灯油の正しい捨て方知ってる?あまった灯油の処分方法教えます。


冬に購入した灯油が中途半端に余っていませんか?
灯油は、使い切ろうと努力しても、使い切れず残った灯油の処分方法に困ってしまう方が多いようです。灯油の捨て方を間違えば、火災が発生する原因になるかもしれません。
そこで、今日は、灯油を正しく処分する方法をご紹介します。灯油が余って困っているという方、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. 少量の灯油を処分する
  2. 残った灯油が大量の場合どうする?
  3. 灯油の危険な捨て方
  4. 灯油の長期保管について

1.少量の灯油を処分する

どうしても使い切れず、ファンヒーターや灯油のプラスチック製ポリタンクの底にわずかに残った少量の灯油。
中途半端に余ってしまった灯油はどのように捨てればいいでしょうか?

1-1.新聞紙を使う方法

わずかに残った灯油であれば、新聞紙を使って処分する方法が一番簡単です。

  1. 雑巾や新聞紙に灯油を染み込ませる
  2. 染み込ませた新聞を新しい新聞紙で包む
  3. ビニール袋に入れ可燃ごみとして出す

量としては50㏄~100㏄くらいのわずかな量です。ただし、何かの要因で発火してしまう危険性もあります。扱いには十分注意してください。自治体によっては、灯油を可燃ごみとして出せない地域もあります。また、可燃ごみとして出せる灯油の量も定められているでしょう。捨てる前に、必ず電話かホームページで確認してください。

2.残った灯油が大量の場合どうする?

2-1.ガソリンスタンドに持っていく

大量に余った灯油の場合、ガソリンスタンドに引き取ってもらうという方法があります。危険物の扱いに慣れているガソリンスタンドに持ち込めば安全に処分してくれるでしょう。処分は基本的に無料ですが、お店によって有料で行う場合もあります。また、すべてのガソリンスタンドで受け付けてくれるわけではないようです。近くのガソリンスタンドに電話で確認してから持ち込むといいでしょう。

2-2.知り合い、学校などにわける

新しい灯油であれば、友達や知り合いにわけるのも手軽です。また、学校や施設などに声をかけてみるのもおススメ。まだまだ暖房が必要な施設だと大変喜ばれることでしょう。灯油を持っていく際には、灯油用のプラスチック製タンクを使用し、フタがしっかり閉まっていることを確認してください。古い灯油は、暖房器具の故障につながります。いつ購入したものかを伝え、安全に使用できるような配慮が必要です。

2-3.不用品回収業者を利用する

ガソリンスタンドが近くになく、あげる知り合いも見つからない場合は、灯油を回収してくれる不用品回収業者に依頼しましょう。自宅まで回収に来てくれるところが多く、早ければ即日回収も可能です。重たいポリタンクを持ち込まなくても、電話1本で処分できます。意外と知られていませんが、不用品回収業者の中には、危険物の取り扱いができるところも少なくありません。行政のルールに従い安全に処分してくれますので安心です。忙しい方、自分で処分先に持ち込めない人には最適な方法でしょう。引越しなどで残った灯油を急ぎで処分しなければいけない場合、引越しで出た不用品と一緒にまとめて回収してもらえますのでとても助かります。

3.灯油の危険な捨て方

灯油は、処理基準が厳しく定められた「特別管理廃棄物」です。安易な気持ちで、間違った処分方法をやってしまうと、火災の原因になるかもしれません。安全性を高めるために、やってはいけない危険な灯油の処分方法を確認していきましょう。

3-1.ファンヒーターや暖房器具を使い使い切る

昔の人に多いのですが、余った灯油を使い切ろうと、庭やベランダでファンヒーターをつけっぱなしにする人がいます。暖房器具を稼働させ、灯油を使い切る場合は、取り扱い説明書をよく読んでから行うようにしましょう。また、洗濯物を乾かすのにお風呂場でファンヒーターを使う人も多いです。 間違った使い方をすると一酸化炭素中毒を起こす危険もあります。お風呂場など室内での使用はなるべく避け、どうしても使用する場合は、換気を行いましょう。

3-2.庭や空き地に流す・燃やす

庭や空き地に穴を掘って灯油を捨てる方法は絶対にやめましょう。灯油は、発火点が220度、引火は40度だといわれています。常温ではもちろん、発火の危険性は少ないのですが、もし、灯油を埋めた庭や空き地にタバコをポイ捨てする人がいれば、引火する可能性は十分にあるのです。近くに燃えやすいものがあれば、あっという間に燃え広がり大きな火災になることも。ちょっとだからと、安易な気持ちで、地面に捨てることだけはやめましょう。
また、庭や空き地で燃やす方法もやめてください。灯油を、処分しようとして、火事になるケースも少なくありません。気化した灯油に火がついて、爆発することも考えられます。

3-3.その他の危険な捨て方

下水やトイレに流す、プラスチック製タンクのまま捨てる、液体のままパックに入れて捨てることは大変危険です。流れた下水道内で火事を引き起こす可能性もありますので。燃えやすい灯油の近くで火は使わず、ここでご紹介した方法を参考に、自治体のルールに従って処分してください。

4.灯油の長期保管について

使い切れなかった灯油を、次の冬まで持ち越すことに関しては、さまざまな意見があります。
安全性や灯油の劣化レベルは、温度や保管環境により変わってくるでしょう。危険物の取り扱いに慣れていない個人宅では、灯油を安全に保管することはなかなか難しいことです。そのため、行政機関は、「長期保管した灯油の使用には、十分注意するよう」呼び掛けています。

4-1.ストーブに灯油を入れたまま保管する

時々、ストーブに灯油を入れたまま保管し、次の冬に使う人がいます。劣化した灯油を使うとストーブの故障につながるどころか、内蔵の電池で発火を引き起こし、保管中、火災を引き起こすかもしれません。残った灯油は灯油用のポリタンクに移し、正しく処分しましょう。

4-2.灯油を保管することで起こるデメリット

  • 発火する可能性がある
  • 灯油の劣化
  • 火災が起きたとき火の勢いが増す
  • 古い灯油を使い暖房器具が故障した
  • 放火やいたずらの危険性
  • こどもがさわると危険

以上のように、灯油を保管するデメリットは危険なものばかりです。このような危険を抱えながら灯油を保管するより、来シーズンに購入したほうがよっぽど安心ではないでしょうか。灯油はシーズン中に使い切るか、処分するようにしてください。

5.まとめ

いかがでしたか?この記事では、余った灯油を正しく処分する方法をご紹介しました。
灯油の処分方法

  1. 少量の場合、新聞紙の染み込ませ可燃ごみで捨てる
  2. ガソリンスタンドに持っていく
  3. 友達や学校にわける
  4. 不用品回収業者を利用する

大量に灯油が余った場合は、ガソリンスタンドに持ち込む方法が一般的でした。しかし、最近では、安全性と手軽さから不用品回収業者に依頼する人が増えています。今シーズン灯油の処分で困っている方は、不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか?灯油は燃えやすいので、取り扱いには十分注意するように心がけてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス