エアロバイクの処分はどうする? 不用品回収の買取で無料で処分を!


肥満防止や運動不足解消といった目的で、エアロバイクを楽しむ方がいます。有酸素運動で美容にも効果があり、自宅でも運動できると大変人気です。新しい機種が続々と登場し、古い機種の買い替えを考えることもあるでしょう。静音設計やコンパクト設計がセールスポイントになっており、ひと昔前よりぐんと魅力的ですよね。
「エアロバイクの処分方法とは?」「古いエアロバイクは売れる?」といった疑問は、誰でも湧いてきます。使わなくなったとはいえ、処分費用をかけるよりリサイクルに回し、なるべく負担のない方法を選びたいと思うはずです。自宅に古いエアロバイクがあり、場所を取って困るという方は、今回ご紹介するエアロバイクの処分やリサイクルにかんする情報を参考にしてみてください。

  1. エアロバイクについて
  2. エアロバイクの処分について
  3. エアロバイクをリサイクルする方法
  4. エアロバイクの買取について
  5. エアロバイクの処分や買取でよくある質問
  6. まとめ

健康ブームで、エアロバイクといったトレーニング器具の中古ニーズは上昇傾向です。勢いで購入し、自宅で使わずに眠っているケースも少なくありません。この記事をきっかけに、自宅のエアロバイクをすっきりと処分できるようになり、リサイクルや買取を上手に活用する知識を身につけることができるでしょう。

1.エアロバイクについて

家庭用エアロバイクは、自転車を漕(こ)ぐように有酸素運動が楽しめる健康器具です。フィットネスバイクやエクササイズバイクといった名称でも販売されており、メーカーにより販売名称は異なるので覚えておいてください。
コンパクト設計のアップライトタイプ、背もたれに寄りかかって運動するリカンベントタイプ、アップライトタイプにフライホイールが搭載されたスピンバイクタイプといった種類があります。

2.エアロバイクの処分について

使わなくなったら場所を取るというのが、トレーニング器具全般にいえることです。トレーニング器具の中でも、エアロバイクは特に重量があってスペースを必要とします。家の中をすっきりしたいという思いから、処分を考えることもあるでしょう。処分方法についてご紹介します。

2-1.エアロバイクの処分における問題点

家庭用エアロバイクは手軽に運動を楽しむことができ、初心者でもコツがいらないとあって人気です。しかし、同じ運動の繰り返しで飽きてしまうという悩みもあります。ほかの運動に切り替え、エアロバイクをいざ処分しようと思ったとき、さまざまな問題点が湧き上がるでしょう。
1人では持ち上げられない、簡単にごみ扱いできない、売れる場所を見つけにくい、中古販売でも人気機種とは限らないといった点です。ごみの分別は年々ややこしくなり、複雑になってきています。特に、大きなごみについてはより一層ルールが厳しくなりました。捨てにくく売りにくいのが、エアロバイクの処分における問題点でしょう。

2-2.自治体でエアロバイクを処分する方法

お金をかけずに捨てたい場合、選ばれるのが自治体の粗大ごみです。どの方法よりも処分費用が安く、経費節減につながるでしょう。しかし、問題となるのは、粗大ごみの運搬です。エアロバイクはとても大きく、指定廃棄場所まで運ぶ手段を考える必要があります。自家用車に積み込みできない場合もあり、軽トラックの準備や運搬にかかる人手を確保しなければなりません。
粗大ごみは事前申込制をどの自治体でも取っており、月2回程度の指定日に指定廃棄場所へ排出するようになります。もう1つの方法は、自治体へ直接持ち込む方法です。どちらの方法を選んでも、運搬にかかる手間と労力は避けることができません。処分にかかる費用は、800円から1,000円程度です。粗大ごみ処理券を購入し、エアロバイクに貼り付けてください。

2-3.不用品回収業者にエアロバイクの処分を依頼する方法

処分費用は自治体より高い反面、運搬の手間や人手を必要としない便利な方法として、不用品回収業者のニーズが高まっています。重たいものでも、かさばるものでも、種類を問わずに回収して処分できるとあり、家の中にある不用品を一掃できるチャンスです。
不用品回収のエコアースでは、出張回収を行っています。回収にあたって、分解や移動は必要ありません。処分したいと思ったら、すぐ行動するという方にもおすすめです。即日対応もでき、迅速は処分も実現できます。
回収にかかる料金は、基本料金に加えて不用品の種類別に設定された金額となり、サイズが大きなものは定額パックを利用すると費用負担が軽くなるでしょう。
エコアース

2-4.エアロバイクの処分における注意点

エアロバイクは重たいです。ゆえに、無理に1人で処分しようとしないでください。ケガや事故には十分注意し、リスクの少ない手段で処分することを優先した方がいいでしょう。

3.エアロバイクをリサイクルする方法

家庭用エアロバイクを捨てずにリサイクルするなら、さまざまなルートがあります。

3-1.知人やほしい人に譲る

中古でもトレーニング器具がほしいという方に、譲るという方法はいかがでしょうか? 知人に譲る方法や、地域の掲示板で募集を募る方法もあります。市役所などで掲示板を設置しており、ほしい人と譲りたい人とのマッチングをする場を提供している自治体もあるでしょう。譲るなら1つの案として取り入れてみてください。

3-2.中古エアロバイク販売店に売却する

健康器具やトレーニング器具の取り扱いがある中古エアロバイク販売店なら、買取をしてもらえる場合があります。買取基準は販売店ごとでさまざまではあるものの、多くは良好な品に限られるでしょう。しかし、買取交渉が決まった場合、わずかでもお金を手に入れることができます。

3-3.不用品回収業者に買取を頼む

家庭用エアロバイクは、不用品回収業者で買取もしています。製造から3年以内のエアロバイク・状態が良好・動作に問題がないなど、一定の条件をクリアすることが必要です。査定で売れるかどうかを判断してもらい、売れない場合はすぐに処分を依頼するといった使いわけもできます。

3-4.オークションで売る

自分で出品する時間があるなら、オークションを活用してみてはいかがですか? 写真に撮影し、商品情報を記載してインターネットのオークションサイトにアップします。エアロバイクを探す人が検索し、気に入ってもらえたら落札されるでしょう。従って、ほしい人が現れない限り、落札されずに処分することができません。ただし、オークションは出品時の価格設定が自分でできます。

3-5.エアロバイクをリサイクルするときの注意点

リサイクルする方法はいろいろあり、悩む場合がありますよね。まず、目的をはっきりしてから売ることが大切です。何としても手放したいのか、収益を得たいのかで、方法は変わってくるでしょう。邪魔だから処分したいのなら、譲るという手段も有効です。収益を得たいなら、適正価格で買い取りしてもらえる手段を選んでください。

4.エアロバイクの買取について

エアロバイクといったトレーニング器具は、人気商品や買取可能な種類は限られており、中古販売のニーズをチェックしておきましょう。

4-1.エアロバイク買取のポイント

エアロバイクの買取が利用できるのは、問題なく動作することや目立つ汚れとキズがないことが、最も重要視されます。年式が古いものや修理を伴うものは、買い取りできずに処分を考えなければなりません。買取を利用したいなら、なるべく早く手放すことを考えましょう。

4-2.どんなエアロバイクなら買取できる? 買取できないものは? 

エアロバイク激安販売といったショップもあり、どんなものでも買取可能だと思われてしまう場合もあるでしょう。しかし、中古販売店ではエアロバイクの買取基準をきちんと設けています。

  • 動作不良がないこと
  • トラブルがあっても少しの修理で直るもの
  • キズと汚れが目立たないもの

主な買取基準は、上記3つに焦点をあてて査定を行います。一方、買取できないものは、故障があるものです。使えないものを買い取りするわけにはいきません。製造から5年が経過した古いタイプも、需要が少ない傾向にあって買取できない場合がほとんどです。

4-3.エアロバイクの高額査定について

中古販売においては、エアロバイクの状態が重要です。ゆえに、高額査定につなげるにはきちんとメンテナンスをし、細かな部分までしっかり掃除をしておくようにしましょう。使用期間が短く、摩耗が少ない状態なら、高額査定になる場合があります。取り扱い説明書と付属品もそろえ、査定額アップにつなげてください。

4-4.買取しやすいメーカー

大手メーカーは、買取で最も好まれます。加えて、付加価値となる機能を搭載しているものが理想でしょう。

  • パナソニック
  • アルインコ
  • コンビウェルネス

上記のような大手メーカーは大変人気です。

4-5.買取できる年式は?

製造から5年以内は、中古販売店の買取対象です。しかし、高く売りたいと思うなら、製造から3年以内に処分した方がいいでしょう。年式が浅い方が査定には有利ではあるものの、人気メーカーや人気機種が優先される場合もあります。

4-6.キズや掃除はどうすべきか? 

メンテナンスの重要性については、前述でご理解いただけたかと思います。同じエアロバイクでも、きれいな方が断然有利な結果になるでしょう。ですから、目に見える範囲はきっちり掃除をしてください。大きなキズは、査定からマイナス評価を受ける可能性が高いです。

4-7.付属品はすべて添えること

健康器具やトレーニング器具は、付属品がいろいろついています。購入時についてきたものは、すべてそろえておいてください。1つでも足りない場合、買取価格が下がってしまうでしょう。

4-8.エアロバイクの買取を依頼する業者について

不用品回収業者では、無料でエアロバイクを回収しますといったところもあります。一時的なキャンペーンとして、買取強化しているものは、処分対象でも無料で回収できるとして取り組みを行っているのです。処分費用をかけずに処分できる無料回収を利用し、価値が残っていると判断された場合は買取となるでしょう。重要になるのは、業者選びのポイントです。不用品回収業者が、無料回収ができる理由をきちんと明確にし、適正なリサイクルを行っている業者を選んでください。

4-9.買取業者の手数料

エコアースでは、出張で無料査定を行っています。手数料や出張費用は発生しません。気軽に利用してもらい、ほかの業者と比べてから決めても大丈夫です。

4-10.エアロバイクの回収方法

エコアースによるエアロバイクの回収方法は、自宅まで出張対応が基本です。ホームページの無料見積もり申し込みフォームからアクセスし、わかる範囲でメーカーや型番といった情報を記載してください。だいたいの金額を伝えてから、希望する日時に訪問します。査定で買取金額が見合うようなら、その場で契約して買取成立です。
エコアース(無料見積もり申し込みフォーム)

4-11.エアロバイク買取業者選びで注意したいこと

買取業者を決めるときは、査定額ばかりに目が行ってしまいますよね。ところが、無料で回収しますと名乗る不用品回収業者には、無認可営業という悪質なものもいるのです。回収後の処理が不適切で、きちんとリサイクルしていない場合もあります。買取資格となる古物商認可、処分資格となる産業廃棄物収集運搬業認可を受けた業者であることを、買取前にきちんとチェックしてください。

5.エアロバイクの処分や買取でよくある質問

買取を希望する場合、損をしないか不安になることが多いですよね。予備知識を持つことで、上手に買取を利用してエアロバイクの処分ができます。質問集を参考にしましょう。

5-1.査定に必要な時間は? 

およそ10分です。細かな部分までチェックします。実際に訪問し、査定を終えるまで30分程度のゆとりは見ておいてください。

5-2.中古品を購入して使っていた場合でも買取可能? 

中古品でも状態が良好なら、買取対象となる場合があります。いずれも年式やメーカーを重視しており、買取基準に達しているものに限っており、気になる場合は事前にお問い合わせください。

5-3.エアロバイク以外に中古トレーニング器具を売りたい

エアロバイクに限らず、トレーニング器具の買取も行っています。買取基準は、エアロバイクと同じです。新しいものやきれいなもの、大手メーカー品が高額買取になるでしょう。

5-4.長期間使っていないエアロバイクでも売れる? 

長く放置してあったエアロバイクなら、まず動作確認をしてください。キズや汚れがないとしても、動かないものは買い取りできません。処分として回収費用が発生します。

5-5.買取業者を選ぶときは口コミも見るべきか? 

買取業者選びは慎重に行い、見比べることを大切にしてください。ホームページに掲載されている利用者の声や、インターネットの口コミを覗(のぞ)いて見ましょう。いいことも悪いことも、事前にチェックしておけば安心です。

6.まとめ

いかがでしたか? エアロバイクは、健康ブームに乗って勢いで購入したという方が多い反面、同じ運動で飽きてしまうというパターンもあります。ほかのトレーニング器具への買い替えを検討し、手放そうと思うことがあるでしょう。大手メーカーのエアロバイクなら、中古販売店でもニーズがあり、買取を利用できます。捨てるなら処分費用がかかるところ、買取対象となればわずかでもお金に変えることができるのです。手放すなら早めがおすすめで、製造から3年と新しいものだと高額買取になる可能性もあります。不用なエアロバイクがある方は、無料査定を受けてみましょう。思わぬお小遣いになることもありますよ。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス