【納得】スチールラックの処分はこうする!処分方法3つを徹底解説!


スチールラックは、どのように処分すると良いのでしょうか。いざ処分をしようとしたときに、処分方法に迷ってしまうのも事実ですよね。今回は、スチールラックの主な処分方法について3つを徹底解説しましょう。

  1. スチールラックの処分について基本を学ぼう
  2. スチールラックを処分する方法を紹介
  3. スチールラックをリサイクルしたい場合
  4. スチールラックの回収を依頼するための業者選び
  5. スチールラックの処分にかんするよくある悩み

スチールラックの処分に悩んでいる人は、ぜひ読んでください。記事を読み終えるときには、最適な処分方法がみつかりますよ。

1.スチールラックの処分について基本を学ぼう

まずは、スチールラックの処分に必要な基本事項を学びましょう。基本をしっかり頭に入れることは、適切な処分をするためにも必要です。

1-1.スチールラックの素材について

スチールラックの素材は、鉄です。スチールとは、英語で鉄の意味と考えると理解していただけるでしょう。鉄は金属なので、スチールラックは金属ゴミということになります。ただし、スチールラックと名前が付いているものであっても実はアルミニウム製などほかの素材でできていることがあるので注意しましょう。スチール製の場合は、長年使用していると赤いサビが出てくるはずです。

1-2.金属の回収について理解しよう

スチールラックは、鉄でできているためゴミの種類としては金属ゴミであり不燃ゴミの扱いとなります。ただし、自治体によっては「資源ゴミ」として別回収していることもあるため、住んでいる地域ではどのような扱いになっているのか調べてみてください。金属は、リサイクルできる資源として貴重です。資源を有効活用できるように、スチールラックの回収方法について正しく理解しましょう。

2.スチールラックを処分する方法を紹介

では、スチールラックを処分する方法について具体的に解説します。自治体による処分方法と回収業者に処分を依頼する方法について、学びましょう。

2-1.自治体による処分方法

不用になったスチールラックは、自治体にゴミとして出すことができます。ただし、各自治体によって処分方法やルールが異なるので注意しましょう。

2-1-1.各自治体の処分方法を確認しよう

スチールラックは、自治体によってゴミの区分が異なります。まずは、自分が住んでいる自治体でどのような扱いになっているか調べてみてください。スチールラックは、大きさによって粗大ゴミになったり不燃ゴミになったりします。また、リサイクルを目的として資源ゴミの扱いになる自治体もあるので注意しましょう。

2-1-2.自治体に処分を依頼するメリットとデメリット

自治体にスチールラックの処分を依頼することにも、メリットとデメリットがあります。具体的には、以下のような内容となるでしょう。

  • メリット:回収費用が無料もしくは格安なこと
  • デメリット:自治体の指定日時・場所に自分で運ぶ必要があること

自治体に処分を依頼するときは、自分で指定日時・場所に運ぶことになります。都合の良い日に指定があるとは、限りません。忙しい人には、自治体に処分依頼をすると大変です。

2-1-3.自治体に処分を依頼するときの料金

スチールラックは、不燃ゴミや資源ゴミとして回収できる場合は無料です。しかし、粗大ゴミ扱いになると、数百円程度の回収料金が必要になると覚えておきましょう。回収料金については、自分が住んでいる自治体のサイトなどで調べてください。ちなみに、粗大ゴミ扱いになる場合の料金支払いは、主にコンビニなどで粗大ゴミ回収券を購入することになります。

2-1-4.自治体がスチールラックを回収する方法

自治体がスチールラックを回収する方法について、説明しましょう。不燃ゴミや資源ゴミの場合は、週に決まった曜日・時間にゴミ収集車で回収に来ます。また、粗大ゴミになる場合は、粗大ゴミの受付窓口に連絡をして回収日時と場所の指定を受けてください。指定日時・場所に、スチールラックを指示どおり置いておくと自治体の回収車が回収にやってきます。いずれにしても、自分が好きな日時・場所に回収に来てくれるわけではないことを頭に入れておきましょう。

2-2.回収業者による処分方法

自治体のほかにも、回収業者に処分を依頼する方法もあります。ここでは、回収業者にスチールラックの処分を依頼した場合について解説しましょう。

2-1-1.回収業者に依頼をするメリットとデメリット

スチールラックの回収は、回収業者に依頼する方法もあります。回収業者に依頼したときの主なメリットやデメリットについては、以下をご覧ください。

  • メリット:好きな日時・場所を指定して回収依頼ができること
  • デメリット:数千円程度の回収費用が掛かること

回収業者は、回収日時や場所の自由が利くことが何よりのメリットです。特に忙しい人には、回収業者に依頼するメリットが大きいので検討してください。

2-1-2.回収業者の回収方法や仕組みについて

スチールラックの処分を回収業者に依頼した場合、どのような方法や仕組みで回収するのでしょうか。具体的な回収方法や仕組みについては、以下を参考にしてください。

  • 依頼者がスチールラックの回収を業者に依頼する
  • 業者が依頼者に回収費用などの見積もりを出す
  • 依頼者が見積もりの内容に合意した場合は正式に回収を依頼する
  • 依頼者が指定した日時・場所に業者がスチールラックを回収にくる

多くの業者は、実際に回収をする前に見積もりを出しています。見積もりの内容を確認して、納得した場合は正式契約となって回収に進むと考えましょう。

2-1-3.スチールラックの回収料金などについて

スチールラックの回収料金は、業者によって異なります。一例として、下記を目安にしてください。

  • スチールラック単体の回収料金:1個に付き数千円から
  • スチールラックを含むパック料金:0.8立方メーターで12,000円程度から

なお、スチールラックのほかにも同時に処分したい不用品がある場合は、業者に相談しましょう。それぞれ単体で回収依頼をするよりも、安上がりになりますよ。

2-1-4.無料回収業者には用心しよう

最近、街中を営業車で周回しながら不用品回収を呼び掛けている業者を見掛けることができます。しかし、無料回収業者に飛び付くことはやめましょう。無料回収業者の中には、見積もりだけが無料で実際には有料回収になるところもあります。また、回収してほしくないものまで無理やり回収しようした例の報告もあるので注意してください。良い業者は、無理な営業をしなくても問題が無いものです。スチールラックの処分は、自分の目で選んだ業者に依頼してくださいね。

2-1-5.回収業者にスチールラックの処分を依頼するときの注意点

回収業者にスチールラックの処分を依頼するときは、見積もりをもらってから契約を検討するようにしてください。良心的な業者は、回収依頼があると必ず見積もりを出してくれます。見積もり内容を検討する時間をくれるのが、良い回収業者の特徴だと覚えておくと良いでしょう。スチールラックを早く処分したい気持ちもわかりますが、急いで契約をしたばかりに後になってから不満が出ることもあります。じっくりと業者を選ぶことと見積もりの内容を検討することを、心掛けてください。

3.スチールラックをリサイクルしたい場合

スチールラックは、リサイクルできるものもあります。ここでは、スチールラックをリサイクルしたい場合の方法などについて解説しましょう。

3-1.リサイクルできるスチールラックの特徴

スチールラックにも、リサイクルできるものとできないものがあります。そのままの状態で再利用をする場合は、傷や汚れ・サビが目立たないものが条件となることを覚えておきましょう。大きな傷や歪(ゆが)みがあったりサビがひどかったりする場合は、リサイクルできないことも多いです。また、スチールラックだと思っていても、実は素材が鉄ではなかったりそもそも金属でなかったりすることもあるでしょう。金属製のラックはリサイクルできますが、金属以外の素材のものはリサイクルが難しくなると考えてください。

3-2.スチールラックをリサイクルするメリット

スチールラックをリサイクルするメリットは、主に以下となります。

  • 不用品がお金になる
  • 再度必要な人の手に渡すことができる
  • 資源を有効活用できる

自分にとっては不用品でも、ほかの人にとっては必要なものであることも多いです。不用になったスチールラックをリサイクルできる場合は、積極的にリサイクルを考えましょう。

3-3.スチールラックをリサイクルできるところは?

さて、スチールラックをリサイクルできるところにはどんなところがあるのでしょうか。ここでは、自治体などによるリサイクルコーナーとリサイクルショップの例をご紹介します。

3-3-1.自治体などによるリサイクルコーナーについて

自治体や非営利団体などでは、リサイクルコーナーを設置していることがあります。まずは、スチールラックが回収対象になっていることを確認しましょう。回収対象になっている場合は、自分で持ち込むことでリサイクルを依頼することができます。メリットは、気軽にリサイクルを依頼できることや、安心できる依頼先であることでしょう。反対に、デメリットとしては近隣の自治体や非営利団体では、スチールラックのリサイクルを受け付けていない可能性があることです。また、基本的には自分で運び入れる必要があるため手間が掛かる点も理解してください。

3-3-2.リサイクルショップについて

リサイクルショップでも、スチールラックをリサイクル品として買い取りしていることもあります。まずは、リサイクルショップにスチールラックの買い取りを申し込んでみましょう。リサイクルショップでは、買い取り依頼を受けたスチールラックの状態を判断して買い取り可能かどうか判断します。買い取り可能となった場合は、数百円程度のお金を手にすることができるでしょう。なお、買い取りできるかどうかについては持ち込みの場合は無料としているところが多いです。ただし、郵送や宅配便で送付となった場合は、送料が依頼者持ちとなることもあるので注意してください。送料を考えると、ほとんどお金にならないこともあります。また、スチールラックの状態によってはリサイクル不可との判断で、買い取りしてもらえないこともあることを承知しておきましょう。

4.スチールラックの回収を依頼するための業者選び

スチールラックを処分する方法として、回収業者に処分を依頼することも考えてみましょう。それでは、回収業者にスチールラックの処分依頼をするために必要なことを解説します。

4-1.業者選びのコツを紹介

スチールラックの回収を依頼するためには、業者選びから始める必要があります。業者選びのコツのひとつとして、自社のサイトを持っていることが最低限の条件だと覚えおきましょう。料金設定が明確な業者は、自社のサイトでもわかりやすく提示しているので安心です。業者の中には、「詳細はお見積もりで」とだけ記載していて料金設定が不明確なことも多いことでしょう。しかし、料金が不明では検討のしようもありません。やはり、最初から料金設定や取り扱い内容を自社のサイトで親切に紹介しているところを選ぶと間違いが無いですよ。

4-2.業者を選ぶときの注意点

実際に業者を選ぶときには、いくつかの注意点があります。

  • スチールラックの回収を扱っていること
  • 見積もり依頼をしたときの対応が良いこと
  • 契約を無理に急ぐことが無いこと
  • スチールラックの回収費用がリーズナブルなこと
  • 希望の日時・場所に回収に来てくれること
  • 古物商許可や産業廃棄物収集運搬許可を持っていること

このほかにも、質問などのやり取りをしたときに誠実な対応ができる業者を選べば安心です。対応の良い業者に依頼することが、失敗を防ぐために必要だと考えましょう。なお、業者選びの際には、以下も参考にしてくださいね。

エコアース:http://www.e-ecoshop.com

5.スチールラックの処分にかんするよくある悩み

では、スチールラックの処分にかんするよくある悩みについて見ていきましょう。自分では気付くことができないポイントを指摘していることもあるため、きちんと確認しておいてください。

5-1.スチールラックのサビや汚れがひどくても回収してもらえますか?

自治体にゴミとして回収依頼をする場合や、業者に不用品として回収依頼をする場合は、サビや汚れがひどい状態でも問題はありません。安心して処分を依頼してください。ただし、リサイクル希望の場合はサビや汚れがひどいと買い取りの対象外になることもあります。サビや汚れについては実際に現物を見て判断する必要があるため、買い取りできるかどうか相談してみてください。

5-2.スチールラックと同時に不用品も回収してもらえますか?

回収業者にスチールラックの処分を依頼するときに、同時にほかの不用品の回収を依頼することも可能です。ただし、できるだけスチールラックの回収を見積もってもらう前に相談しましょう。回収当日になって相談しても、不用品の量によっては対応ができないこともあるので注意してください。

5-3.スチールラックを部屋から運んでもらえますか?

スチールラックは、重さや大きさがあります。そのため、部屋から運び出すにも大変なことでしょう。回収業者に処分を依頼する場合は、部屋から運び出してもらうことも可能です。ただし、2階以上の部屋からの運び出しや玄関が狭いために窓などから運び出す必要があるときは、オプション料金が掛かることもあるので覚えておきましょう。

5-4.業者で回収したスチールラックはどのように処分するのですか?

不用品として回収したスチールラックは、そのままリサイクルに回すこともあれば解体して金属資源として利用することもあります。きちんとした業者の場合は、不法投棄の心配はありませんので安心しましょう。なお、回収業者は「古物商許可」や「産業廃棄物収集運搬許可」を持っているところを選んでください。無許可で営業している業者には、依頼しないようにしましょう。

5-5.リサイクルと比較して業者に回収依頼をするメリットは何ですか?

不用になったスチールラックをリサイクルに出すことも、たくさんのメリットがあります。しかし、デメリットとして自分でスチールラックを持ち込む必要がある点を忘れてはいけません。スチールラックは、大きくて重いものです。解体しても、運ぶのは大変でしょう。業者に回収依頼をした場合は、自分で運び出す必要がありません。労力や手間を掛けずにスチールラックを処分できるという点が、業者に回収依頼をする最大のメリットだと考えましょう。

まとめ

今回は、スチールラックの処分について具体的な方法やコツなどを詳しく解説しました。記事を読み終えた今、皆さんの中で理解は深まったでしょうか。スチールラックもキレイなものは、リサイクルが可能です。スチールラックも貴重な金属資源のため、できるだけリサイクルを考えて処分方法を決めましょう。また、不用品として回収業者に依頼することで、自分で運ぶ必要も無く好きな日時に回収が設定できます。ほかの不用品の処分も併せて、利用を検討してみてくださいね。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス