【遺品整理はどっちが得?】不用品回収業者と行政サービスの違いは?


親の遺品整理では、不用品の処分で困っている方も多いのではないでしょうか?不用品は、行政が行う粗大ごみ回収サービスか、不用品回収業者へ依頼をするのが一般的です。そこで、この記事では、行政サービスと不用品回収業者の違いをご紹介します。遺品整理をする際に、どちらのサービスを使えばお得か、比較しました。ぜひチェックしてみてください。

  1. 行政と不用品回収業者を比較!
  2. 不用品回収業者のメリット
  3. 遺品整理を依頼するなら…
  4. 不用品回収業者の選び方

1.行政と不用品回収業者を比較!

昔は、不用品を処分する場合、行政サービスを利用するのが一般的でした。しかし、最近では、不用品回収業者に依頼する人が増えています。どちらが今のあなたの状況にあっているのでしょうか。行政と業者の違いをチェックしてみましょう。

1-1.不用品処分の依頼方法

行政サービスを利用する場合は、粗大ごみの収集を受け付けるセンターへ電話で依頼します。回収日時や場所が決められていますので、スケジュールを合わる必要があるでしょう。お住まいの地域の自治体HPなどで確認してみてください。一方、不用品回収業者は、お店にもよりますが、電話やインターネット・メールから申し込みできます。自分の都合のいい時間に、見積もりを依頼できるため、便利です。

1-2.不用品の処分費用は?

行政も不用品回収業者も、回収費用がかかります。行政サービスでは、自治体により回収ルールが違いますので、依頼時に確認しておきましょう。自治体でかかる費用の目安は、1000円~3000円。業者に依頼する場合は、500円~5000円前後になることが多いです。支払いは、回収日に、現金で行います。お店によってはクレジットカードが使えるところもあるでしょう。費用は行政サービスが若干安いですが、不用品回収業者の場合、不用品をまとめて依頼することで安くなるケースもあります。

1-3.処分にかかる時間は?

行政サービスの場合、自治体により、回収頻度や日時が違います。そのため、依頼して回収されるまで時間がかかることも多いです。急いで処分したくても、決められた日時まで待たなくてはいけません。業者に依頼すれば、早急に対応してくれるお店もあり、自分の都合に合わせて処分できます。

2.不用品回収業者のメリット

2-1.手間も時間も労力もかからない

不用品回収業者を依頼する最大のメリットは、手間も労力もかからないところです。電話一本で、自宅まで取りに来てくれます。見積もりは無料で、業者によっては即日対応してくれるところもあるでしょう。24時間対応の業者を選べば夜間でも対応してもらえます。
また、行政サービスでは指定された場所に自分で運ばなくてはいけません。業者に依頼すれば、わざわざ指定場所まで運ぶ必要もなくなります。手間や時間を省くには、大変おススメのサービスです。

2-2.基本的になんでも回収してくれる

不用品の中には、家電リサイクル法の対象になるものもあるでしょう。行政サービスでは、自治体により回収品目に制限があります。回収してもらえない不用品もあるのです。不用品回収業者は、回収品目も多く、家具・家電から事務用品、引越しのごみまで回収してくれます。

2-3.買い取りしてくれる

不用品回収業者の中には、買い取りサービスを行う業者も多いです。要らなくなった不用品を買い取り査定してもらい、そのお金をその他の不用品の回収費用に充てることもできます。見積もり・回収・買い取り査定まで迅速に対応してもらえますので、気軽に相談してみましょう。

3.依頼するならどっちがお得?

遺品整理を行う場合、遠方から出向き、何日もかけて片付ける人も少なくありません。作業は、限られた期間で、なるべくスピーディーに行う必要があるため、臨機応変な対応ができる不用品回収業者をおススメします。不用品回収業者によっては、遺品整理を得意とする業者も多いです。掃除や片付け、不用品回収までトータルで行う業者もあります。行政サービスを使うと、費用は安く済むでしょう。しかし、時間や労力を比較しても、不用品回収業者を使う方がお得になるケースがあるのです。遠方の場合や忙しい人、作業自体が困難な人は、業者に依頼することをおススメします。

4.不用品回収業者の選び方

メリットの多い不用品回収業者ですが、最近多くのトラブルも報告されています。業者を選ぶ際に注意してほしいところをまとめました。これから業者に依頼しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

4-1.自治体の許可を得ているか?

業者が不用品の回収、買い取りを行う場合、古物商や廃棄物収集運搬業などの許可が必要です。優良な不用品回収業者は、HP上で個別番号を掲載しています。古物商番号が記載されていない場合、業者に確認してみるといいでしょう。この許可を得ている業者に依頼すれば、不法投棄のリスクも回避できます。また、遺品整理の不用品には個人情報が含まれることも多いですよね。機密情報やプライバシーの取り扱いにたけている業者を選ぶようにしましょう。

4-2.見積書・領収書を発行してくれるか?

不用品回収業者のトラブルで最も多いのが、「料金トラブル」です。料金は事前に見積もり依頼し、見積書を作成してくれる業者を選びましょう。無料見積もりを依頼するときは、見積もりが無料かどうかも電話で確かめてください。当日の作業中、追加で不用品が出た場合は、見積もりで出た金額より高くなることもあります。そのようなケースも考え、作業途中の変更があれば報告してもらうように話しておくと安心です。
料金の支払い後、領収書を渡さない業者もいます。領収書がなければ、後で問題が生じたとき対応ができません。必ずもらうようにしましょう。

4-3.所在地が明らかな業者を選ぼう

最近、増えているのが、事務所を構えずトラック1台で営業している業者とのトラブルです。所在地がわからないと、トラブルがあったときに連絡が取れなくなってしまうこともあります。固定電話があり、事務所を構えている業者を選ぶようにしましょう。携帯電話だけで営業している業者は、処分を格安で行ってくれる場合も多いです。しかし、トラブルを回避するためには、 料金だけで選ばず、 さまざまな業者と比較してください。インターネットで口コミを検索してみるのもおススメです。安心して依頼できる業者を選択しましょう。

4-4.費用を安くするポイント

業者に依頼する場合、費用をできるだけ抑えるには不用品をまとめて回収してもらうことです。買い取りを行う業者を選べば、買い取り料金と回収費用を相殺してもらえます。定額プランやお得なパックサービスを実施している業者も多いです。何社か候補をあげ、見積もりを依頼してみましょう。

5.まとめ

不用品回収業者と行政サービスの違いをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
行政と業者、それぞれにメリット・デメリットがあります。自分の状況にあった方法を選んでみてください。

  • 行政と不用品回収業者を比較!
  • 不用品回収業者のメリット
  • 遺品整理を依頼するなら…
  • 不用品回収業者の選び方

遺品整理のメニューを独自に設けた業者も多く存在します。1軒丸ごと片付けてくれるプランもありますので、ぜひ検討してみましょう。業者とのトラブルを防ぐために、この記事でご紹介した「不用品業者の選び方」を参考にしてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス