部屋の片付けを習慣にしよう! 汚部屋から脱却するためのポイント


部屋の片付けができなくて困っている人は多いかと思います。片付けが習慣になっておらず、部屋が「汚部屋」となっている人も多いでしょう。そこで、部屋を片付けできるコツを紹介しますよ! この記事では、部屋を片付けるコツについてまとめてみました。

  1. 部屋が汚れる原因
  2. 部屋が汚れることのデメリット
  3. 片付けを習慣付けるコツ
  4. まとめ

1.部屋が汚れる原因

部屋が汚れてしまうには原因があります。その原因について知っておきましょう。

1-1.掃除する習慣がない

掃除する時間が確保できない人は、自然と部屋が汚れていきます。仕事やプライベートに時間を使い過ぎている人は注意しましょう。ごみを捨てずためている人も部屋が汚れる原因です。ごみがある状態が普通になると捨てられなくなります。ごみはごみを呼ぶと思いましょう。

1-2.精神的に落ち込んでいる

精神的に落ち込んでいるときは、部屋が汚くなります。ものを捨てることに精神的苦痛を覚えるときは、危険信号です。ものを手放せないのは、心理的に決別することへ抵抗があります。孤独を感じたり別れが重なったりしているとため込む傾向が出てくると思いましょう。部屋にものがたくさんあるときは、心の整理も必要です。

1-3.収納スペースばかり増えている

部屋の中にたくさんの収納スペース・収納グッズがないでしょうか。部屋の中にグッズや収納スペースがたくさんあるとものであふれます。ものを入れる環境があるとごみに気付きません。グッズも効率的に使えていないとごみと同じです。余計に部屋が汚れてしまいます。収納スペースにものが詰まっているときは、その場所から片付けるようにしましょう。

1-4.無計画にものを買っている

精神的にネガティブになっていると買い物にてストレス発散する人がいます。しかし、買い物が目的ではなくてストレス発散が目的なので買い物が無計画です。その結果、部屋の中に不用なものがたまります。また、ストレス発散でなくても無計画にものを買う人は気を付けましょう。特に、日用品や食品を「とりあえず」買う人は気を付けるべきです。いつのまにか冷蔵庫やシャンプーで部屋がいっぱいになることがあります。

2.部屋が汚れることのデメリット

部屋が汚れることにデメリットなんてない。そんな風に思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、部屋が汚れるとさまざまなデメリットが発生します。そのデメリットについて確認しておきましょう。

2-1.ものが見つからない

部屋がものでいっぱいになると探し物が見つかりません。山積みになった本や机の上が見えない状態ならば「汚部屋」です。部屋が汚いと急いでいるとき困ります。すぐ出掛けるとき、鍵や携帯電話が見つからず困る方も多いでしょう。ほかには、財布や通帳まで探すハメになる人がいます。部屋が汚いと時間の無駄使いになると思いましょう。

2-2.家計にダメージを与える

部屋がものでいっぱいだと冷蔵庫や生活用日を把握できません。その結果、同じようなものを何度も買ってしまいます。歯磨き粉や飲み物が重複する人は、注意が必要です。ほかには、衣服やカバン、装飾品、保存食なども該当します。整理をしておかないと「もうないかも」と思い込んで買ってしまうもの。そうやって不用品が増えてしまいごみとなってしまうのです。無駄が増えることで家計にもダメージとなります。

2-3.精神的・肉体的に不健康になる

部屋にものがある状態は、バランスが重要です。全くないのも問題だしあり過ぎるのも問題となります。しかし、足の踏み場もないときはまずいと思いましょう。部屋が汚れているとと精神的・肉体的にリラックスできません。部屋にものがたくさんあると精神的に落ち着かないです。また、ものがある状態が普通になってくるとコントロールすることを放棄します。精神的に怠けてくるので精神衛生的に悪い状態です。部屋が汚いと寝る場所も無くなります。良質な睡眠も取れないと肌や口内炎などの被害が出てくると思いましょう。

2-4.人が寄りつかない

部屋が汚いと人が寄りつかなくなります。また、自分自身も汚い部屋に呼びたいとは思えません。友人に「今から行ってもいい?」と言われて断り続けるのもストレスです。誰とも会わないのは精神的にNG。人との付き合いが無くなってくると内向的になります。部屋を人との交流の場と考えれば掃除する気力も出てくるでしょう。

2-5.家・部屋にダメージを与える

部屋が汚いとダニやほこり、カビが発生します。ほこりやダニが増えるとぜん息などの病気にもつながるので気を付けましょう。また、病気だけでなく家財や部屋にもダメージを与えます。賃貸だと出ていくときに敷金が減ってしまうと思いましょう。部屋の掃除は、いわばメンテナンスです。部屋が汚いままだと汚れによって腐食します。自分の住む場所を守るためと思えば掃除もすすむでしょう。

3.片付けを習慣付けるコツ

少しでも部屋をきれいにしておきたい! 誰しもが思うことだと思います。そこで、ちょっとしたコツで部屋をきれいにできるコツを知っておきましょう。

3-1.床が見える状態を維持する

部屋をきれいにするコツは、床が見える状態を維持することです。まずは、床にものを置かない状態を作りましょう。目安としては、床の3分の2以上が見える状態を目指します。床の上に置いてあるものを破棄・整理していきましょう。このとき、むやみに収納場所やスペースに入れるのはNGです。ごみはすっぱり捨てることがコツとなります。

3-2.増えた分だけ減らす

人はものを買って生活しているもの。買うことを減らしても止めることはできません。買うことを止める必要もないです。ですが、買った後はきちんと減らすことを意識しましょう。

たとえば、新しい衣服を買ったとします。そのとき、同じような衣服があれば捨てるようにしましょう。同じ衣服があっても着ません。古いものは捨てるようにします。捨てることに抵抗があるときは、リサイクルショップなどで売りましょう。多少なりともお金になるのでおすすめです。

また、金額が付かなくてもリサイクルショップでは処分してくれます。掃除と共にリサイクルにもなるのでおすすめです。

3-3.ものの位置を決める

部屋を片付けるときは、特定の位置を決めます。鍵やリモコン、財布などから始めましょう。部屋が片付かないのは、ものを置く定位置が決まっていないからです。靴は靴箱、本は本棚。しまうべき場所が定まっていれば自然と整理できます。衣類などもクローゼットや収納ボックスへ片付けるようにしましょう。きちんとしまえてくると部屋がきれいになっていきます。

3-4.配置換えをしてみる

部屋が汚れるのは、その部屋に飽きている可能性もあるのです。特に、部屋と会社の往復になっている場合は部屋に興味が無くなっています。興味がないため、部屋をごみ箱と同じように見てしまうのです。部屋に飽きてごみだらけになっているときは、部屋の配置換えをしてみましょう。配置換えをすると気分がリフレッシュできます。それと同時に掃除にもなるのでおすすめです。部屋に新鮮味が生まれるとごみを置かなくなります。また、新しい収納スペースも生まれるので自然と整理できるのです。

4.まとめ

いかがでしたか? この記事では、部屋の片付けについてまとめました。部屋が汚れるのは、掃除する習慣や精神的に落ち込んでいるのが原因です。また、ごみを捨てる習慣が無くなるとごみだらけになります。部屋を片付ける習慣を付けるときは、まず床が見える状態を維持するようにしましょう。また、新しいものを買ったときは古いものを捨てるようにします。さらに、ものを置く定位置を決めておくのがコツです。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス