骨董品を買取に出したい!適切な鑑定をしてもらうにはどうするべき?


美術品や掛け軸などの骨董品をきちんと鑑定してもらって、買取に出すにはどうしたらよいのでしょうか。
骨董品はフランス語で「アンティーク」と呼ばれており、希少価値の高い古時計や古家具、古カメラなどは、買取に出すと高く売れる可能性があります。
せっかく価値のある骨董品を手放すのですから、できるだけ高く買取をしてもらいたいものですよね。
今回は、骨董品を買取に出す方法や高く売るコツについてご紹介したいと思います。

  • 押し入れに眠っている骨董品を売却したい
  • 買取に出すにはどうしたらよいのか?
  • 少しでも高く売る方法を知りたい

この記事を参考にすれば、きっと納得のいく売り方ができるはずです。

1.骨董品を買取に出す方法

骨董品を買取に出すには、いくつか方法があります。
できるだけ納得のいく値段で売るためにも、自分に合った方法を選びたいものですよね。
まずは、骨董品とはどのようなものなのか、買取方法と合わせてご紹介します。

1-1.骨董品とは

自宅に眠っている古くて価値のありそうなもの。
「でも、骨董品なのか分からない」という人も多いでしょう。
一般的に骨董品と言えば、古い家具や時計、食器、文具、玩具(がんぐ)などが考えられます。
もちろん、貴金属や宝石なども骨董品になるでしょう。
骨董品の幅は広く、衣類や装飾品、カメラ、絵画なども骨董品として扱う場合があります。
骨董品とは、ただ単に「古いもの」ではなく、定義がきちんと決まっているのです。
その定義とは「製造年から100年以上経過している手工芸品、工芸品、美術品」というもの。
古いからと言ってすべてが骨董品になるわけではないのです。
当然、古くて「希少価値のある」ものである必要があり、素人が判断するのは難しい場合もあるでしょう。

1-2.骨董品を買取に出すには

骨董品を売却したいと思ったとき、まず思いつくのがアンティークを専門に買取をしているお店を利用することでしょう。
買取店にもさまざまなものがあり、それぞれ得意としている買取分野があるお店もあります。
主に骨董品を取り扱っているお店を利用した方がよいでしょう。
なぜなら、経験が豊富であるため、適切な値段で買取をしてもらえる可能性が高いためです。
「鑑定してもらうにはお店に持って行かなければならない」と思っている人は多いと思います。
しかし、最近はさまざまな買取方法を用意しているお店が多く、自分に合ったものを選ぶことができるのです。
実際にお店に持って行く「店頭買取」のほかにも「宅配買取」や「出張買取」があります。
「お店に持って行くのが難しい」「直接鑑定士と話をしたくない」という人は、宅配買取を選ぶとよいでしょう。
「自分で持って行くことはできないけれど、鑑定士と話をしながら査定してほしい」という人には、出張買取がおすすめです。
買取方法はお店によって異なるため、事前に確認することを忘れないようにしましょう。
また、不用品買取業者を利用して骨董品を売る方法もあります。
不用品買取業者は、家庭から生じた不用品の回収や買取を行っており、扱っている不用品の種類は多用です。
もちろん、骨董品の買取も行っています。
「この家具は骨董品として売れるのだろうか」と不安に思っている人は、不用品買取業者に査定を依頼してみるとよいでしょう。
出張サービスを行っている業者であれば、近くになくても気軽に利用できますよ。
まずは、売ろうとしている骨董品にどのくらいの値段がつくのか知るためにも、無料査定を依頼してみてください。

2.高く売るコツ

次に、どのような骨董品が高く売れるのか、高く売るためにはどうすればよいのかをご紹介します。

2-1.売れるポイントは「希少価値」

希少価値さえあれば、骨董品として高く買取をしてもらえる可能性は高いでしょう。
中でも最も売れやすいのは、ツボやカメラ、時計、絵画などです。
しかし、日用品であっても希少価値があるものであれば買取をしてもらえるでしょう。
骨董品の査定ポイントになるのは「古くて珍しいものであるか」「歴史的な価値があるかどうか」なのです。

2-2.業者選びが最大のポイント

せっかく骨董品を売りに出すなら、1円でも高く買取をしてもらいたいものです。
高く売るためのコツとして最も大切なのが、業者選びでしょう。
インターネットで検索すると、さまざまな買取業者が存在しています。
同じ骨董品であっても、買取価格は業者によって異なるのです。
その中から、できるだけ高く買取をしてくれる業者を見極めることが大切。
まずは、インターネットを利用して口コミや評判をチェックしてみましょう。
実際にその業者を利用した人の感想を参考にするのが一番です。
高く買取をしてくれる業者であるか、知ることができるでしょう。
事前に複数の業者に無料査定を依頼し、比較して決めることも大切です。

2-3.鑑定前の注意点

骨董品をできるだけ高く売るためには、以下のポイントを覚えておく必要があります。

  • 修理をしない
  • 丁寧に手入れをしておく
  • 売る前にきれいな状態にする
  • 購入した時期や状態を把握しておく

骨董品は古くて希少価値のあるもの。
壊れたものを修理してしまうと、希少価値が下がってしまうのです。
できるだけ修理をせず、きれいな状態で保管していることが絶対条件でしょう。
乾いたタオルで丁寧に拭き、さらにきれいにしておくことが大切です。
また、購入した時期や状態についても、記録しておくようにしましょう。

3.依頼時の注意点

最後に、骨董品の買取を依頼するときに知っておくべき注意点をまとめてみました。

3-1.手数料がかかるか確認する

骨董品の買取を行っている業者の中には、鑑定料として手数料がかかるところもあります。
せっかく売りに出すのですから、できるだけ費用は抑えたいものですよね。
その業者について詳しく調べて、鑑定料が無料であるか確認するようにしましょう。
また、査定価格に納得がいかなかった場合でも、鑑定料とキャンセル料が発生してしまうところもあるのです。
取り引きをしないのに2つも手数料を支払うのは納得がいかない、という人も多いでしょう。
損をしないために、買取にかかる手数料についてよく確認しておくことをおすすめします。

3-2.業者選びは慎重に

買取を依頼する業者を選ぶとき、インターネットを利用して検索する人は多いでしょう。
数多くある業者の中には、悪質な営業をしているところもあるのです。
実際にあるトラブル例として「見積書と違う高額な料金を請求された」「追加料金が発生した」などがあり、悔しい思いをした人はたくさんいます。
不用品の回収や買取を行うための許可を取得しているか、事前に見積もりをとってくれるかなどをしっかりと確認し、良心的な業者を選ぶようにしましょう。

3-3.必要な書類をそろえておく

骨董品を買取に出す場合は、必要書類の準備が必要になります。
本人確認ができる身分証明書として、どのような書類をそろえておく必要があるのか、事前に確認しておくのがおすすめです。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
骨董品を買取に出すとなると、敷居の高さを感じてしまう人も多いと思います。
しかし、使わない骨董品を眠ったままにするのはもったいないことですよね。
納得のいく方法で売りに出し、気持ちと家をすっきりした状態にしましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス