ガラステーブルを処分したり買取を依頼する方法はこれ!!


オシャレで涼しげなガラステーブルは、夏用の家具として人気が高いです。
では、このガラステーブルが不要になった際はどうやって処分したらよいのでしょうか?
そこで今回は、ガラステーブルや天板がガラスの机の処分方法と買取を依頼する方法をご紹介します。
買取を依頼できるテーブルの条件とはどんなものでしょう?
ガラステーブルが不要になって処分方法に困っているという方は、この記事の処分方法をぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. ガラステーブルをごみとして処分したい場合は?
  2. まだ使えるガラステーブルや机を処分する方法とは?
  3. 中古でも価値があるガラス製品とは?
  4. 割れたガラスをゴミに出す際の注意点とは?
  5. おわりに

1.ガラステーブルをごみとして処分したい場合は?

ガラステーブルは普通のテーブルと同じように、粗大ごみとして処分できます。
自治体のルールに沿って粗大ごみの日にごみ捨て場に持って行ってください。
粗大ごみが有料の場合は指定の金融機関に振り込みをして、証明のシールなどを貼っておきましょう。
ガラス部分に大きなひびや欠けがある場合は、回収中に作業員がケガをするかもしれません。
「ひび割れ、かけ注意」と書いた紙を貼っておくか、ガラス部分を新聞紙で覆ってしまいましょう。
また、ガラス部分が完全に砕けてしまった場合は、ガラスだけを新聞紙にくるんだうえで指定のごみ袋に入れて不燃ゴミに出してください。
残りの部分は粗大ごみで大丈夫です。
ただし、ガラスの破片が残っていないか確認してから出しましょう。

2.まだ使えるガラステーブルや机を処分する方法とは?

では、まだ使えるガラステーブルや、ガラス天板の机はどうやって処分すればよいのでしょうか?
この項では、その方法をご紹介します。

2-1.リサイクルショップに売却する

ガラステーブルや机は欠けやひび割れがなければ、リサイクルショップに売却することができます。
特にブランド物でなくても一定の需要があるため、買い取ってもらえやすいです。
さまざまな品物を取り扱っているリサイクルショップでも売却できますが、家具専門のリサイクルショップの方が査定額は高くなるケースが多いでしょう。
また、大きなガラステーブルはショップまで持っていけない場合もあります。
そのようなときは出張査定を利用してみましょう。
これは、リサイクルショップの店員が自宅に査定をしにきてくれるサービスです。
利用できる条件はショップごとに違うので、利用したい場合は各店舗に問い合わせてみるとよいでしょう。
値段が折り合わなければ、買取を断ることもできます。

2-2.寄付する

家具の寄付を募っているNPO団体があれば、ガラステーブルを寄付することもできます。
受け付けてくれた場合は、汚れを軽くぬぐって持って行ってください。
ただし、いくら不用品の寄付だからといっても、ひび割れたり欠けたりしたものをもっていってはいけません。

2-3.不用品業者に回収を依頼する

  • 事情が合って今すぐガラステーブルや机を処分したい
  • ガラステーブルが大きすぎてごみ捨て場まで持っていけない

このような場合は、不用品回収業者に回収を依頼しましょう。
不用品回収業者とは、一般家庭から出る不用品を有料で回収してくれる業者です。
インターネットやイエローページを検索すれば、近場の業者がすぐに見つかります。
回収料は回収を依頼するものによって異なりますが、テーブルだけならそれほど高額ではありません。
しかし、後でトラブルにならないように依頼する際は必ず見積もりを作ってもらいましょう。
この見積もりが正確かどうかで、業者の質がわかります。
見積もりを出し渋ったり、加算前提の業者は依頼しないほうがよいですね。
また、連絡先が携帯電話だけという業者も信用できません。
注意してください。

3.中古でも価値があるガラス製品とは?

では、ガラステーブル以外にも売却できるガラス製品とはなんでしょうか?
この項では、中古で需要が高いガラス製品をご紹介します。

3-1.ブランド物のガラス製品

バカラやスワロフスキーに代表されるブランド物のガラス製品は、中古でも需要が高いです。
コップや置物など種類も豊富ですから、不要になった際はリサイクルショップに査定してもらってください。
また、スワロフスキーの場合はガラスビーズも買取対象になる場合があります。

3-2.切子

薩摩切子や江戸切子などの切子製品は、熱心なコレクターがいます。
特に細工が細かいものは、高値がつくでしょう。
元値も高いものですから、不要になった場合も捨ててしまうのはもったいないです。
インターネットオークションに出しても高値がつきやすいでしょう。
また、切子製品は一般的なリサイクルショップよりも美術品を扱うリサイクルショップに査定を依頼したほうが、価値を正確に評価してくれます。

3-3.戦前のアンティークガラス

ガラス製品は明治時代から製造が盛んになりましたが、戦前までのガラス製品は「アンティークガラス」として人気が高いです。
戦前に作られたガラス製品は厚手でしっかりとした造りのものが多いので、意外と現存しているでしょう。
また、食器以外も酒瓶や花瓶なども値段がつく場合があります。
このような物を売却する場合は、アンティークショップや骨とう品店に査定してもらうとよいですね。

4.割れたガラスをゴミに出す際の注意点とは?

割れたガラスはとがっていますから、不用意にごみに出すと回収作業員がケガをするかもしれません。
食器など小さなものを割った場合は、新聞紙に何重にも包んで「割れ物注意」といった紙を貼っておくとよいでしょう。
窓ガラスなど大きなものを割ってしまった場合は、鋭利な破片は大変危険です。
段ボールなど厚手の紙にくるんで、「危険、ガラス片」などの注意書きを添えてください。
ガラスを交換した際に業者が引き取ってくれるなら、依頼したほうがよいでしょう。
また、ガラステーブルなどに使われる強化ガラスは、鋭利な破片にはならず粉々に砕け散る場合が多いです。
強化ガラスを壊してしまった場合は、ほうきで大きな破片を集め、細かい破片は掃除機で吸い取るときれいに片付けられます。
破片はやはり新聞紙にくるんだうえで捨てましょう。
強化ガラスは割れにくいものですが、硬いものを思いきりぶつけると壊れます。
子供がおもちゃをぶつけて壊したというケースも多いので、子供が遊ぶ場所にガラステーブルを置かないようにするか、親が目を離さないようにしましょう。

5.おわりに

いかがでしたか。
今回はガラステーブルやガラス天板の机の処分法や、捨て方をご紹介しました。
まとめると

  • ガラステーブルや机は粗大ごみとして処分できる
  • ひびが入ったり欠けたりしていないテーブルは売却できる
  • 至急に処分したい場合は、不用品回収業者を依頼しよう

ということです。
今は自治体のごみ回収ルールも厳しくなっています。
自治体によっては、ガラスの部分は別のごみへと指示されているかもしれません。
市役所のホームページにごみの捨て方が載っている場合も多いですから、ごみに出す前に必ず確認してください。
また、毎年たくさんのごみ回収作業員が、ガラス片でケガをしています。
作業員は厚手の手袋をつけて作業していますが、ガラス片は手袋ぐらいなら簡単に切り裂くでしょう。
ガラス片をゴミに出す際は、必ず注意喚起の但し書きをつけてください。
それがごみを出す際のエチケットです。
また、余計な物をつけてはいけないルールがある場合は、面倒でも作業員に手渡ししましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス