ロードバイクを買取に出すルール~要点を押さえて賢く中古に出す~


ロードバイクは自転車ですが、ママチャリと呼ばれる一般的なシティサイクルとは価値が異なります。粗大ごみとして処分するのはもったいないでしょう。
そこで、検討するのが「買取」ですが、ロードバイクの取引はなんだか難しそうに感じますね。ロードバイクには防犯登録もあり、市場価格もあまりなじみがありません。
ですが、コツさえつかんでしまえば簡単です。
この記事ではロードバイクの買取について一挙に解説していきます。わかりやすくまとめていますので、初心者の方でも安心してくださいね。

  1. ロードバイクの魅力
  2. ロードバイクの買取は簡単!
  3. ロードバイクの買取方法について
  4. ロードバイクの防犯登録に気を付ける!
  5. ロードバイクの買取業者を選ぼう
  6. ロードバイクの買取に関するよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことでロードバイクの買取がスムーズに進むでしょう。事前にコツを知っておくことで、査定額アップにもつながります。

1.ロードバイクの魅力

ロードバイクはただの自転車ではありません。買取できるのも世界中で人気があるからこそ! この項ではロードバイクの世界について述べていきましょう。

1-1.定義

ロードバイクと聞くと「2センチほどの幅しかない細いタイヤ」と「ドロップハンドル(下に曲がったハンドル)」が浮かぶことでしょう。軽くて滑らかなフォームは高速走行に適しており、長時間の運転でも疲れにくい構造をしています。また、タイヤが細いので「パンクしやすいのでは?」と思われがちでしょう。しかし、空気圧が高いためロードバイクは通常の自転車よりもパンクしません。だからこそ、100キロ以上の速度を出すことも可能なのです。
ちなみに、世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」もロードバイクによる競技であり、世界中から人が集まります。

1-2.ロードバイクの人気

日本ではあまりなじみのないロードバイクですが、ヨーロッパではサッカーと同等の人気を誇っているスポーツです。風を切って走る爽快感(そうかいかん)は多くの人々を魅了し、日本でも通勤に利用している方を見かけます。最近では少年マンガ「弱虫ペダル」が人気を集めましたね。

1-3.人気の理由

ロードバイクの魅力は2つ挙げられるでしょう。
1つ目は「風と一体化できるところ」にあります。
自転車には人力では出せない速さで走れる利点がありますが、ロードバイクは自動車にも匹敵するでしょう。そのため静かな田舎道を進めば、聞こえるのは自分の走行音だけということもあるのです。週末に60キロ前後の距離を走る方も数多くいます。
2つ目は「ロードバイクの見た目」です。
機能性を追求していった結果、現在のロードバイクは美しい造形になりました。速さと乗り心地を考えて作られた無駄のないフォームは、純粋に美しいものです。また、自動車やバイクと違って簡単に部屋へ運び入れることができ、観賞用に部屋に置く方もいます。外で走ったあとは「必ず手入れをする」という方も多いですね。

1-4.人気のブランド

ロードバイクで人気なブランドは、フランスのLOOK(ルック)でしょう。
ビンディングペダルをロードバイク業界にもたらし、カーボン素材をツール・ド・フランスに初めて持ち込んだメーカーです。カーボンフレームの老舗ブランドとしても有名でしょう。「2000年から3年連続でツール・ド・フランス山岳賞」「2004年のアテネオリンピックでは9個のメダル」をそれぞれ獲得しており、実績を残しています。

同じくフランスのTIME(タイム)も人気です。
大元はTVT社というところで、社が分裂した際にTIMEが生まれました。ちなみに、片割れは上記のLOOKです。TIMEは「2005年・2006年のロードレース世界選手権優勝」など素晴らしい実績を残しています。ですが、最近はプロツアーチームへの供給は減少気味です。グランツールなどでも特出した活躍はほとんどありません。

また、ハートマークが目を引くイタリアのDE ROSA(デローザ)も人気です。
レース界で高い評価を得ており、伝統あるイタリアンブランドとして注目を集めています。
人気ブランドのアンケート

1-5.新品の価格帯

ロードバイクは高額になりがちですが、およそ価格帯が決められています。
安いものとして数万~15万円。
フレームの素材は「アルミ」ですが、軽くて丈夫なので初心者の方におすすめできます。「休日に走りたい」「通勤に使いたい」と気軽に楽しみたい方にもうってつけですね。

次に15~20万円。
フレームは「アルミ」もしくは「カーボンフレーム」です。レースやイベントに参加することも可能で、山岳コースにも挑める仕様になっています。スポーツとしてロードバイクを楽しみたいという方におすすめできる価格帯です。

それでは、20万~40万円はどうでしょう。
フレームにカーボン素材を使用しており、乗り心地がよいことが大きな特徴です。パーツによって価格は異なりますが、この価格帯だと女性でも安心して乗ることができるでしょう。カーボン素材には振動を吸収する性質があります。長時間の走行でも体に負担が少ないので、ご年配の方にもおすすめでしょう。

最後に40万円以上のロードバイクについてです。
振動の吸収・耐久・軽さなどすべてが最高レベルといえるでしょう。大げさに感じるでしょうが、少ない力ですっと速度が出る感覚はぜひ味わっていただきたいものです。本格的にロードバイクで走りたい方は、この価格帯を考慮するとよいでしょう。

2.ロードバイクの買取は簡単!

ロードバイクは買取できます。本や電化製品と違ってあまりなじみがないでしょう。ですが、実は自転車の取引もよく行われているのです。

2-1.メリット

ロードバイクを買取に出すメリットは、パーツ単位で買取してもらえる点にあります。もちろん次のロードバイクを買う費用の足しにできますし、ロードバイクの中古市場は確立しているので買値も安すぎるということはありません。
また、普通に処分すると「粗大ごみ」扱いとなり、費用がかかると覚えておいてください。そのため買取に出す方がお得といえます。

2-2.買取できるもの・できないもの

あまりにも傷が多いと買取はできません。ですが、ロードバイクは故障していてもパーツを売ることが可能です。迷ったらまず査定に出してみることをおすすめします。

2-3.通常の自転車(ママチャリ)の買取との違い

第一に金額でしょう。10万円以上するロードバイクは、買値が付かないということが少ないです。一方ママチャリはもともとの販売価格が安いので、そもそも中古を買おうとする人が少ないといえます。ロードバイクと違い、在庫を抱えるリスクが高いのです。

2-4.「古いもの」「傷もの」について

上記でも述べましたが、ロードバイクはパーツごとのリサイクル・リセールができます。そこで、気を付けていただきたいのが「ロードバイクは速さや快適さを求めてパーツを交換する方が多い」ということです。なぜ気を付けるのかというと、実のところロードバイクの買取は「オリジナルに近い状態」の方が高く見積もってもらえます。したがって、パーツに欠品があれば査定は不利になりがち。純正品の方が高く評価される可能性があるので、ブレーキなどの消耗品もヘタに交換しない方がよいでしょう。

2-5.人気のブランドは?

ロードバイクの買取は「人気の影響」を顕著に受けますが、この項で一挙に紹介していきます。買取に出すか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • ANCHOR(アンカー)
  • BASSO(バッソ)
  • BE・ALL(ビーオール)
  • BH(ビーエイチ)
  • BIANCHI(ビアンキ)
  • BMC(ビーエムシー)
  • BOMA(ボーマ)
  • CANNONDALE(キャノンデール)
  • CARRERA(カレラ)
  • CENTURION(センチュリオン)
  • CERVELO(サーベロ)
  • CINELLI(チネリ)
  • COLNAGO(コルナゴ)
  • CORRATEC(コラテック)
  • DE ROSA(デローザ)
  • EDDY MERCKX(エディ・メルクス)
  • FELT(フェルト)
  • FOCUS(フォーカス)
  • FONDRIEST(フォンドリエスト)
  • GIANT(ジャイアント)
  • GIOS(ジオス)
  • INTERMAX(インターマックス)
  • JAMIS(ジェイミス)
  • KONA(コナ)
  • KUOTA(クオータ)
  • LAPIERRE(ラピエール)
  • LOOK(ルック)
  • TIME(タイム)
  • LOUIS GARNEAU(ルイガノ)
  • MERIDA(メリダ)
  • MONGOOSE(マングース)
  • OREBEA(オルベア)
  • FUJI(フジ)
  • PANASONIC(パナソニック)
  • PINARELLO(ピナレロ)
  • RALEIGH(ラレー)
  • RIDLEY(リドレー)
  • RITEWAY(ライトウェイ)
  • SCOTT(スコット)
  • SPECIALIZED(スペシャライズド)
  • TREK(トレック)
  • VOODOO(ブードゥー)
  • WILIER(ウィリエール)

3.ロードバイクの買取方法について

ロードバイクの買取を難しく考える必要はありません。この項ではロードバイクを「ただ処分する」以外の方法について述べていきます。

3-1.買取してくれるところ

「オークションに出す」という選択です。
パーツごとに価格を自由に決められるので、無駄のない取引が可能! ただ、ロードバイクは小さなものではないので配送時にトラブルが起こるケースもあります。また、盗難車の売買が近年増加していますので気を付けましょう。あなたが中古で買ったものを買取に出した結果、盗難車だった…なんてこともあり得るのです。万が一盗難車を購入した場合、持ち主に無償で返さなくてはなりません。

「下取りに出す」という選択もあります。
お店によって異なるでしょうが、新しい自転車・ロードバイクを買うとき下取りに出すことが可能です。買取専門店と比べると査定額が低いケースもありますが「手間が少ない」のが利点でしょう。

上記の2つは浮かびやすい買取場所です。ほかにも「リサイクルショップ」「自転車の買取専門店」がありますが、どちらが得とは断定できません。ですが、自転車の買取に限らず、専門的な知識がある「専門店」の方が価値を理解してもらえることは間違いないでしょう。愛車を手放すなら、正当な価値を付けてくれるところを選びたいものです。

3-2.買取相場

ロードバイクの買取相場は「専門店によって異なる」といえるでしょう。
数千円ということは稀(まれ)ですが、10万円を下回るケースはままあります。もちろん、高いものなら中古でも30万円以上で買い取ってもらえることもあるでしょう。人気の車種かどうかは、インターネットで「ロードバイクの名称」「中古」などで検索してみると調べられます。

3-3.査定について

ロードバイクは十分に高価な品物ですので、複数のお店で見積もりをしてもらいましょう。1社で決めてしまうと、あとあとになって後悔することもあります。数社を比べて査定額が最も高いお店に買取をお願いした方が、きっと納得がいくはずです。インターネットで簡単に査定をしてくれる買取専門店もありますし、電話で大体の値段を教えてもらうこともできます。面倒臭がらずに必ず数社に見積もりを依頼しましょう。

3-4.高額査定のコツ、高額査定商品とは

ロードバイクを高く買取してもらうには自転車の「売り」を理解することです。
同価格帯と比べてどんな利点があるのかを調べておくことで、お店の人がしっかりと査定してくれているのか確認できます。
また、希望額を明確に伝えた方がよいでしょう。お店側は「売れる商品」なら多少の譲歩はするものです。たとえば、お店でロードバイクを購入したお客さんは、友人や知人に「どこで買ったか」を話す機会があるでしょう。お客さん自体もリピーターになる可能性があります。つまり、あなたからのもうけが少なくても、長い目で見たら顧客獲得につながるのです。そのため遠慮せずに希望額を伝えましょう。
なお、ロードバイクは需要に加えて「メーカー名」「ブランド名」「製造年」「自転車の状態」などと買取のチェック項目がたくさんあります。ご自身でも「製品名・型番」「購入した時期」「付属品・説明書の有無」などを把握しておきましょう。その際、ぜひおすすめしたいのが「ロードバイクを洗浄すること」です。少しの泥ぐらいで査定に響くことはありませんが、きれいにすることで破損箇所や傷を確認できます。

3-5.申し込み方法

ロードバイクの買取は「インターネット」「メール」「電話」で簡単に申し込むことができます。電話連絡以外なら24時間受け付けているところが多いので、気軽に問い合わせることができるでしょう。

3-6.注意点

インターネットを閲覧された方はおわかりでしょうが、どこの専門店でも取り扱っているロードバイクの車種は似たり寄ったりです。つまり、買取専門店が歓迎するのはブランド自転車に限られ、ママチャリなどの一般的な自転車は買取してもらえないということになります。

4.ロードバイクの防犯登録に気を付ける!

ロードバイクを買取に出すとき「防犯登録の処理を忘れてはいけない」と覚えておきましょう。必ずやるべきことです。下記に詳しく解説していきますね。

4-1.防犯登録とは?

ロードバイクに限らず、自転車の防犯登録は法律で義務づけられています。自転車の盗難・放置などを改善するため平成6年6月より施行されました。そのため防犯登録ステッカーをはっていないと、警察に職務質問をされる可能性もあります。

4-2.買取の場合「防犯登録」はどうすればいいか?

ロードバイクを買取に出すとき、自分の防犯登録を抹消するか、「防犯登録カード」あるいは「譲渡証明書」を一緒に渡しましょう。防犯登録は名義変更できません。そのため所有者が変わるときは手続きを最初からする必要があります。いちど他人の防犯登録を解除し、「自分の名義」で登録するのです。費用は500円から600円でしょう。
ですが、「防犯登録カード」も「譲渡証明書」もない場合は防犯登録できません。出所不明の自転車に防犯登録しては問題です。どんな自転車量販店でも引き受けてくれないでしょう。

4-3.防犯登録を抹消しないとどうなるか?

防犯登録をかけたままロードバイクを買取に出してしまうと、当然ながら次の購入者が防犯登録できません。もし自転車が盗まれてそのあと発見されたとしたら「新しい購入者」ではなく「元の所有者」に連絡が入ります。もちろん、お金を払って購入した人が「盗んだ」と勘違いされる可能性もあるでしょう。

4-4.注意点

良心的なのはロードバイクの防犯登録を解除しておくことです。
その際、「自転車本体」「自転車防犯登録カード」もしくは「保証書・車体番号等が記入されている領収書」が必要となります。自分が所有していることを証明できないと「登録解除」は不可能と覚えておいてください。「新しい購入者が登録の解除をする場合」も同じです。上記の必要書類がないと、登録を解除する自転車が「元の所有者のもの」であると証明できないため登録を解除できません。
なお、防犯登録カードなどの書類をなくしている場合は、元の所有者に「譲渡証明書」を書いてもらいましょう。簡単なもので大丈夫です。「自転車を譲る人」「もらう人」の住所氏名の自署と押印をして、譲渡の旨を書けば問題ありません。

5.ロードバイクの買取業者を選ぼう

「ロードバイク買取業者」とインターネットで検索するといくつもヒットします。この項では業者を選ぶ基準を記していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

5-1.業者選びのポイント

ロードバイクの買取業者を選ぶとき、まずは専門店かどうかを確認しましょう。自転車の買取専門だと思っていたが、連絡すると「リサイクル店」だったというケースがあります。
「ロードバイク専門店」と「リサイクル店」では査定額に違いがあるので要注意です。
また、買取以外に販売・メンテナンスをしているかチェックしましょう。販売していれば直売できるぶん高額査定につながります。そして、メンテナンスをしていないところだと引き取ったまま販売する可能性があるので、査定額も低くなりがちです。
なお、ロードバイク以外にも不用品がある場合は「不用品回収業者」に依頼するのも1つの手でしょう。まとめて依頼すれば「処分費用のかかるもの」と相殺して結果的に安く済ませることもできます。「専門の鑑定士」を採用している業者を選べば足元を見られる心配も少ないでしょう。

5-2.「査定」「買取金額」について

ほとんどのロードバイク買取専門業者は、連絡すると担当者が事前に査定価格を提示してくれます。「仮査定」とでもいいましょうか。価格を確認したあとに買取を依頼するか決めることができるので、手間と負担が少ないといえるでしょう。
また、リアルタイムの相場で「適正な価格」を提示してくれ、余程の問題がない限り仮査定より大幅に低い買取金額ということはありません。

5-3.業者はどうやって買取するの?

ロードバイクの買取方法は大きく分けて「出張買取」「店頭買取」「宅配買取」の3種類にわかれます。
「出張買取」
業者が自宅まで査定に来てくれて、金額に納得すれば即現金を支払ってくれます。
「店頭買取」
店舗にご自身で持ち込み、査定してもらいます。
「宅配買取」
ロードバイクをご自身で梱包(こんぽう)し、業者宛(あ)てに送ります。

5-4.注意点

ロードバイクは盗難が多いです。「盗まれる」ということは「需要がある」ということで、残念ながら業者が加担しているケースもあります。思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、事前に悪徳業者でないか確認しましょう。
会社概要などに目をとおすのはもちろん、連絡がきちんと取れるか・電話応対は丁寧かなどに注目して判断してください。
なお、買取業者はほとんどが再販をするため「古物商」の許可が必要です。許可証を取得していない業者は避けましょう。

6.ロードバイクの買取に関するよくある質問

この項ではインターネットを介して寄せられるお問い合わせ内容をまとめてみました。ロードバイクの買取に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.宅配買取って自分でダンボールとかを用意して梱包するの?
A.もちろんご自身で梱包することも可能ですが、ロードバイクの買取専門業者から「梱包キット」が送られてくるはずです。

Q.実際、汚れたままだと査定額は下がるの?
A.確かにきれいな状態の方が査定はしやすく、業者でクリーニングする手間も少なく済みます。ですが、「汚れ」で査定額が大幅に下がるということはありません。ただ、汚れを落とした際に「サビ・破損」を発見した場合は査定額に影響するでしょう。その点を考慮し、「ロードバイクの状態を確認する」という意味合いでいちど掃除することをおすすめします。

Q.自転車の商品名がわからないときはどうすればよいでしょうか?
A.心配ありません。業者の方から商品の特徴についていくつか尋ね、ロードバイクを特定します。不安がらずに、お気軽にお問い合わせください。

Q.18歳未満でも買取は依頼できる?
A.18歳未満のお客様ですと保護者様の許可が必要となります。18歳未満の方からの買取は古物法で禁止されていますので、どこの業者であっても保護者様の承諾なしには取引できません。

Q.ほかのスポーツ用品も売りたい場合は、総合リサイクル店に依頼するしかないですか?
A.もちろん総合リサイクル店に依頼することもできます。ですが、「不用品回収業者」でも高価買取を実施していますので、ぜひご検討ください。参考までに、弊社(株式会社エコアース)ではこのような商品を買取しております。

まとめ

いかがでしょうか? ロードバイクは普通に処分しては「粗大ごみ扱い」で費用がかかってしまいます。ですが、買取なら次の自転車を購入する資金を得ることもできるので、絶対におすすめです。この記事を読んで買取を決意していただけたら、まずはお持ちのロードバイクの市場を調べることから始めてみましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス