お風呂にあるアレで電化製品のホコリを付きにくくする裏技。


リンスいくらキレイにしていてもあっという間にホコリだらけになってしまう家電製品。
特にパソコンやテレビの画面などは、気がつくとホコリがビッシリ付いてしまっている・・・ということも少なくありません。
しかし、パソコンや家電製品などは、ちょっとした隙間からホコリが内部に入り込んでしまうと、発火してしまう恐れもあり、そのまま放っておくのは大変危険です。
そこで今回は、家電製品にとって大敵のホコリを付きにくくする裏技をご紹介しましょう。

家電製品にホコリが付きやすい理由は?

空中に漂っているホコリのほとんどは、プラス・マイナスいずれかの静電気を帯びています。
家電製品はそれ自体が静電気を帯びているため、性質上どうしてもホコリを引き寄せてしまうのです。
こうしたホコリをティッシュなどで乾拭きしてしまうと、余計に静電気が発生してしまい、キレイにするつもりが逆にホコリが付きやすくなってしまいますので注意しましょう。

リンスを使って掃除するとホコリを付きにくくなる?

そこで家電製品にホコリを付きにくくする掃除方法をご紹介します。
使用するのはリンスと雑巾だけです。方法はいたって簡単。

  1. 洗面器などにお湯を張ってリンスを溶かします。
  2. リンスを溶かしたお湯に雑巾を浸し、固く絞ります。
  3. その雑巾で電化製品を丁寧に拭いていきます。

たったこれだけ! 驚くほど家電製品にホコリが付きにくくなります。

なぜリンスで掃除をするとホコリが付きにくくなるのか?

市販のほとんどのリンスに含まれているカチオン界面活性剤という成分には、プラスに帯電する作用があり、静電気を抑える働きがあります。
つまり、家電製品から発生する静電気が抑えられるためにホコリが付きにくくなるというわけです。
ちなみに、リンスの代わりに静電気防止効果のある柔軟剤を使っても、同じ効果を得ることができます。

いかがでしたか?
どのご家庭のお風呂にも常備されているリンスを掃除に使うことで、テレビやパソコン・ゲーム機・洗濯機など、ホコリが溜まりやすい家電製品のホコリを防ぐことができます。
これまで家電製品のホコリに悩まれていた方は、ぜひ試してみてくださいね。


365日
年中無休即日対応もOK 相場より20〜50%も安い格安不用品片付けサービス