衣類乾燥機はどう処分するのか? 家電リサイクル法との関係も!


衣類乾燥機の処分方法については、知らない人も多いと思います。冬場や天気の悪い日など、洗濯した衣類を乾かすために使っている家庭もあるでしょう。しかし、電化製品には必ず寿命があります。何年も使っていると不具合を起こすことが多くなり、買い替えを検討することになるはずです。問題は、その処分方法でしょう。家電リサイクル法の関係で、粗大ゴミとして捨てることはできません。では、一体どうやって処分したらよいのでしょうか。「捨て方がわからない」という人のために、衣類乾燥機を正しく処分する方法をまとめてみました。

  1. 衣類乾燥機を処分したい、その前に!
  2. 家電リサイクル法とは?
  3. 家電リサイクル料金について
  4. 衣類乾燥機を買い替える場合
  5. 自分で処分することもできる
  6. 衣類乾燥機をリセールしよう
  7. 回収業者に依頼する方法がおすすめ!
  8. 衣類乾燥機の処分に関するよくある質問

衣類乾燥機の処分を検討する上で、知っておくべきことはたくさんあります。ぜひこの記事を参考にして、ベストな処分方法を見つけてください。

1.衣類乾燥機を処分したい、その前に!

衣類乾燥機について知っておくべきことをまとめてみました。

1-1.寿命は6~7年

衣類乾燥機の寿命は一般的に6~7年と言われています。ただし、もちろん使用頻度や使い方によっても違いは出てくるでしょう。毎日の洗濯後に使用している場合と、年に数回しか使わない場合では、消耗の仕方が全く違います。ただし、毎日使用していても10年以上使い続けることができるものもあるため、一概には言えないでしょう。寿命が近づいてくると不具合が出てくることも多くなります。そのサインを見逃さないことが大切です。

1-2.寿命のサインとなる症状

衣類乾燥機の寿命が近づいてくると、以下のような不具合が起こるようになります。

  • 衣類が乾かない
  • 電源が途中で落ちる
  • 運転時間が異常に長い
  • 異音や異臭がする
  • 電源が入らない

上記のような症状が頻繁に起こるようであれば、修理か買い替えを検討するべきでしょう。

1-3.修理か買い替えで迷ったときは?

不具合が多くなると、修理に出すべきか買い替えるべきかで迷うと思います。もちろん、メーカーや販売店の保証期間内であれば、修理してもらった方がよいでしょう。しかし、メーカーが部品を保有しているのは、一般的に発売から5年以内です。5年以上経過すると、修理が不可能になったり高額なお金がかかったりするため、新しく買い替えた方がお得な場合が多いでしょう。迷ったときは、まず購入から何年経過しているか計算してみましょう。

1-4.不燃ゴミ?粗大ゴミ?

衣類乾燥機は何ゴミとして捨てることができるのでしょうか。普通に考えると、不燃ゴミか粗大ゴミが頭に浮かぶと思います。しかし、衣類乾燥機の処分は「家電リサイクル法」が関係してくるため、自治体が回収する不燃ゴミや粗大ゴミとして捨てることはできないのです。詳しくは、次項でご紹介します。

2.家電リサイクル法とは?

では、家電リサイクル法について詳しく解説します。

2-1.概要と目的

家電リサイクル法とは、平成10年に施行された法律です。施行前まで、家庭から排出された家庭用家電は、埋め立てという形で処分されていました。しかし、家電の中には希少金属が含まれており、そういったものを埋め立ててしまうのは非常にもったいないことです。そこで、金属をリサイクルして有効活用することを目的として、この法律が作られました。対象となる家電については、自治体による回収を行わず、家電の製造業者および小売業者には、回収やリサイクルが義務づけられることになったのです。消費者は、収集運搬料金とリサイクル料金を支払って、家電を業者に回収してもらう必要があります。

2-2.なぜこの法律が必要なのか?

日本では1年間に約5億トンものゴミが埋め立てられていました。そのため、埋め立て地がどんどん少なくなってきたのです。家電リサイクル法によって埋め立てられるゴミの量が減ることは、埋め立て地の寿命を延ばすことにもつながります。同時に、ゴミ処理にかかるエネルギーの消費を削減することで、環境への負荷を少なくすることが可能です。

2-3.対象品目を紹介

家電リサイクル法の対象となるのは、以下の4品目です。

  • テレビ
  • 冷蔵庫、冷凍庫
  • エアコン
  • 洗濯機、衣類乾燥機

この4品目は「特定家庭用機器」に指定され、業者による回収とリサイクルが義務づけられています。

2-4.ゴミとして捨てるとどうなるのか?

家電リサイクル法の対象品目については、販売店やメーカーに回収を依頼することが必要です。「手間がかかるから」「サイズが小さいから」と言ってゴミとして捨ててしまうことは違法行為になります。間違えても勝手にゴミ収集所に置いてくるようなことはしないでください。

3.家電リサイクル料金について

では、処分にはいくらかかるのでしょうか。家電リサイクル券についてもご紹介します。

3-1.リサイクルにかかる料金とは?

家電リサイクル法の対象となる4品目は、種類やメーカーによってリサイクルにかかる料金が異なります。国内の大手メーカーを例に挙げると、15インチ以下のテレビが1,836円、16インチ以上のテレビが2,916円です。冷蔵庫の場合は、170リットル以下で3,672円、171リットル以上で4,644円というように、大きさによってリサイクル料金も変わってきます。おおよその金額を把握しておくとよいでしょう。

3-2.衣類乾燥機のリサイクルにはいくらかかるのか?

衣類乾燥機のリサイクル料金は、2,500~3,500円が相場です。メーカーによって違いがあるため、事前に確認しておいてください。そのほかに、収集運搬料金が数千円ほどかかります。この料金は家電販売店や業者がそれぞれ定めているため、事前に確認することを忘れないようにしてください。

3-3.家電リサイクル券について

リサイクル料金を支払うときは「家電リサイクル券」を使用します。正式な方法でリサイクルを行ったという証明になるもので、自分の廃棄物がきちんとリサイクルされたかを確認するときに必要です。郵便局で料金を支払うことで入手する方法もあります。回収の際にこの券が必要になるため、必ず受け取っておきましょう。そのほかにも、料金を支払った証拠として「振替振込請求書兼受領書」と「振替振込受付証明書」が必要になることもあります。なくさないようにしっかりと保管しておきましょう。

4.衣類乾燥機を買い替える場合

衣類乾燥機を買い替える場合の方法や料金などをご紹介しましょう。

4-1.販売店に下取りしてもらう

家電量販店によっては、新しい衣類乾燥機を購入する際に古いものを下取りしてもらえます。購入と処分が同時にできるため、最も手軽な方法と言えるでしょう。ただし、下取りを行っていない店舗もあります。また、基本的には新規購入を条件としているという点がデメリットです。

4-2.メーカーに下取りしてもらう

家電量販店の下取りと同じように、メーカーに下取りを依頼することも可能な場合があります。メーカーの直販サイトなどで新規購入する場合は、ぜひ確認してみてください。メリットは、購入と処分が同時にできるという点です。ただし、他社製品は下取りできないこともあるということを覚えておきましょう。

4-3.販売店に引き取りしてもらう

「下取り」ではなく「引き取り」という形で衣類乾燥機を回収してくれるお店もあります。引き取り費用がかかるというデメリットはありますが、下取りを行っていない店舗で新規購入する場合は確認してみるとよいでしょう。回収の申し込みと料金の支払いが同時にできるため便利です。

5.自分で処分することもできる

自分で衣類乾燥機を持ち込んで処分する方法もあります。「すぐに処分したい」という人は、一つの方法としてチェックしてみてください。

5-1.郵便局を利用する

郵便局でリサイクル料金を支払って「家電リサイクル券」を購入し、回収業者を手配してください。回収業者が家電リサイクル券を確認後、衣類乾燥機を引き取ってくれます。回収の日時や場所などは、直接業者と相談して決めることになるでしょう。回収後、業者にも料金を支払うことになります。

5-2.手数料と手間について

この方法は、郵便局での支払いと業者の手配を同時に行う必要があるため、少々手間がかかります。また、郵便局でリサイクル料金を支払った上に、業者にも回収料金を支払う必要があるのです。つまり、手間だけでなく費用も余計にかかる方法と言えるでしょう。もちろん、自分で衣類乾燥機を指定場所まで運ぶこともできます。そうすることで回収業者に支払う費用は発生しませんが、衣類乾燥機を自分で運ぶのは簡単なことではないでしょう。

5-3.メリットとデメリット

自分で処分する方法には、さまざまなメリットとデメリットがあります。まず、自分の都合で処分できるというのが大きなメリットになるでしょう。また、下取りを利用する方法と違い、新しい乾燥機の購入が条件になることもありません。ただし、前述したとおり手間とお金がかかるのがデメリットです。

6.衣類乾燥機をリセールしよう

まだ使える状態の衣類乾燥機であれば、廃棄よりもリセールすることを考えてみてはいかがでしょうか。買い取りの流れやメリットなどをご紹介します。

6-1.買い取り可能なものとは?

どんなものでも買い取りしてもらえるわけではありません。買い取りが可能となる条件には、以下のようなものがあります。

  • 日立やパナソニック、リンナイなど有名ブランドのものである
  • 問題なく動作する
  • 汚れやキズが少ない
  • 発売からの年数が短い
  • 付属品がそろっている

上記のような衣類乾燥機は、買い取りしてもらいやすいでしょう。

6-2.リサイクルショップで買い取りしてもらう

買い取りの方法として手軽なものには、リサイクルショップがあります。近所に店舗があるなら持ち込んでみましょう。その場で査定してもらえます。「すぐに売って現金にしたい」という人にはおすすめの方法です。ただし、状態が悪く再販売が不可能と判断されたものにかんしては、買い取り不可になります。その場合は再び持ち帰らなければならないため、無駄な手間になってしまうということを覚えておきましょう。

6-3.ネットオークションに出品する

「近所にリサイクルショップがない」「もっと高値で売りたい」というときは、ネットオークションに出品してみる方法もあります。最近はネットオークションの利用率も高まってきているため、買い手が見つかる可能性は十分にあるでしょう。うまくいけば自分が希望する金額で衣類乾燥機を売ることができます。ただし、買い手が見つかるまでは手元に置いておかなければならないため、処分に急いでいる人には不向きです。発送の準備などもあるため、手間をかけずに処分したいという人はほかの方法を探した方がよいでしょう。

7.回収業者に依頼する方法がおすすめ!

衣類乾燥機の処分を回収業者に依頼すると、さまざまなメリットがあります。業者選びのポイントや利用のコツなどをご紹介しましょう。

7-1.回収方法

回収業者による不用品の回収は、主に店頭持ち込み、宅配回収、出張回収の3つの方法で行われます。特におすすめなのが、出張回収です。希望の日時を指定すれば、スタッフが直接自宅まで回収に来てくれます。重い衣類乾燥機を自分で運ぶ必要がなく、自分の都合に合わせて処分できるため、大変便利です。

7-2.料金について

回収料金については、業者によって異なります。業者を選ぶ際には料金体系もしっかりとチェックしておきましょう。できれば、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較して決めるのがおすすめです。そうすることで相場を知ることにもつながるでしょう。不用品の回収と買い取りを行っている「エコアース」では、手軽な定額パックプランもご用意しています。他社より安い費用で利用できますのでぜひチェックしてみてください。

7-3.メリットとデメリット

回収業者を利用するメリットは、何と言っても「手間がかからない」という点です。電話1本で自宅まで回収に来てもらえるため、ほかの方法と比べて楽をしながら処分できます。また、ほかにも処分してもらいたいものがあれば、まとめて依頼することも可能です。家中の不用品を一気に処分できることは、大きなメリットと言えるのではないでしょうか。ただし、業者によっては悪質な営業をしているところも存在しています。そういった業者を選ばないように、慎重に業者探しをする必要があるでしょう。

7-4.業者選びのポイント

良心的な業者を選ぶためのポイントをまとめてみました。

  • 実績が豊富である
  • 料金体系がわかりやすい
  • 無料見積もりを受け付けている
  • 見積書の内容が明確である
  • スタッフの対応が親切でスピーディーである

上記のような業者は信頼できるでしょう。業者選びをする際には、必ずチェックするようにしてください。

7-5.コスト削減のコツ

回収業者を少しでも安く利用するためのコツとしては、回収と買い取りを同時に行っている業者を選ぶことです。状態の悪いものは回収、よいものは買い取りという形で引き取ってくれるため、買い取り金額によっては合計すると大変お得になります。不用品の処分にかかるコストを抑えることができるでしょう。

7-6.無料回収業者には要注意!

中には、無料回収を宣伝している業者もあります。しかし、こういった業者の中には、違法行為をしているような悪質業者も少なくないでしょう。特に注意するのは、トラック1台で近所を回っている業者です。事務所の所在地を明らかにしていないため、トラブルが起きたときに逃げられてしまう可能性が高いでしょう。実際に「無料回収と言われていたのに、作業後に高額な料金を請求された」というトラブルの報告は数多くあります。そのような業者は利用しないようにしましょう。

8.衣類乾燥機の処分にかんするよくある質問

衣類乾燥機の処分を検討している人が感じる疑問と回答をまとめてみました。

8-1.ネットオークションで衣類乾燥機を売る際、注意することはありますか?

A.出品の際に、キズや汚れなどの情報もきちんと伝えるようにしましょう。不利な情報を隠して出品してしまうと評価が悪くなる可能性があります。今後、そのサイトで出品しても買い手がつかなくなることもあるのです。

8-2.衣類乾燥機が動かなくなってしまいました。自分で修理することは可能ですか?

A.危険なので自分で分解するようなことは絶対にしないでください。業者に修理の見積もりを依頼し、買い替えるのとどちらが安く済むか調べてみましょう。購入から5年以上たっている場合は、買い替えの方がお得な場合が多くなっています。

8-3.衣類乾燥機を燃えないゴミとして捨てるとどうなりますか?

A.衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象品目であるため、燃えないゴミとして捨てることはできないのです。燃えないゴミとして捨てることは違法行為であり、罰金の対象になります。

8-4.衣類乾燥機を自分で運べる場合は、どこに持ち込めば処分してもらえますか?

A.家電リサイクル券を購入し、指定引き取り場所に持っていきましょう。全国の指定引き取り場所はこちらから調べることができます。

8-5.回収業者に依頼したところ、料金をだまし取られてしまいました。どこに相談すればよいですか?

A.消費生活センターに相談してください。的確なアドバイスをもらうことができるでしょう。被害がさらに拡大することを防ぐためにも、必ず相談することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 衣類乾燥機の処分方法について詳しくご紹介しました。衣類乾燥機は家電リサイクル法の対象となるため、捨て方には注意が必要です。自治体が回収するゴミとして捨てることはできませんので覚えておいてください。まだ使える状態であれば、買い取りに出す方法もあります。ご自宅の衣類乾燥機の状態をよく確認し、どの方法で処分するのがベストなのか考えてみてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス