A.コピー機など、業者とリース契約を結んでいるものを指します。車なども該当することがあるでしょう。

Q.複数の品物を丸ごと買い取ってもらうというのは、どのような例がありますか?
A.たとえば、厨房機器や食器類がすべて自前の飲食店の場合は、「居ぬき」といってすべてを買い取り、新しく飲食店を始めたい人に売却することも珍しくありません。

Q.ペットショップが倒産した場合、生体は倒産品になるのでしょうか?
A.生体は倒産品になりません。ただし、水草などの植物は倒産品になることはあります。

Q.不用品回収業者に引き取ってもらえないものはあるのでしょうか?
A.危険物や毒物など処分に特別な許可が必要なものや、その業者が回収していないものは引き取れません。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は倒産品を買取りしてもらう方法などを解説しました。買う側にとっては倒産品は良い商品がお得価格で手に入るチャンスです。しかし、売却する側は事情があってもしっかりとした業者を選ばないと、さらに負債が増える可能性もあるでしょう。よく検討してください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス