「3R活動」って何?家庭で出来るリサイクル活動とは?


リサイクル活動というと自治体や企業など、比較的大きな組織が行っているイメージが大きいと思います。しかし、実際には我々一人ひとりにも可能な「家庭で出来るリサイクル活動」も存在するのです。今回は、環境のためにできることをしたい、という方のために「家庭で出来るリサイクル活動」についてご紹介しましょう。

  1. 家庭で出来るReduce(リデュース)の実践例
  2. 家庭で出来るReuse(リユース)の実践例
  3. 家庭で出来るRecycle(リサイクル)の実践例

1.家庭で出来るReduce(リデュース)の実践例

「3R活動」というものをご存じでしょうか。3R活動とは、ゴミの少ない社会を目指して行われる、リサイクルのための活動です。3R活動は「家庭で出来るリサイクル活動」の簡単な例なので、順番にご紹介していきます。まずは、3Rのひとつ目、Reduce(リデュース)からご説明しましょう。

1-1.リデュースとは、ゴミの量を減らすこと

リデュースとは、ゴミを極力出さないようにすることを意味しています。とはいえ、我々が生きている限り、ゴミは必ず出てしまうもの。よって、出すゴミの量をできる限り減らすことがリデュースの基本的な目的となります。

1-2.家庭ゴミの減容化に取り組もう

ゴミの容積を減らすこと、つまり「減容化」は家庭でもできるリデュースの実践方法です。たとえば、ペットボトルや空き缶を捨てる際、そのままの状態で捨てるのではなく潰して容積を減らした状態で捨てるようにしましょう。そうすれば、1台のゴミ収集車でより多くのゴミを運搬できるため、燃料であるガソリンの節約になります。

また、燃やせないものもできるだけ減容化してから不燃ゴミに出すようにしましょう。不燃ゴミを埋め立てる最終処分場の面積は有限です。不燃ごみを減容化すれば、その分必要となる処分場の面積が少なくなり、環境への負荷を下げることができます。

1-3.ひとつのものをできるだけ長く使い続けよう

リデュースのために家庭で出来る取り組みは減容化だけではありません。ゴミを出さないためには、ものを頻繁に使いすててしまわないことが肝心。つまり、ひとつのものをできるだけ長く使い続けることが大事なのです。

化粧品や洗剤などは包装が簡素な詰め替え用パックを購入するようにして、大本の容器は同じものを使い続けるようにしましょう。プラスチックの容器は燃やすことができないため不燃ゴミになってしまいますが、詰め替え用パックなら燃やすことができます。

また、たまにしか使わないものは自分専用の製品を購入するのではなく、レンタルやシェアリングのサービスを利用するようにしましょう。自分が使わなくなった場合でもほかの人が使い続けてくれればゴミにはなりません。ちょっとした工夫がリデュースの実践につながるのです。

2.家庭で出来るReuse(リユース)の実践例

続いて、3Rのふたつ目についてご説明しましょう。3Rのふたつ目はReuse(リユース)といいます。

2-1.リユースとは、ものを再利用すること

再利用というとリサイクルのイメージが強いかもしれませんが、リユースの再利用は「使えるものをそのまままた使うこと」という意味です。

たとえば、スーパーなどで買い物をするともらえるレジ袋について考えてみましょう。購入した商品を家に持ち帰ったら、使ったレジ袋をそのまま捨ててしまうのではなく、別の目的のために利用している人は少なくないでしょう。家庭内の各部屋でゴミ袋代わりに使っている方、あるいはちょっとした小物を入れたり、荷物袋として使っている方も多いと思います。

このような「使えるレジ袋をそのままの形でもう一度使うこと」こそがリユースの実践なのです。

2-2.家の中の不要品はリサイクルショップへ

家の中で使われないものがゴミとして捨てられるわけですから、家庭内だけでリユースを実践しようとしてもおのずと限界があります。そのような場合は家庭の外にまでリユースの輪を広げるのも良い方法です。

家の中では使っていないものの、まだ使えるものはリサイクルショップなどに持って行き積極的に再利用するようにしましょう。自分自身がそのものを再利用できなくても、誰か別の人に再利用してもらえば、リユースを実践したのと同じことになります。

2-3.びん・缶などは販売店に持ち込んで再利用を

びんや缶は、飲料の容器として家庭内で出ることの多いゴミです。自治体でも資源ゴミとして回収している場合が多いですが、どうせなら購入した販売店に持ち込んで回収してもらいましょう。

牛乳やビールのびんを一緒にして資源ゴミに出してしまうと、ほかのびんと混ぜられて回収されることになります。結果的に再び商品化されるまでに長い工程が必要となるのです。一方、牛乳びんは牛乳屋さん、ビールびんは酒屋さん、というふうに販売しているお店に直接商品の空きびんを持ち込めば、同じ便をまとめて回収することができます。

分別の手間が省けるため、その分再利用までの工程が少なくて済むのです。

3.家庭で出来るRecycle(リサイクル)の実践例

3R活動の三つ目のRは、Recycle(リサイクル)です。我々にとって最もなじみ深い言葉といえるでしょう。しかし、3R活動では「リサイクルは必要最小限に抑えること」が目的とされています。いったいなぜなのでしょうか。

3-1.リサイクルとは、ゴミを資源として新しい製品を生み出すこと

我々は無意識に内に「リサイクルは環境にいい」と思ってしまいがちです。しかし、何でもかんでもリサイクルしようとすることがいいことというわけではありません。

リサイクルは、ゴミを資源として新しい製品を生み出すこと。リユースが「ものをそのままの形で再利用すること」なのに対して、リサイクルでは「ものを資源にする」「資源にしたものを再び製品にする」という工程が必要になります。つまり、再利用の過程で新たな資源や手間が必要になってしまうのです。

3-2.3R活動において、リサイクルは最後の手段

リデュース、そしてリユースには基本的に新しい資源は必要ありません。本人がやるかやらないかだけでゴミを減らすことが可能なのです。ですから、3R活動の目的は「リデュース、リユースを徹底してリサイクルは必要最小限に抑える」ということになります。

環境のことを考えるのであれば、リサイクルをするためにも資源が必要になるという事実を覚えておいてください。

3-3.地域のゴミ収集に協力しリサイクルを盛り上げよう

「ゴミを資源に変える」「新しい製品を作り出す」といった複雑な工程が必要なため、家庭でリサイクルを直接行うのは簡単ではありません。しかし、リサイクルにつながる運動に協力することで、間接的にリサイクル活動を盛り上げることはできます。

リサイクルにつながる運動とは、地域で行っているゴミの集団回収や常日頃から行っているゴミの分別回収など。ごくあたりまえのことですが、そのような細かい積み重ねがリサイクルを盛り上げることに繋がります。毎日、環境のことを考える意識を忘れないことが、環境を守るために大切なことなのです。

まとめ

今回は、環境のために自分のできることをしたいとお考えの方に向けて「家庭で出来るリサイクル活動」をご紹介してきました。「3R活動」とはなんだったのか、最後に復習しておきましょう。

  1. 家庭で出来るReduce(リデュース)の実践例
  2. 家庭で出来るReuse(リユース)の実践例
  3. 家庭で出来るRecycle(リサイクル)の実践例

日々3R活動を実践していれば、環境のため、そして人々のために貢献することができます。難しいことはなにもないのでぜひ心がけておきましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス