遺品整理を自分でするには? 心が折れない遺品整理の方法とは?


「遺品整理を早くしなくては、自分でなんとかしたいけど……?」と、どうすればいいのかわからず、立ち止まってしまう人は多いと思います。葬儀を終えたところで疲れが出てしまい、遺品整理という気の重い仕事に向かう気力が出ないこともあるでしょう。故人が亡くなってから、何年もそのままになることもめずらしくありません。では、遺品整理とは、どのように始めればいいのでしょうか? この記事では、遺品整理についての心構えと知識をまとめ、円滑に進める方法をご紹介します。

  1. 遺品整理とはいったい何?
  2. 遺品整理を自分でやるためには
  3. 自分でやる遺品整理の方法
  4. 自分でやる遺品整理の悩みは?
  5. こんなときはプロに相談
  6. 遺品整理に関するよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことで、遺品整理を始めるうえで必要な知識が得られ、実行の見通しが立てられます。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.遺品整理とはいったい何?

遺品整理をしなくてはいけない。そんなときに抱く感慨や状況は単純ではなく、対処が難しいものです。遺品整理についてどう考えればいいのか、整理してみましょう。

1-1.遺品整理とは何か

故人が亡くなると、お別れをして灰に帰します。あとに残された暮らしの道具や持ち物は、整理すべき遺品となるのです。遺品整理は、これら一切の物にもお別れをして、送り出すことだと言えます。

1-2.遺品整理の現状と問題

現在、遺品整理に悩む人が増えています。超高齢社会となった今、子どももすでに高齢に達しているため、大がかりな片付けや煩雑な事務処理がこなせないという状況が、第一の要因です。若い世代は両親の分だけでなく、祖父母や叔父・叔母の遺品整理を頼まれる場合もあり、ひとりが複数回の遺品整理に直面することも少なくありません。
また、高齢者は片付けが極端に苦手になる傾向があり、ゴミ屋敷同然になった家を片付けることは困難を極めます。

1-3.遺品整理が必要なとき

故人がシンプルな暮らしを好む人だったとしても、衣服や日用品をはじめ、生きているからこそ存在意義のあった物が相当量残されているものです。故人の物をきれいに整理して送り出し、残された家族も気持ちに区切りをつけて前に進みましょう。

2.遺品整理を自分でやるためには

高齢で亡くなった親の家から退去する場合を例にとり、遺品整理の方法を見ていきましょう。

2-1.必要な心構え

遺品整理は気が重い理由は、主に以下のようなものでしょう。

  • 過去の思い出や故人の暮らしが生々しく感じられ、処分するのをためらってしまう
  • 家財道具は、まだ使える物もあるので捨てにくい

ここで勘違いしてはいけないのですが、遺品の「整理」はきれいに整えることではありません。ほとんどすべての物を処分することが遺品整理なのです。本当に大切な物だけを取り出して、あとはすべて処分するという原則を忘れないようにしましょう。

2-2.遺品整理を始めるタイミング

賃貸住宅から退去する場合は、家主や近隣に配慮し、できるだけ早く、1か月以内に済ませるのが良いでしょう。人の住まない空き家は傷みやすく、不用心でもあるからです。持ち家の場合でも2か月で完了することが目安になります。仏式なら四十九日の納骨の折に親族が集まり、形見分けができるので、その前後が良いでしょう。
また、没後3か月が遺言書の確認・相続放棄などの期限であり、4か月が故人の所得税準確定申告の期限です。2か月という目安は、これらの期限に備えて財産・負債を早めに確認しておくという意味合いもあります。

2-3.事前に知らせておくべきところ

2-3-1.年金や健康保険から脱退する

役所へ出向くついでに、とりあえずこれだけは済ませておきましょう。

  • 健康保険:脱退・清算・葬祭料支給の請求
  • 住民税:本年分は全納の必要があり、全納
  • 年金:脱退・清算(もらいすぎると返納となる)
  • 戸籍(除籍)謄本・改正原戸籍:写しを三部程度取得、各種手続きに使用

2-3-2.家族・親戚に遺品整理の通知をする

相続人になる家族のほか、故人が親しくしていた親戚には、遺品整理のことを事前に知らせましょう。譲ってほしいと言う物があればできるだけ希望に添い、故人の大切な物に心当たりはないかも、この機会にたずねます。家宝に相当する物や高価な趣味の品などを知らずに処分してしまっては、あとでもめる原因になりかねません。

3.自分でやる遺品整理の方法

なるべく多くの人に手伝ってもらえる日を調整し、作業日を決めましょう。事前の準備を十分にして、当日はひたすら体を動かすことに専念します。

3-1.遺品整理のための準備

3-1-1.前もってやっておくこと

下見

作業日に先立って、家具の状況や物の量をチェックします。このとき、現金・預金通帳・土地の権利書など、主な貴重品はだいたい引き上げておきましょう。

大量ゴミ・粗大ゴミ回収の予約

自治体に依頼し、大量ゴミと粗大ゴミの回収を予約しましょう。いずれも利用料を支払うか、チケットを購入します。

家電リサイクル対象品の運搬の予約

エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機などの家電リサイクル対象品は、処理場までの運搬を自治体指定業者に依頼します。処分料として郵便局でリサイクル券の購入が必要です。

近隣あいさつ

近隣に故人がお世話になった感謝を述べ、作業当日は駐車したり騒音が出たりすることを知らせます。引越のあいさつと同じですね。

3-1-2.作業日に必要な道具や小物

  • 作業・清掃用具:軍手・マスク・ほうき・雑巾・掃除機
  • 梱包(こんぽう)・ゴミ出し用品:段ボール箱・ガムテープ・荷造りひも・ゴミ袋
  • 機器の取り外しや分解に:ドライバー・ペンチ・結束バンド
  • 運搬具:台車。必要に応じてワゴン車や軽トラック

3-2.遺品整理の方法、手順

3-2-1.貴重品・重要書類などをまとめる

作業当日は貴重品の取りこぼしがないか確認します。文字どおりタンス預金をしている場合もあるので、注意が必要です。家族の知らないネット銀行やネット証券に口座があったなどということも考えられるので、大事な書類や請求書などがありそうな棚や、引き出しをチェックしましょう。郵便や会員カードからも、趣味の会やスポーツジムなど、脱退通知の必要な連絡先を押さえることができます。「大事な物入れ」の段ボールをひと箱用意しておくといいでしょう。

3-2-2.形見分けの品を確保する

親しかった人にお譲りする物や、家族が手元に置く思い出の品は、ひとり1点ほどに留めましょう。「まだ使えるから一応置いておく」という考えを起こすと、作業が止まってしまいます。あくまでも、故人と共に遺品にもお別れするという原則を守りましょう。

3-2-3.売却できる物を処分する

書画・骨董や希少な古書、高価な楽器など、特殊な品物は専門業者に買取を依頼しましょう。店舗への持ち込みや出張査定のほか、郵送で買い取ってもらう方法も普及してきました。
しかし、普通は売却品はほとんどないと思ったほうが良いでしょう。買取の可能性があるのは、家電なら5年以内のきれいな物、普通の本なら新しい単行本などに限られており、がんばっても売却益はさほど出るものではありません。売却は最小限にし、時間と労力を使いすぎないようにしましょう。

3-2-4.廃棄する物を分別する

ここが一番大変なところです。分別して種類ごとにまとめる作業は、時間と手間がかかり、効率よく進めないと疲れ果ててしまいます。作業を開始と同時に、手分けして分別・まとめの作業を進めていきましょう。以下は一般的な例を紹介しますが、分別の仕方・ゴミの出し方は自治体によってルールが異なり、確認しながら行います。

燃えるゴミ

分別の徹底した地域では、食品やこまごまとした物が中心になるでしょう。油は牛乳パックに詰めた紙などにしみ込ませ、燃えるゴミとして捨てます。

資源ゴミ

古紙・古着をひもで縛り、小さなものは紙袋へまとめます。ビン・カン・プラスチック容器は、しょうゆ・液体洗剤・シャンプーなど中身を捨てたあと軽くすすぎ、それぞれ袋に入れましょう。プラゴミ分別を実施している地域では、ラップやビニール袋もここに入ります。

燃えないゴミ

陶器やコップ、花瓶、電球などは割れないように覆ってまとめます。家電やリモコンから電池をはずし、コードを束ねて運びやすくしましょう。そのほか、アイロンや炊飯器・小型の照明器具・鍋・やかん・ハンガーなど。燃える物と燃えない物の複合製品は燃えないゴミになります。

危険物

ライター・蛍光灯・アルカリ乾電池・刃物など。

3-2-5.処分方法が特別な物

以下は、収集の予約が必要な物、リサイクルボックスや店舗へ自分で持って行く物です。

電池リサイクル対象の電池

充電池、ボタン電池は電器店などの電池リサイクルボックスへ持ち込みます。

家電リサイクル対象品

エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機・乾燥機などの家電リサイクル対象品は粗大ゴミに出せません。前述のようにリサイクル券を買い、指定業者に運搬依頼をするのが基本です。

小型家電リサイクル対象品

携帯電話やタブレット・デジカメ・ビデオカメラ・電子辞書などのデジタル小物は、小型家電リサイクルボックスへ持ち込みます。

パソコン

パソコンは、販売店などでパソコンの処分をしているところへ持ち込み、データの消去と処分を依頼します。パソコンリサイクル料、データ消去手数料が必要です。

粗大ゴミ

テーブル・いす・ソファ・ベッド・タンス・布団・パイプハンガー・カーペットなど。一辺が50㎝を超えるなど、自治体の規定より大きな物は粗大ゴミになります。

3-2-6.ゴミ出し、終了

ゴミを指定場所へ搬出し、なるべく近隣の迷惑にならないように置きます。残った物がないか確認しながら、家の中を一通り清掃しましょう。ここまで済んだら、水道の元栓を閉じ、電気のブレーカーを落として終了します。郵便物は回送の手続きをすべきですが、念のため郵便受けもテープで塞ぐなどし、投函できないようにしておきましょう。請求書などが来ているのを知らずにいると、あとでトラブルになりかねないからです。

4.自分でやる遺品整理の悩みは?

以上が自分で遺品整理をやる場合の手順と方法です。問題点はどこでしょうか。

4-1.処分する物の量が多い

  • こまごまとしたゴミの分別が大変
  • 不用品が多すぎる
  • 家電・粗大ゴミ・リサイクル対象家電の仕分けがわかりにくい
  • 大きな物を家から運び出すのが難しい
  • 手伝ってくれる人がいない
  • 自治体のゴミ収集の日程に都合が合わない

このような困難を感じる場合、作業日程が延びてしまったり、中断して放置したりとなる恐れがあります。

4-2.遺品のある家を放置すると?

賃貸住宅の場合、いつまでも家賃を払い続けることになります。生活状態そのままに放置していると、不衛生なことから虫が湧き汚れがひどくなるなど、近隣と家主から苦情を受けることになりかねません。リフォームの必要が生じることもあります。

古くからの持ち家の場合は、親戚から家をどうするのか詰問されるかもしれません。相続人でもない人物からのクレームは理不尽な気もしますが、あなたの知らない過去から家に特別な思い入れを持っている親戚もいるでしょう。やはり遺品整理を済ませ家の処分方法を決めることで、周囲の気持ちが落ち着き、故人のしがらみもすっきりと整理することになるのです。

4-3.トラブルを起こさないためのポイント

持ち家の場合は特に注意したいのが、相続のことです。相続税法の改正以来、財産は持ち家くらいしかないのに相続税がかかるケースが増えました。家を相続したが、他の相続人に相当の現金を分けられないばかりか、相続税も支払えない状況に陥る人が少なくありません。最終的にどう処分するかは未定でも、協議の結果にすぐ対応できるように家を片づけておくのが得策です。

5.こんなときはプロに相談

自分で遺品整理をするのは難しいという方は、プロに依頼することを検討しましょう。

5-1.遺品整理のプロとは

超高齢化社会になって、遺品整理を業者に依頼するケースが増えました。初期には、便利屋を名乗る業者に部分的な作業を頼むことが多かったようですが、現在の遺品整理は不用品回収業者が実施する片付けサービスが主流となっています。多岐にわたる不用品処分のノウハウを持ち、片付けのプロとして遺品整理を行うので、利便性が高くなっているのです。

5-2.プロに頼んだほうがいい場合

  • 人手と時間がなく、いつまでも日程が決まらない
  • 物が多すぎて手に負えない
  • 故人の物に向き合ってひとつひとつ処分するのがつらい

このような場合は、無理をしないで、プロに依頼するほうがいいでしょう。

5-3.遺品整理をプロに頼むメリット

  • ゴミの分別をしなくていい
  • リサイクルボックスなどを回らなくて済む
  • 重い物を家から運び出してくれる
  • 使える物は再生されるので、物の処分に悩まない
  • 都合のいい日程を指定できる
  • 精神的にも肉体的にも楽

大きな物はもちろん、分別していないゴミの引取も依頼すれば、自分で行う作業はほとんどありません。これなら、自分ひとりでも楽に完了できそうですね。

弊社では、他社では引き取れない家電リサイクル対象品目(エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機)や、パソコンの引取も行っています。これにより、普通なら別に手配しなくてはならない品目がすべてカバーでき、複数の業者に依頼する煩わしさがありません。

5-4.遺品整理の料金について

依頼の方法は、大きく分けて二種類あります。個別に不用品の処分を頼む方式と、トラックに積み放題の定額の片付けサービスです。物の量が多い場合は、トラック積み放題で、ゴミの処分も一緒にできる定額の片付けを依頼するのが、便利で格安になります。

弊社の「定額パック」の料金設定は以下のとおりです。各サイズの車両の容量いっぱいまで、定額であらゆる物を処分できます。かっこ内の部屋の大きさを参考にしてください。

  • カゴ車おまかせパック(みかん箱で12箱程度):12,000円(税別)
  • 1トン平トラックおまかせパック(1K~1DK程度):50,000円(税別)
  • 2トン平トラックおまかせパック(2DK~2LDK程度):95,000円(税別)
  • 3トントラックおまかせパック(2LDK~3DK程度):170,000円(税別)
  • 4トントラックおまかせパック(3LDK~4DK程度):250,000円(税別)

ゴミの分別は不要で、スタッフがすべて搬出します。1トン平トラック以上のプランには家電リサイクル料(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン各1点)と、パソコン1点のリサイクル料金が含まれており、追加料金がかかりません。
その他のオプションの詳細を明示しているので、こちらもご覧ください。

5-5.業者選びのポイント

遺品整理を行う片付け業者は多数存在し、玉石混交です。それぞれサービス内容に違いがあり、非常に限定した品目しか引き取らない業者、運搬は依頼主も手伝うことが前提といった業者もいます。まずは複数の業者に問い合わせて見積もりを取り、比較検討することが必須です。自分が望むサービスが料金に含まれているか、追加料金が発生するのはどんな場合か、よく確認しましょう。

6.遺品整理に関するよくある質問

6-1.不用品の無料回収の業者が巡回して来るので、利用したいのですが?

無料回収をうたいながら、あとで高額な処分料を要求されるトラブルが相次いでおり、自治体でも巡回する業者は利用しないよう注意を促すところが増えています。

6-2.不法投棄のトラブルを耳にしますが、どんなことですか?

回収業者が不用品を引き取ったあと、欲しい部分を除いて残りを不法投棄するなどのケースです。不用品から元の持ち主が特定されて責任を問われる場合もあるので、しっかりした業者を選びましょう。

6-3.親が亡くなったが、実家の処分の相談を兄弟が聞いてくれません。

空き家をそのままにしていると、固定資産税や管理のために手間や出費が生じます。売却には親から相続人へ名義変更をする必要があり、各種手続きには相続人全員の戸籍謄本や実印が不可欠です。手続きが容易ではないことを説明し、まずは遺品整理から始めることを知らせましょう。キーパーソンでない人が具体的に考えたり、積極的に動いたりすることはまれなため、待っていてはいけません。こちらから通知と協力依頼を適宜しつつ、協力がなくてもやるべきことを進めましょう。

6-4.亡くなった親の家がゴミ屋敷状態で、どうしたらいいかわかりません。

遺品整理を片付け業者に依頼しましょう。分別していないゴミも、不用品もすべて引き取る片付けサービスであれば、労力はほとんどかかりません。単身向きの部屋なら数時間、一軒家でも二日程度で片付けることができるでしょう。

6-5.独居の親が孤独死しました。ショックで何もする気が起きません。

こんなことなら施設に入居させておけば良かった、同居する方法はなかったか、などいつまでも悔やんでしまう方は多いでしょう。しかし、近年は孤独死も人の営みのひとつとして認知されつつあります。発見が遅れるのは非常に残念ですが、最期まで自立し自由に暮らしたという事実は、自分では寝起きもままならない方などからすれば、素晴らしいことなのです。今は最後のお手伝いをする気持ちで遺品整理をしてあげてください。

7.まとめ

いかがでしたか? 今回は遺品整理について、考え方から方法までをまとめました。自分でやる場合の手順、プロに依頼する場合の利点についても分かっていただけたかと思います。この記事を参考に、遺品整理を進めてくださいね。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス