緊急事態に必見!ノートパソコンの液晶割れ対処法とは


世の中はインターネットの普及で飛躍的に便利になりました。「コレッ!」と目につけたものや情報は何でも手に入り、Facebookやtwitterでは時空を超えて世界中の人とつながることができます。そんな生活必需品であるパソコンの液晶画面に、ある日突然ヒビが入ったら…頭の中が真っ白になってしまうことでしょう。この記事ではノートパソコンに液晶割れが起きたときの症状や原因、対処法についてご紹介していきます。

  1. 99%以上がコレ! ノートPCの液晶割れの原因とは?
  2. ノートパソコン 液晶割れ、その症状とは?
  3. 自分でできる液晶割れの応急処理や対処法
  4. ノートパソコンを処分する際の注意点

1. 99%以上がコレ! ノートPCの液晶割れの原因とは?

持ち運び自由なノートパソコンは、場所を選ぶことなく仕事ができる忙しい現代人にとって便利なビジネスアイテムの一つです。紙面上とは違い、書き込めるスペースも無限大にあり、変更や加筆が簡単なことや、スキマ時間を使ってササッと仕事がこなせるのが特徴といえるでしょう。しかし、デスクトップパソコンのように固定設置されていないだけに、ついうっかり落としてしまうということもありますよね。ここでは、ノートパソコンの液晶割れの原因についていくつか例をあげてみましょう。

  • 持ち運び中にうっかり落とす。車から降りるときなど、膝から落としてしまう。
  • ペンやマウスなどデスク周りのアイテムをノーとPCに挟んだまま、バタンと画面を閉じてしまう。
  • 誤ってうっかり踏んでしまう。

液晶パネルは、ガラス基板で液晶を挟むサンドイッチのような構造になっています。そのため、外部からの衝撃に大変弱く、ぶつけたり、落としてしまったりすることが、液晶割れの原因になりやすいでしょう。

2. ノートパソコン 液晶割れ、その症状とは?

日常生活の中で、「あっ!しまった!」という過ちは誰にでもあるものです。うっかりミスが起こしてしまった液晶割れについて、ここではその症状をいくつかあげてみます。 

2-1. 液晶パネルが割れている

液晶のパネル自体が割れています。衝撃を受けたと思われる箇所から放射状にヒビが入っている状態です。

2-2. 画面上に黒い影が見える

液晶パネル自体に傷はありませんが、画面に向かって墨がついた毛筆を一振りしたような黒い影があります。時間の経過とともに、黒い影は大きく広がることもあるでしょう。

2-3. 画面上に縦や横の線がある。

画面上に縦や横の線が見えます。通常通り、情報が見て取れる箇所もあれば、縦線や横線が邪魔して見えないところもある状態です。

3. 自分でできる液晶割れの応急処理や対処法

液晶割れという不測な事態にショックを受け、頭は軽くパニック状態!大切なデータは?撮りためた写真は?と慌てふためいてしまうことでしょう。ここでは、自分でできる液晶割れの応急処理や対処法について解説していきます。

3-1. テレビなど外部ディスプレイに接続する

ディスプレイ画面が壊れてしまっても、本体が正常に起動するか確かめましょう。まずはデスクトップやテレビなど外部ディスプレイと接続してみます。接続には、家電店などで購入できる「HDMI ケーブル」が必要です。購入店にもよりますが、HDMI ケーブルの価格は1,000円から2,000円が相場でしょう。今回のような故障以外でも、普段撮りためたノートパソコンの写真や映画をケーブルで接続した大画面で楽しむことができるので、不測の事態に備え一つ用意しておくことをオススメします。
接続する際の注意点ですが、ディスプレイの画面は「複製モード」と「拡張モード」があり、ノートパソコンの初期設定は「複製モード」となっているケースがほとんどです。そのため、接続した外部ディスプレイも複製モードに合わせて、画面の設定をする必要があります。

3-2. 外付けHDD化

ノートパソコンの液晶割れで、一番気になるのは中に保存してある情報ですよね。仕事に必要な書簡や思い出の写真などは、どんなことがあっても必ず守りたいもの。そこで、まずすべきことは、外付けのHDD に大切なデータのバックアップをとることです。
データの容量を増やす時と同じように、HDDを使って一時的に大切な情報を移動しておきましょう。必要なものは、情報の引越し先になる外付けHDDと、データ移動時にノートパソコンとつなぐUSB ケーブルです。
ノートパソコンに入っている情報がすべてキチンと移動できるように、外付けHDDは今まで使っていたものより、少し余裕を持った容量が保存できるものを選ぶよう。

3-3. 自分で直す!液晶パネルの交換方法

落下や衝撃に耐え、液晶割れ以外正常に起動するのであれば、液晶の画面を自分で交換し、修理するという方法もあります。
まず、パソコンの裏側に記されている、液晶パネルを購入する際の情報として必要な品名や型番を確認しましょう。
交換時の注意点として、「電源コードを抜く」、「バッテリーを取り外す」などの通電を避けるための安全確認が必要です。
液晶パネルの交換はインターネットの動画などでも紹介されています。初心者でも分かりやすいように、順を追って説明してくれるのでオススメです。特別なツールも必要なく、カッターやねじ回しなど身近な道具で直すことができますが、日曜大工などの経験や知識があったほうが抵抗なく修理できるでしょう。

4. ノートパソコンを処分する際の注意点

長い間、使用してきた古いノートパソコンであれば、故障をきっかけに買い替えを考えることもあるでしょう。ここでは処分する際の注意点について解説していきます。

4-1. 個人情報が詰まったハードディスクを抜き取る

パソコンにはデータを保存するハードディスクが内蔵されています。コレは人でいうと脳に値する部分、簡単にメモリーは消去できません。個人情報の漏洩(ろうえい)を防ぐためにも処分前にはこのハードディスクの取り外しが必要といえるでしょう。

4-2. メーカーに回収を依頼する

ノートパソコンは不燃物のゴミとして認められていません。PCリサイクル法という法律により、メーカーによる回収や処分が義務付けられています。
いらなくなったパソコンのメーカーに回収の問い合わせをしてみましょう。パソコン裏面についているラベルにPCリサイクルマークがあれば、無料で引き取ってもらえます。

まとめ

いかがでしたか?
この記事ではノートパソコンの液晶割れの対処法や不要になったノートパソコンを処分する際の注意点について解説しました。

  1. 99%以上がコレ! ノートPCの液晶割れの原因とは?
  2. ノートパソコン 液晶割れ、その症状とは?
  3. 自分でできる液晶割れの応急処理や対処法
  4. ノートパソコンを処分する際の注意点

以上について知ることで、ノートパソコンの液晶割れというショッキングな事態でも冷静に対処することができるでしょう。また、不要になったパソコンを処分する注意点も、買い替え時などの参考にしてみてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス