自分で挑戦DIY!ガスコンロの交換は意外と簡単って知ってますか?


古くなったガスコンロを新しくしたい!そんなとき、「業者に依頼するまでもないけど、自分で交換するには方法がわからない」となるのではないでしょうか。実は、ガスコンロの交換は簡単にできてしまいます。ここでは、ガスコンロの交換方法と処分方法をお教えしましょう。

  1. ガスコンロの種類について
  2. ガスコンロの交換方法
  3. ガスコンロの処分方法

1.ガスコンロの種類について

まずは、ガスコンロの種類を知りましょう。あなたのお宅のガスコンロはどの種類ですか?

1-1.ガステーブル

ホームセンターや家電量販店でも売られている、一般的なガスコンロです。ほとんどのご家庭がこのタイプでしょう。1口タイプから3口タイプまで種類がありますが、2口のタイプがもっとも豊富な種類で販売されています。賃貸物件の場合、自分でガスコンロを設置しなければならないこともよくあることです。

1-2.ビルトインコンロ

キッチンの一部としてガスコンロが埋め込まれています。グリルやオーブンなどがセットになったタイプもあり、こちらのタイプの場合自分で交換することは不可能と思っていいでしょう。専門の業者に依頼することをおすすめします。

2.ガスコンロの交換方法

ガステーブルの場合は簡単に交換することが可能です。手際よく、必要なことを実行しましょう。

2-1.まずはガスのタイプを知る

都市ガスとプロパンガスのどちらのガスを使用しているのかを確認します。引っ越しのときも十分に気をつけなければならないポイントです。都市ガス専用のガスコンロもありますので、プロパンガスに接続してしまわないようにご注意ください。
ひとつの目安として、ゴムホースがオレンジ色の場合はプロパンガス、ベージュの場合は都市ガスになります。交換する際には同じタイプのホムホースを、必要な長さ分準備しておきましょう。新しくガスコンロを購入した際に、セットになっている場合もあります。

2-2.設置場所の確認

ガステーブルのサイズを確認しておきましょう。56センチタイプと60センチタイプがあり、現在はほとんどが60センチタイプです。古い物件などの場合は56センチが主流でしょう。

2-3.ガスコンロの設置手順

まずは、ガスの元栓をきっちりと閉めましょう。接続口の形状は2種類あり、ホースエンド型とコンセント型です。コンセント型の場合はゴムホースとバンドのほかにソケットが必要になりますので準備しておきましょう。

元栓を閉めたら、古いゴムホースを抜きます。そして、そのまま古いガスコンロを撤去しましょう。撤去したあとには、油汚れなどがこびりついている場合があります。新しく設置する前にキレイに掃除しておきましょう。

設置場所がキレイになったら、早速新しいガスコンロを設置します。油汚れを防ぐためにも、専用のシートなどを置いておくといいですね。設置したら新しいゴムホースをつないで完了。

いかがでしょうか。とても簡単ですね。男性だけでなく誰にでも設置ができるくらい簡単な作業で、特に資格が必要なこともありませんのでご安心ください。やり方さえ覚えてしまえば、今後は交換に困ることもないでしょう。突然買い替えなければならないことになっても大丈夫です。

2-4.ビルトインコンロの場合は

基本的に業者に依頼する必要がありますが、DIY感覚で壊れてもいいというくらいの勢いで交換に挑戦してみるのは構いません。YouTubeに動画で手順を載せているものもありますし、実際に素人が交換したときの手順などを紹介したサイトもあるので確認してみてもいいでしょう。

業者の場合、ガスがもれないように専用の接着剤などを使いますが、そのへんが素人には難しいのではないかと思います。もしガス漏れを起こしてしまったら・・・ということを考えれば、やはり業者に依頼したほうが無難でしょう。

3.ガスコンロの処分方法

古いガスコンロを処分する方法としては、大きく分けて3つあります。

  • 粗大ごみとして捨てる
  • 不用品回収業者に依頼し処分してもらう
  • リサイクルショップなどに持っていく

3-1.粗大ごみとして捨てる場合

ガスコンロはリサイクル法に関係ないため、粗大ごみとして捨てることが可能です。しかし、あくまでも危険物ですので、捨てる際には配慮が必要。自治体の捨て方に沿って処分しましょう。費用もほとんどかからないことがメリットですね。

3-2.不用品回収業者に依頼する場合

一番確実に手間のかからない方法は、不用品回収業者を利用する方法です。自宅まで見積りに来てもらうと便利でしょう。費用はかかりますが、確実に処分することができ、運ぶなどの手間がかからないのが最大のメリットです。
ビルトインコンロを処分する際にも、不用品回収業者に依頼するといいでしょう。業者によっては撤去から処分まですべて担ってくれる場合があります。新しいコンロの設置まで可能な場合がありますので、事前に相談してみるといいですね。

3-3.リサイクルショップを利用する場合

リサイクルショップに持ち込んでも、古くて使い込んでいるものは値段がつかないと思っていいでしょう。ほぼ新品の状態でも買い取り価格は安く、捨てたほうがましだったかもとなる場合も。それでも、ごみにしてしまうくらいなら再利用目的でリサイクルショップに持ち込むこともありです。持ち込む前には、油汚れなどをキレイにし、完全に掃除した状態にしたほうが買い取り価格に期待できるでしょう。できれば、ゴムホースなどのパーツもそろった状態が好ましいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?テーブルタイプのガスコンロなら、今すぐにでも交換設置が可能です。女性にでもできるような作業ですが、そこそこの重さがあるので動かすときにはご注意ください。
さすがに、ビルトインコンロの交換になるとやり方も専門的ですし、取り替えるにも大変です。買い替えや取り替えの時期がきたら、まずは業者に相談しましょう。ある程度の道具さえそろえれば、自分でできなくもないので、挑戦してみてもいいかもしれません。その際にはガス漏れや破損、ケガには十分注意して行ってください。万が一のガス漏れに備えて、換気をした状態で作業することをおすすめします。これは、ガステーブルの場合にも同じです。危険物を扱っているという認識を持って作業しましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス