狭小住宅で収納に困っている人必見の収納アイデア集


狭小住宅に住んでいると、収納スペースがなかなか作れず、困ってしまいますね。いろいろと工夫してみるけど、思うように収納できない…という悩みを抱えている人は多いでしょう。そこで、今回は狭小住宅における収納のコツをご紹介していきます。収納スペースの確保に頭を抱えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 狭小住宅での収納アイデア集
  2. 家にものを増やし過ぎないためのポイント

1.狭小住宅での収納アイデア集

狭小住宅では、なかなかものを収納しきれずに悩んでしまう人も多いでしょう。でも、実はちょっとした工夫をするだけで、ものを収納しやすくなるのです。それでは、狭小住宅で活用できる収納アイデアをご紹介していきましょう。

1-1.小さなワゴンを活用する

特にキッチンのスペースが狭くて、なかなかものを収納できなかったり、調理するスペースが確保できなかったりするという人におすすめです。一番上にテーブルがついているタイプの、小さなワゴンを用意します。そして、これに収納しきれない調味料などを収納しておき、普段はカウンターの前や隙間などにワゴンを置いておくのです。必要に応じて引き出して調味料を取ったり、テーブルの部分を調理台として使ったりします。

1-2.コーヒーカップなどはぶら下げて保管がベスト

紅茶やコーヒーをよく飲むという人は、取っ手がついたタイプのカップをいくつも所有しているでしょう。このようなコップたち、結構幅があるため場所を取ってしまいがちです。そこで、キッチンの壁などに専用の器具を取り付けて、ぶら下げておくようにしましょう。こうすると食器棚などの場所を取ってしまうことなく、収納できます。

1-3.鍋類は吊して保管

鍋やフライパンなどは、キッチンの中でも一番場所を取るものですね。そのため、これらの収納に困ってしまう人は少なくありません。収納に困ってついつい床に置いてしまっていないでしょうか? そんなときは、壁などに吊して保管するのがおすすめです。壁に網状の板を取り付けて、S字フックを吊します。ここに、鍋を吊していけばOKです。天井から吊すため専用のアイテムなどもあるので、それで天井から吊して保管しても良いでしょう。

1-4.鍋のフタの収納方法

キッチンで意外とよく使う鍋のフタ。皆さんはどのように収納しているでしょうか? 鍋のフタも案外場所を取るため、収納に困っている人は多いと思います。そこで、鍋のフタはタオル掛けに引っ掛けてしまうようにしましょう。これで無駄に場所を取ってしまうことなく、簡単に複数のフタを収納できます。

1-5.スパイス系は冷蔵庫の横の壁にくっつけて保管

塩コショウや砂糖、バジルなどの調味料やスパイスも、狭小住宅では収納に困ってしまうもののひとつですね。そこで、このようなスパイス系のものの底に平たいマグネットを取り付けましょう。そしたら、冷蔵庫の横の壁に貼り付けておけば簡単に収納スペースを確保できます。

1-5.棚の扉を有効活用

クローゼットや食器棚などの扉。その裏側を有効活用している人は少ないでしょう。扉の裏側に薄い小物いれを取り付けるだけで、そこが収納スペースとなります。扉の裏は最適な小物収納スペースです。有効に活用していきましょう。

1-6.靴の収納に便利なコートフック

本来はコートを壁に掛けるために活用されているコートフック。これを玄関の壁に取り付けます。そして、フックに靴を引っ掛けて保管するのです。こうすれば玄関に靴が散らばってしまうことを防げますね。また、げた箱がついていない場合でも、保管しやすくなるでしょう。

1-7.竹串スタンドで包丁を管理

狭小住宅だと、包丁を保管するのも大変な場合が多いと思います。そこで、オリジナルの包丁スタンドを作って上手に保管してしまいましょう。用意するのは包丁の刃がすっぽり入るだけの深さがあるスタンドと、たくさんの竹串です。スタンドの中いっぱいに、竹串を詰め込みます。そこに包丁を刺しておけば、包丁収納スペースの出来上がりです。

1-8.金属の小物はマグネットテープで

女性の多くは爪切りやピンセット、メイクの小物道具やヘアピンなどの収納に悩まされることでしょう。そこでおすすめなのが、マグネットテープです。マグネットテープを壁に貼り付けたら、そこに金属系の小物をくっつけて保管します。これで使うときに取りやすく、収納もしやすくなるはずです。

2.家にものを増やし過ぎないためのポイント

狭小住宅に住んでいる場合、ある程度家にものを増やし過ぎないことも部屋をキレイにするためのポイントとなります。それでは、ものを増やし過ぎないためのポイントをご紹介していきましょう。

2-1.新しいものをひとつ買ったらひとつ捨てる

新しいものを次々に買っていたら、当然家にはどんどんものがあふれてしまいます。そこで、何か新しいものをひとつ買ったら、家にある何かをひとつ処分するという習慣をつけてみましょう。こうすれば、ものが増え続けてしまうのを防げます。

2-2.定期的に不用品回収業者を利用する

半年に1回、1年に1回などたまにで良いので、部屋を大掃除する習慣をつけましょう。そして、その都度いらないものを一気に処分します。いらないものを一気に処分するには、不用品回収業者が便利です。数ある不用品回収業者の中から自分に合ったところを選んでおくと良いでしょう。

まとめ

狭小住宅における収納のコツについてご紹介してきましたが、いかがでしたか? それでは、今回ご紹介したことをおさらいしてみましょう。

  • 狭小住宅での収納アイデア集
  • 家にものを増やし過ぎないためのポイント

以上のことを意識して収納したり、ものを減らす習慣を身につけたりすることで、狭小住宅で収納に困ることがなくなるでしょう。さまざまな工夫をして、自分だけのオリジナル収納方法を見つけてみてはいかがですか?


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス