知っておきたい! 使用済み蛍光灯3つの処分方法を解説!


毎日の生活に欠かせない蛍光灯は、一定期間を過ぎると切れてしまうので買い替えが必要です。
使用済みの蛍光灯はどうやって捨てるのでしょうか?

毎日のように使う蛍光灯ですが、いざ処分するとなると捨て方に困るもの。
割れ物ですから扱いにも注意が必要です。

ここでは蛍光灯の正しい捨て方についてご紹介しましょう。

処分方法1:自治体に引き取ってもらう

蛍光灯は有毒物質が含まれているため、燃えるごみでは処分できません。

蛍光灯を自治体に引き取ってもらう場合、

  • リサイクル用回収ボックスに入れる
  • 燃えないごみとして処分する

この2つの方法があります。

リサイクルしているかどうかは自治体によって違いますから、確認が必要です。

リサイクルする場合は割れていては意味がないので、割れないように紙袋や新聞紙などで包んでリサイクルボックスに入れます。

不燃ごみとして出す場合は自治体指定の不燃ごみ袋に入れて捨てましょう。

処分方法2:廃棄物処理専門業者に依頼する

会社や工場など、大量に使用済み蛍光灯がある場合は廃棄物処理専門業者に依頼します。

個人宅から出る蛍光灯は不燃ごみとして出せますが、会社や工場からでるものは「産業廃棄物」として処理することが義務付けられています。

産業廃棄物として処理する場合は、専門の資格を持った業者に依頼しましょう。

処分方法3:不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は蛍光灯など、使えなくなったものも回収してくれるところがほとんどです。

  • 大量の使用済み蛍光灯やその他粗大ごみを処分したい
  • 引越すのでほかの不用品も一緒に処分したい
  • 自宅まで引き取りに来てほしい

こういった場合は不用品回収業者が非常に便利です。

電話で問い合わせれば見積もりや回収日を決めてくれます。
どんな不用品も回収してくれるのが不用品回収業者の良いところ。
家から運び出せない人やほかの不用品が多い方はぜひ業者に依頼して引き取ってもらいましょう。

また、不用品回収業者なら会社や工場から排出されたものも処分してもらえます。
あらゆる不用品を処分してくれますから、個人でも会社でも利用しやすく、非常に便利。
引き取りに来てもらえるという点でも利便性が高いと言えます。

使わなくなった蛍光灯や不用品がたまっているという方や会社の廃棄物に困っている方は、不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか?

蛍光灯の処分方法まとめ

  • 自治体に引き取ってもらう(リサイクルの場合・不燃ごみの場合があり)
  • 廃棄物処理業者に依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する

この3つの方法をご紹介しました。
蛍光灯の処分に迷っている方はぜひ参考になさってください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス