キレイな部屋を維持するコツ~モノを減らす・増やさないが鉄則~


綺麗な部屋せっかく部屋をキレイに掃除しても「またすぐ散らかってしまう」とお悩みではありませんか?
「いつでも人が呼べるキレイな部屋を維持していたいのに…」
部屋が散らかることには理由があります。
いつも部屋をキレイにしている人は、散らかさないコツを知っているのです。
部屋が散らかる理由と散らかさないためのコツを知って、あなたも掃除上手になってみたいと思いませんか?

  • 掃除してもすぐ散らかってしまう
  • 部屋をキレイな状態に維持できるコツを知りたい
  • どうすればいつもキレイな部屋でいられるのか?

そんな人たちのために、キレイになった部屋を維持するコツをご紹介します。

目次

  1. 部屋が散らかってしまう理由
  2. すぐに散らかす人の共通点とは?
  3. 片付け方について
  4. キレイな部屋を維持するコツ
  5. まとめ

1.部屋が散らかってしまう理由

部屋が散らかると、キレイにするためにどこから手をつけていいのか分からなくなります。
しかし、散らかる理由さえ分かれば、散らかるのを防ぐことができるのです。
部屋が散らかってしまう理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.モノが多すぎる

モノが多すぎる部屋は、雑然として見えます。
キレイに収納していれば問題はないでしょう。
しかし、モノが多すぎると収納スペースが不足し、結局は目に見える場所にモノを置くことになってしまいます。
部屋が散らかってしまう第一の理由は「モノが多すぎる」ということでしょう。
モノであふれ返っている部屋と、モノが少ない部屋。
どちらが片付けやすいか、考えるまでもありませんよね。
片付けしやすい部屋にするためには、まずモノの数を減らす必要があるでしょう。

1-2.モノの定位置が決まっていない

部屋が散らかる理由のひとつに「使ったモノが元あった場所に戻っていない」という点があります。
モノの定位置が決まっていないためでしょう。
使った後で戻す場所が決まっていないため「どこに置いたか分からなくなってしまった」「探しても見つからない」という問題が出てきてしまうのです。
このような状況にならないためにも、モノの定位置を決め、使った後は決まった場所に戻すようにしましょう。

2.すぐに散らかす人の共通点とは?

実は、掃除してもすぐに部屋が散らかってしまう人には、ある共通点があります。
自分に当てはまらないかチェックしてみましょう。

2-1.モノを捨てられない

「すぐに部屋が散らかってしまう」と悩んでいる人の多くが「モノを捨てられない性格」です。
モノを捨てられない理由はそれぞれでしょう。
「いつか使う予定なので捨てられない」「まだ使える状態なのでもったいない」「思い出の品なので残しておきたい」など、さまざまな理由でモノを捨てようとしません。
モノを捨てられない性格の人は、まず考え方から変える必要があるでしょう。
モノを捨てられない。
その結果、どのような状況を招いてしまうのか。
この機会にぜひ考えてみてください。

2-2.散らかった状態を正当化する

部屋が散らかっている人は、散らかった状態を正当化しようとする傾向にあります。
「散らかっているのは片付ける時間がないため」「散らかっている方が落ち着く」「散らかっていないと自分の部屋らしくない」というように、一見もっともらしい理由をつけているのです。
しかし、このような心理状態が悪化すると、いわゆる「ゴミ屋敷」と呼ばれる状態になる可能性もあります。
部屋が散らかることのデメリットを理解し、片付けることにはどのような意味があるか、ひとたび考えてみましょう。

3.片付け方について

では、散らかった部屋を片付ける方法をご紹介します。
手順どおりに行えば、きっとあなたも簡単にキレイな部屋を手に入れることができるはずですよ。

3-1.「必要なモノ」「不要なモノ」「迷っているモノ」に分ける

まず、部屋の中にあるすべてのモノを「必要なモノ」「不要なモノ」に分けていきましょう。
捨てるべきか迷っているモノに関しては「迷っているモノ」に仕分けしてください。
ひとつひとつに時間をかけていると掃除が面倒になってしまいます。
スムーズに片付けをすすめるためにも、迷ったモノについてはいったん時間を作りましょう。
大切なのは「自分にとって必要なモノであるかどうか」を見極めることです。
今現在使っているモノは、あなたにとって必要なモノだと思ってください。
しかし、「使うかどうか分からないけれど、捨てるのがもったいないモノ」は、あなたにとって不要なモノです。
掃除しやすいキレイな部屋を手に入れるためには、思いきりも大切でしょう。

3-2.不要なモノを処分する

次に、不要なモノを処分していきましょう。
「捨てるのがもったいない」という理由で捨てられないなら、捨てる以外の方法を考えてみてください。
リサイクルショップやネットオークションで売ることもできるでしょう。
そのほかにも、不用品回収業者に依頼して不用品を処分する方法もあります。
回収と同時に買い取りを行っている業者に依頼してみてください。
状態の良いモノは買い取ってもらえるでしょう。
不用品回収業者ならまとめて不用品を処分できるため、大変便利でおすすめですよ。

3-3.モノの定位置を決める

不用品の処分が済んだら、残った「必要なモノ」の定位置を決めていきましょう。
定位置が決まっていないと、またすぐに部屋が散らかってしまいます。
そして、使った後は必ず定位置に戻すよう習慣づけてください。

4.キレイな部屋を維持するコツ

最後に、キレイな部屋を維持するコツをいくつかご紹介します。
このコツを知れば、あなたの部屋はいつでもキレイな状態を維持できるようになるでしょう。

4-1.モノを増やさない

部屋を散らかさない最大のコツは「モノを増やさないようにすること」です。
モノが増えれば、どうしても部屋は散らかりやすくなります。
せっかく不用品を処分してモノを減らしても、またモノを増やしてしまっては意味がないですよね。

  • 新しいモノをひとつ購入したら、ひとつ処分する
  • モノを買う前に「本当に必要なモノかどうか」を考える時間を作る

以上が、モノを増やさないためのコツです。
自分なりのルールを作って、モノが増えてしまわないように努力しましょう。

4-2.少しでも散らかったらすぐ片付ける

片付けが面倒なのは、時間がかかって大変な作業だからです。
少しでも散らかったらすぐに片付けるようにしてみましょう。
大がかりな片付けが必要になるほど、部屋が散らかる心配はありません。

4-3.定期的に人を招く

後は、定期的に人を招くようにするしかないでしょう。
人が来る予定があれば、部屋を散らかさないように気をつけて過ごすようになります。
誰かの目に触れると思えば、散らかったままではいられなくなるでしょう。

5.まとめ

キレイな部屋を維持するコツについてご紹介しました。

  • 部屋が散らかってしまう理由
  • すぐに散らかす人の共通点とは?
  • 片付け方について
  • キレイな部屋を維持するコツ

「部屋を片付けてもすぐ散らかってしまう」「キレイな部屋を維持する方法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス