注目! ソファーを正しく処分したい方に知って欲しい3つの処分方法!


「引越しを機会に自宅にある家具を整理したい」
「結婚することになったので今まで使っていた家具を買い替えたい」
このような理由でソファーの処分を検討している人もいるでしょう。 
ソファーは基本的に粗大ゴミとして処分することができますが、有料になる場合や、地域ごとに処分方法が違う場合があるので注意が必要です。
そこで本日は、ソファーを正しく処分する方法を3つご紹介します。
ソファーの処分にお困りの方は是非参考にしてみてください。

ソファーの処分方法その1:自治体の粗大ゴミに出す

ソファーを処分したいと思う場合、最初に思いつくのは自治体で粗大ゴミに出すという方法ですよね。
ソファーを自治体の粗大ゴミに出す場合は「粗大ゴミ処理券」を購入しましょう。
基本的な料金は一人掛けのソファーが700円、二人掛けのソファーが1800円です。
地域によって料金が変わる場合もあるので注意しましょう。 
処分するソファーに必要な分の粗大ゴミ処理券を貼りつけ、回収日にしてされた場所に出しておけば自治体で回収して貰うことができますよ。

ソファーの処分方法その2:不用品回収業者に依頼する

「なるべくお金をかけないでソファーを処分したい」
「まだ使えるソファーを粗大ゴミとして捨てるのはもったいない気がする」
ソファーを処分する時にこのようなことを考える人もいることでしょう。あなたはいかがですか? 
お金をかけないでソファーを処分したいと思うなら、不用品回収業者を利用してみましょう。
不用品回収業者は電話一本でいらなくなったソファーを引き取りに来てくれます。 
あなたの使っていたソファーを無料で査定してくれますし、まだ使えるソファーであれば買取ってくれることも…。
「お金をかけないでソファーを処分したい」「使えるソファーをゴミにするのはもったいない」と思うなら、不用品回収業者に依頼するのがオススメです。

ソファーの処分方法その3:解体して燃えるゴミとして出す

道具とスキルがあるならソファーの解体に挑戦してみてはいかがですか?
木製のソファーなら、50cm程度の大きさにカットすれば燃えるゴミに出すことができますよ。 
金具や布が使用されているソファーは解体した後に燃えるゴミと燃えないゴミに分別する必要がありますが、しっかり分別すれば通常の収集日に回収して貰うことができます。 
「自治体や業者に回収して貰うまで待てない」という方は挑戦してみてはいかがですか?

いかがでしたか?
この記事ではソファーを正しく処分する方法を3つご紹介しました。

  • ソファーの処分方法その1:自治体の粗大ゴミに出す
  • ソファーの処分方法その2:不用品回収業者に依頼する
  • ソファーの処分方法その3:解体して燃えるゴミとして出す

自宅にあるソファーの処分方法にお困りなら、これら3つの方法を検討してみてください。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス