タンスの処分方法とは? 3つの選択肢を紹介!


タンス要らなくなったタンスを処分したい…でも方法がわからないという方はいらっしゃいませんか?
タンスはほとんどが大きいサイズのものなので、処分方法に困ってしまうことが多いです。
タンスには適切な処分方法があるので紹介していきたいと思います。
タンスの処分方法について知りたい方はぜひチェックしてください。
いざというときにきっと役に立つでしょう。

古いタンス・壊れているタンスの場合:粗大ゴミとして出す

あまりにも古いタンスで壊れてしまっているのであれば「粗大ゴミ」として出すことができます。
自治体で回収してもらえるようになっているので一度役場などに問い合わせてみてください。
粗大ゴミの証となるシールをタンスに貼り、指定された場所まで持っていきます。
粗大ゴミとして出す場合は、自分たちですべておこなわなければならないので手間がかかってしまうのが難点です。
しかし、ほかのところでは回収してもらえなかったタンスを処分することができるので最終手段として知っておくと良いでしょう。
回収費用はタンスの大きさにもよりますが、およそ数百円~2,000円となっています。
なかには5,000円とられてしまうこともあるので注意してください。あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

引越しと同時にタンスを処分する場合:引越し業者に回収してもらう

引越しをするときに業者に回収してもらう方法もあります。
引越し業者によって変わりますが、最近では引越し業者が要らなくなった家具類を回収してくれるところも増えてきているのです。
さらに嬉しいことに、回収費用も一切かかりません。
無料で回収してくれるでしょう。
引越しを考えている方でもし使わないタンスがあれば業者に一度回収してもらえるかどうか尋ねてみてください。
粗大ゴミではお金がかかってしまっても引越し業者に依頼すればお金がかからないので大変お得な方法となります。
引越しと同時に片付けることもできるので一石二鳥です。

再利用できるタンスの場合:リサイクルショップにもっていく

タンスはただ捨てるよりもリサイクルショップにもっていくことをオススメします。
リサイクルショップでは多少キズがあるタンスでも回収してくれるところもありますし、運が良ければ売ることができるかもしれません。
タンスの状態が比較的良くまだ使えるものであればなおさらのこと、自分が思っていた以上に高く売ることができるでしょう。
でもあまり期待はできませんので、数百円~数千円程度になると思っておいてください。
しかし、リサイクルショップでは再利用としてタンスを分解し、別の商品にすることもあれば、そのまま欲しがっている人のもとへと行き使ってもらえるかもしれません。
ただ捨てるよりはとても効率的な処分方法だと思います。
自分で回収してくれるかどうか判断することができないタンスでも一度近くのリサイクルショップにもっていき、回収してくれるのか確かめてみることをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はご家庭で不要になってしまったタンスの処分方法について解説いたしました。

  • 古いタンス・壊れているタンスの場合:粗大ゴミとして出す
  • 引越しと同時にタンスを処分する場合:引越し業者に回収してもらう
  • まだキレイで再利用できるタンスの場合:リサイクルショップにもっていく

できるだけ費用を抑えたいのであればリサイクルショップを利用するか、引越し業者に頼んでタンスを回収してもらってください。
どちらの方法でも処分することができなかった場合、粗大ゴミとして出し、自治体に回収してもらいましょう。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス